コラブロ企画メーテレ防災グッズ(準備編5)

コラブロ企画メーテレ防災グッズ(準備編5)

所信表明?




本コラボ案件参加にあたって所信表明の要請などがあったようです。


先ずはここに登録してコミュニティーとして意見交換できるようにする。
edita.jp【エディタ】:ブログと読者がもっとつながる



コラボするのに、所信表明って、何か身元を特定されているかのような感じがする?
元々、コラブロ自体でリサーチしたうえでの案内承認なのでは?
にも関わらず所信表明って?


相互に身元の確保?


クライアントであるTV局の側からしたら、どんな人が取り組むのか?を知って、コラボレートたいはず。
そんなあたりを考慮してのコラブロ運営側からの要請であったのかもしれません。


ステルスマーケティングの予防

また、前述のステルスマーケティングとならない為の予防線なのかな~と思えたりします。

元々の募集人数もかなり絞られていますし。


ブログの匿名性


ブログの気軽さとしては、ある程度匿名性を確保したうえで書きたい事を書く。

所信表明みたいなもので、縛られる、もしくは誓約みたいな形となるのを気にする人も案外いるんじゃないかとも思えます。


誰、どんな人が参加しているのか?

でも、実はおそらくこの辺で立ち位置の確認もされているのかもしれません。

TV局というマスメディアがコラボ相手となると、やはりしっかりした取り組みが必要。


今後潜在的な問題が発生しうる事をなるべく減らしておく意図もあったのかもしれません。


競合他社、関連グッズメーカー社員などは、やはり居ない方が問題となりにくいでしょうし。


ブログの社会的な認知とポジション

2007年8月時点だと、世の中の風潮としては勤務先の会社でブログをやっている事が明らかになることは、
まだあまり望ましくない事が多いのではないでしょうか?

旧来からのそれなりの企業に勤めている方などは、マスメディアが関連する案件でコラボする事で、不用意に身元が明らかになるような事などは嫌うんじゃないかと思います。

企業の体制、体質、風潮みたいなものでもまた違うかと思われますが。


そうなると、edita.jp【エディタ】への登録、所信表明などは自然と避けるようになると思います。


積極的に参加できる人、もしくはそういう属性があるのでは?


このため、個人会社、主婦、学生、職業ブロガーなどは、属する会社などのしがらみが無いでしょうから存分にコラボできるのかもしれません。

逆の見方をすると、マスメディアがクライアントである場合の案件など、ブロガー個人の存在が明らかになりうるものは、しがらみが少ないブロガーでないと参加したくても参加できない、そんな見えない構図があるのかもしれません。

やはり普通の生活があって、その延長でいかに取り組むか?

前にも引用させてもらいましたがこの記事。




[N] ジャンルを絞って書かないとホームページを作る人のネタ帳さんのようにはならないんだよ

でも、そんなうまくいくのだろうか?
例えば個人の人がブログを始めてみるなんて事はごく当たり前のことであって、そういう人は今、学校へ通っていたり、仕事をしている人がほとんどだろう。

そんな人がホームページを作る人のネタ帳さんさんを参考にしても、よほどの事が無い限りうまく集客していけるわけがない。

毎日ジャンルを絞って大量にはてブされる記事が書けますか?

けっこう大変なのでネタはこのくらいに‥‥ぼくからしてみれば「ホームページを作る人のネタ帳」さんの方がすごいと思います。

ジャンルを絞り、みんなが役に立つと思うエントリーをコンスタントに届けることを継続してできている訳ですからね。

これは、

・ネタを探す能力
・ネタを考える(組み立てる)能力
・心をとらえる文章を書く能力

などが揃わないとできないことなのではないかと。

簡単には真似できないな?と思って、拝見させて頂いていました。

そういう意味では“芸”なのです、きっと。ネタフルもたくさん更新するという“芸”かもしれません。




参加したくても、不安が残る?

コラボ企画には興味があって参加してはみたい。
けれど、立場を考えると参加は見合わせた方が安全。

コラブロのブログ解析でカテゴリーやレベルなどの適合があって、折角スカウト対象としてノミネートされたとしても、
案件によっては承認を見合わせる、見合わせざる得ないケースもかなりあるのではないかと思えます。


もしかしたらブログに取り組む、続ける事自体の社会的ステータスアップが必要なのかも?


その辺では、ブログを誰がやるのも当たり前、半ば個人の権利、取り組むことで社会的なステータスがアップする、そんなところまでブログの位置づけが上がりうるなら、またもっと様々な人々が気軽にコラボできる状況ができるのかもしれません。


自分の日常、今の生活がどうしても基本となるでしょうから、一般消費者がコラブロ案件に継続的、集中的に取り組んでもらう事は意外と難しいのかもしれません。

(メーカーが用意したコミュニティーで、匿名・開示を好みで選択して継続的に取り組むのは容易かもしれません)


関連会社、半職業ブロガーさん、インターネット関連で仕事をしていてブログを書く事はむしろプラス、ネットワークビジネスなど兎に角人と繋がる事が重要な人々などは逆にチャンスとして活かせるかと思います。


一方TV局は、番組やそこから出される商品、情報を打ち出す為のスタッフが居て、そこに資金を投下して調査・取材番組化する事が仕事。


コラボと言っても、実は見えないしがらみなどまだまだ難しい状況にあるのかもしれません。
[PR]

  by julajp | 2007-08-14 11:54 | インターネット

<< 緊急地震速報が10月からスタート コラブロ企画メーテレ防災グッズ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE