エーデルピルス(Edelpils)三度注ぎで際立つ高貴な飲み口

エーデルピルス(Edelpils)三度注ぎで際立つ高貴な飲み口


1


先日、”サッポロビール エーデルピルス(Edelpils)試飲缶到着”
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-724.html
こんな記事を書いていました。

試飲に当たっては、「是非三度注ぎをして見て下さい」と言うお願いと、以下のリンクがありました。

 エーデルピルス、「3度注ぎ」でのおいしいグラスへの注ぎ方

http://www.sapporobeer.jp/edelpils/special/index.html

と言う訳でリンク先を辿っていくと、缶ぷしゅっと開けてぐびぐび行っちゃうのではなく、足つきジオング× 足つき専用のグラスで是非試して見て下さいとの事。



2


このため前回は実際に飲んでみる前に、三度注ぎについてや、エーデルピルス(Edelpils)そのもの確認に留まってしまっていました。



3


と言う訳で、足つきパーフェクトジオング×、丁度良さそうな大きさの足つきグラス・・・を物色、ビーズ製のコースターなんても丁度良さそうじゃないと見繕ってきました。


2008/07/05にアップした記事
こらえた涙はぼくの一部、流した涙はぼくの自由
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-726.html

の冒頭一枚目で掲載していた写真は、実はこのコースターでした。




んでまあ、エーデルピルスって何ぞ?
ってのはこちら。



サッポロ エーデルピルス|商品紹介

・ファインアロマホップを通常のビールの3倍(※当社比だそう)使用したスーパープレミアムビール

・チェコ産ザーツ・ファインアロマホップ100%にたどり着いたエーデルピルスは、“高貴な苦みのキレ”と厳選されたピルスナー麦芽による“コク”を味わえる、本場仕込みのピルスナービール。



こだわりのお店でしか楽しむことができなかった「エーデルピルス」。 多くのお客様からのご要望にお応えし、本年(2008年7月16日(水)から)数量限定発売~って事なんだそう。


どうせ試飲なんだから2~3本あってもいいのに~と思ったんですが、この”本年数量限定”って言うのが肝で、貴重な1本ってことのようです。
どうせ撮るならちょっと良い感じの写真にしたかったので数日我慢してました。


グラスも冷蔵庫で冷やして。



4


プルタブ引き上げてプッシュと缶をあけると苦味を連想させるビールの香り。



5


三度注ぎと言う事で、ちょっと高めのところから勢い良く注ぎ込んでみると、いい感じの泡立ち。



6


二度目、こちらも泡立ちよくなるように若干勢いつけての注ぎ足し。



7


盛り上がった泡立ちが引くまでしばらく待ち、三度目の注ぎ足し。



8


それではとぐびぐび。



・最初の一口

夏みかんから甘さや酸っぱさを取りのぞいた後に残る苦味と言うか。

雑味が一切無い、きめの細かさ、まろやかさ。

流石にブドウエキス由来って訳じゃないので甘酸っぱさを携えたワインには叶わないけど、若いワインのような芳醇さとフルーティさまでも連想してしまう。何かフルーツの香りが加わったらフルティーと言う表現も当てはまってきそう。

妙に角が立ったり尖っていない、かと言ってのっぺりとか丸すぎない。


まろやかさ、滑らかさ、繊細さの中に気持ちのいい苦味とともにきりっとした気品。

野太さ、荒々しさ、そういうのとは違った、芳醇、まろやかさ、滑らかさ、繊細、細やかさの中に気持ちのいい苦味とともに気品を保ったすくっと立っているような高貴さ、芯がある。




今回、食事とは別に単品で頂いた。


・料理と一緒だったら?

あっさり淡白な白身魚の料理だと料理が負けてしまいそう。


酢の物、和え物などと頂いても良さそう。

また、繊細さと気品に溢れているあたり、新鮮でシャキシャキした素材とはとっても相性が良さそう。

例えばもぎたてのきゅうりに赤味噌ちょっと付けてカリカリやりながらとか。

フレンチどれシングが効いたサラダとか。


また、濃厚なチーズがとろけるピザ。

しっとりタイプでもカリカリクリスピータイプでもどちらでも互いに引き立てあうのじゃないかな。

苦味と、芯がある香りがあるので、中華料理などとも案外相性良いかもしれない。




ためしに缶から直接すすってみたけど、そもそも備えているファインアロマホップ3倍の芳醇さや濃さが、ビール特有の苦味を立たせ過ぎてしまう感じ。


ちょっと高めの位置からグラスに注ぎ込む際に、ビールの雫がグラスとぶつかりながら空気と溶け合い泡立つ。

この泡がより一層滑らかさ、スムースさ柔らかさを引き立てる。

三度注ぎでしっかり空気と混ぜ合わせ泡立たせる事で、まろやかさ、やわらかさ、滑らかさ、きめの細かさが引き立ってくる様子。

エーデルピルス見つけたら、是非三度注ぎを試して見ることお勧めします。

今度は料理と一緒にいただいてみたいな~。
[PR]

  by julajp | 2008-07-06 19:52 |

<< 三菱の電気自動車 i MiEV... PX-5600 マットブラック... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE