宇多田ヒカル Flavor Of Life 勝手に英語意訳

宇多田ヒカル Flavor Of Life 勝手に英語意訳


日本語の歌詞を英語化なんて程に英語は判っていません。
ですので、英訳しても、英語として意味が通りそうな日本語に落とし込んでみました。
その上でExcite の機械翻訳通してみました。

ドラマ見てないので、その辺のシチュエーションの盛り込みとかが判っていないのですけどね。
こんな解釈でどうなのでしょうね。





Flavor Of Life

「ありがとう」と 君に言われると なんだか切ない
「さようなら」の 後の溶けぬ魔法 淡くほろ苦い
The Flavor Of Life The Flavor Of Life

友達でも 恋人でも ない中間地点で
収穫の日を夢みてる 青いフルーツ
あと一歩が踏み出せないせいで
(ここと直後でのハミング。言ってしまいたいのに言えない。そんなじれったさを表現するハミングで挟み込んでいるかのように思えます)
じれったいのなんのってBaby


「ありがとう」と 君に言われると なんだか切ない
「さようなら」の 後の溶けぬ魔法 淡くほろ苦い
The Flavor Of Life The Flavor Of Life


甘いだけの 誘い文句 味気のない毒
そんなものには興味を そそられない
思い通りにいかない時だって
人生捨てたもんじゃないって


「どうしたの?」と 急に聞かれると 「ううん。何でもない」
さようならの 後に消える笑顔 私らしくない
信じたいと 願えば願うほど なんだか切ない
「愛してるよ」 よりも「大好き」のほうが 君らしいんじゃない
The Flavor Of Life

忘れかけていた人の香りを 突然思い出す頃
降り積もる雪の白さを思うと 素直に喜びたいよ

ダイヤモンド よりもやわらかくて あたたかな未来
手にしたいよ 限りある時間を 君と過ごしたい

「ありがとう」と 君に言われると なんだか切ない
「さようなら」の 後の溶けぬ魔法 淡くほろ苦い
The Flavor Of Life The Flavor Of Life



君から「ありがとう」と声をかけられると、君にとっての私はただの友達でしかないのだな。そんな風に思えてしまって切なく感じてしまう。

私は、君から「さよなら」と言われると、まるでそれが、もうそれっきりという意味を決定付ける魔法を掛けられたように思えてしまう。また会いたいという思いが余計に募ってしまい、淡くほろ苦い思いをしてしまう。

そんな人生の味わい
それも人生の妙味


君との間柄が、友達と言うには深まっているけど、でも恋人とまでは言えない。
そんな中途半端な中間地点に居る状態で、なんとか君から恋人として認めてもらいたい、そんな夢を見ている。

まるで熟して収穫される日を首を長くして待っている、まだ熟していない青いフルーツのように。

勇気を出してあと一歩踏み出してしまえばいいのに、でもやっぱり躊躇ってしまう自分が、とてもじれったい。

君から「ありがとう」と声をかけられると、君にとっての私はただの友達でしかないのだな。そんな風に思えてしまって切なく感じてしまう。

私は、君から「さよなら」と言われると、まるでそれが、もうそれっきりという意味を決定付ける魔法を掛けられたように思えてしまう。また会いたいという思いが余計に募ってしまい、淡くほろ苦い思いをしてしまう。



そんな人生の味わい
それも人生の妙味

妙に甘ったるいばかりの誘い文句を掛けられても、そんなもの口先だけの味気ない毒にしか思えない。

そんな口先だけの甘い誘い文句に、興味をそそられたりしない。

一生懸命思ったり、願ったり、夢見たり、でもそんな思い通りにいかない時だって、人生捨てたものでは無いのだよね。

あと一歩で両思いの恋人となりそうな時、君から「どうしたの?」なんて、聞かれてしまうと、逆に「ううん。何でもない」なんて、つい答えてしまう。

そのあとでお互いに明るそうに「さようなら」を交わす。

でも、明るそうな振りをしてみても、心の内側では不安や心配、切なさで笑顔が消えてしまう。なんだか私らしくない。

また会える、このまま一方的な想いの恋人として上手く行く、そう信じたい。そんなふうに願えば願うほど余計に切なくなってしまう。

君が私の事を、「君を愛しています」って言うよりも、「あなたのこと好きです」と言う方が、君らしく思えてしまうから。

これも人生の味わい。

そして月日が経って、すっかり記憶の彼方となってしまっていた人の香りを思い出す。
その人も、私と同じようにあれこれ思い煩っていたのかもしれない。

そんな風に思えるようになる頃。

それは、まるで静かに降り積もっていく雪のように、白く綺麗なもの。

そう思える事を素直に喜びたい。

磨き上げられて唯一の輝きを放つダイヤモンド。そういうダイヤモンドのようなものよりも、柔らかくて、暖かいもので包まれた未来、そういうものこそを手にしたい。

いつかは崩れていってしまうかもしれないけれど、柔らかく、暖かいもので包まれている、
そんな限りのある時間を君と過ごしたい。

私は、君から「ありがとう」と声をかけられると、君にとって私はただの友達なんだな、なんて思えてしまって切なく感じてしまう。

私は、君から「さよなら」と言われると、まるでそれが、もうそれっきりという意味を決定付ける魔法を掛けられたように思えてしまう。また会いたいという思いが余計に募ってしまい、淡くほろ苦い思いをしてしまう。

そっけない振りをしてみたり、思い煩ってみたり、これも人生の中の様々な味わい。



I for you must be only a free friend and exist when it is called by you, "Thank you". Because it is possible to think in such a way, it is felt that it is painful.

I think the magic that it has already been decided the meaning only of it when it is said by you, "Goodbye" and put to have been multiplied. Moreover, the desire that it wants to meet grows stronger extra, and it has a light, slightly bitter time.

Tasting of such a life
It is a charm of the life.


It cannot be said the lover however though it deepens to say that relations with you are friends.
It wants you to admit from you as a lover while it manage to in such a halfway middle point, and it has such a dream.
(Humming here and immediately after. I cannot say though I want to say. It is possible to think like placing by humming that expresses irritating such and crowding. )

Lengthen the neck, wait for the day that ripens and is harvested, and to the way of a
blue fruit that has not ripened yet.

I who hesitates after all am very irritated however though it shows courage and it only has to step forward by another step.

I for you must be only a free friend and exist when it is called by you, "Thank you". Because it is possible to think in such a way, it is felt that it is painful.

I think the magic that it has already been decided the meaning only of it when it is said by you, "Goodbye" and put to have been multiplied. Moreover, the desire that it wants to meet grows stronger extra, and it has a light, slightly bitter time.



Tasting of such a life
It is a charm of the life.

Even if the invitation complaint of strangely sugary is multiplied, it can be thought only an
insipid poison of these kind of things empty.

The interest is not attracted to such a sweet empty invitation complaint.

It thinks hard, it wishes, and it dreams, and it is time when it doesn't go according to such a desire however, and it doesn't exist in the one that the life was thrown away.

Oppositely when "How did you do?" is heard from you when seeming to become the lover of both trowing another step「No. It is nothing. 」Very, it inadvertently answers.

"Goodbye" is exchanged mutually brightly later ..that...

However, the smile disappears by uneasiness, worry, and painful in the mind even if seeming brightness is pretended. It doesn't seem to be me somehow.

Moreover, I want to go well as a lover of a one-sided as it is desire that can meet, and to believe so. The more in such a way it wishes, the extra the more painful it becomes.

Because seem you and it is possible to think saying ..saying.., "It likes you" as for "You are loved" you as for my thing.


This is tasting of the life.

And, because time passes, the smell of the person who has completely become the
other side of the memory is recalled.
It might also have been being worried also about the person as this and that
as me.

When come to being able to think in such a way.

It is white like the snow that lies thick remaining quiet and beautiful.

I want to be obediently pleased with the thing that can be thought so.

Diamond that polishes, is raised, and shoots the only shine. I want to obtain only as such in the future encompassed by the one that is softer, warmer than the one like such a diamond.

I am enshrouded by a soft, warm one, and want to spend the time that is so with you
though it is likely to collapse some time.

I feel that it is painful shall not a free friend I when it is called by you, "Thank you" for you because I can think very much.

I think the magic that it has already been decided the meaning only of it when it is said by you, "Goodbye" and put to have been multiplied. Moreover, the desire that it wants to meet grows stronger extra, and it has a light, slightly bitter time.

Cold is pretended, an anxiously, and these are various tasting in the life.
[PR]

  by julajp | 2007-02-25 05:41 | 宇多田ヒカル

<< Flavor Of Life ... ニコニコ動画(β)サービスの終... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE