重力の呪縛

重力の呪縛

むぅ
どうも会社できついな~と思っていたけど、帰ってきて熱測ったら39度か~。

一度横になると起き上がるのがしんどく、重力の呪縛から逃れられない~~。





脇の下に貼るのが利きますね



この辺飲んでおくと結構利くんですよね
[PR]

  # by julajp | 2008-01-18 21:55 | 生活

20080116記事のネタ。さあどれにしょうかな~

20080116記事のネタ。さあどれにしょうかな~

と、いうタイトルとは裏腹にどれも記事にしたいのですがちょっと余裕が無い~

オートサロン辺りでネタは結構あるとは思いますが、それ以外でネットから拾ってきた面白そうな話題。
まあ、私の興味の範疇なんでピンキリなんですが。

良かったらブログのネタにどうぞ。

あそうそう、トラックバックなんてしてもらえちゃったりした場合は、裏で小躍りしているかもしれません。


一応上から軽く取り扱い易い話題。

下に行くほどちょっと取り扱いにくいかも?なんて感じに並べました。

下の方の記事取り扱う人はなかなかやるな!と空手形を発行しましょう。

空手形ってどうやって発行するんだ?!・・・(おいおい



【食べ物】
カロリーと「ベーコンエッグバーガー」の謎判明~ベッカーズのどデカバーガー「粗挽き200Gハンバーガー」後日談:Garbagenews.com

バーガーねたは取り扱い易さがいいですよね。
後日実際に食べた際とかのネタにも使えるか?


【食べ物】
モッフル:Garbagenews.com

餅 + ワッフル 色々遊べる?!ようです


【パソコン、アップル】
新しい『MacBook Air』の評判は? | WIRED VISION

マックからでました!薄すぎる。
ネット各メディアでのファーストインプレッションについて紹介されています。


【パソコン、アップル】
[N] 「MacBook Air」注文完了!

ネタフルさんは早速注文に走っている
到着次第インプレッション速攻で載るのが楽しみ


【車、交通、ロジスティクス】
配送車「左折」を減らし、1万1400klの燃料を削減 | WIRED VISION

USの話なので「左折」
日本では「右折」に置き換えてみる。右折待ちが無くなると・・・
まじめにトリビアでした


【パソコン、ソフト】
CD/DVD/Blu-Ray/HD DVDに対応した無料のライティングソフト「BurnAware Free Edition」 - GIGAZINE

こちらの手順が詳細に
これで Blu-Ray/HD DVD 機能ありの単体ドライブもいける?


【インターネット、サービス】
顔ラボ ≫ HOME

最近”顔”を認識するデジカメなんてが出てきています。
顔の特徴を登録して、顔を見分ける、そんなアルゴリズムがベースにあるみたいです。
じゃ、その顔認識機能をちょっとした面白サービスとしたらどうなるの?
なんて実験のようです


【メディア】
インターネット利用とテレビ視聴は競合する!:コラム - CNET Japan

やっぱ一遍にどっちもは難しいですしね


【宿泊、デザイン】
一度は泊まってみたいデザイナーズホテル特集 - スパイラルマーケット - SPIRAL MARKET -

こんなとこで気分を変えてクリェーティブに、なんてのも。
見るだけでも楽しいなんて感じも


【育児】
こどもが心を開く親の話し方

子供とどうしたら上手いコミュニケーションが取れるのか?そんなヒントが満載


【翻訳】
10の翻訳エンジンから一括翻訳 翻訳くらべ

これがあれば、海外の記事もつかえるか?


【オタク、英会話】
秋葉原で、世界初のコスプレ英会話スクール Cosplish

教えて~○×先生。
なんてのりで、ブロークンイングリッシュで楽しさ優先なんだとか


【ブログ】
もしも、ブロガーが死んでしまったらブログはどうあるべきなのか?*ホームページを作る人のネタ帳

ブログの筆者が亡くなってしまったら、その後のブログはどうなるのか?どうあるのがいいのだろうか?というお話


【科学、実験】
asahi.com: 宇宙→地球、飛べ紙ヒコーキ 愛好家と東大が検証試験 - サイエンス

軽いから案外萌ええない、いや燃えないかも?という事が発端のようです


【心理】
人気評判ランキング: 「人見知り」と言っているあなたは本当に人見知りですか?~「人見知り診断」

どの程度でしょう?
紹介されている反応がなかなか見物ですね。


【脳科学】
セックスの快感は脳を麻痺させる (伊東 乾の「常識の源流探訪」):NBonline(日経ビジネス オンライン)

新皮質と旧皮質のせめぎ合いなんてを実証してみせた感じ
非常に興味深いです。
実験の様子を思い浮かべると・・・。
実は、モデルさんが一番関心高かったとの事。


【心理、精神】
シゴタノ! - ADDを仕事に生かす

人間って色々なタイプが今すが落ち着きが無く関心がすぐにあっちへこっちへ行きがちな人。
実は結構居たりするそうで。
そういう傾向がある人が上手い事仕事に繋げてしまうには?
なんてところ


【パソコン】
ゼロから始めるEee PC

日本でも 専用WindowsXP 搭載で発売ですが、その前に海外版を入手して弄ってる方


【インターネット、広告】
インターネット広告のひみつ - ブログ: インターネット広告の隠れた3つのトレンド

アメリカのインターネットと広告事情
日本とは大分次元が違うようです。


【社会】
404 Blog Not Found:変革が好きなわけじゃない、それしか選択肢がないのだ

今の世の中やっぱり何か変ですよね。


【犯罪、社会】
犯罪の九割は失業率で説明がつく

今の世の中やっぱり何か変ですよね。その2


【ブログ、仮想空間】
FPN-「仮想空間とブログ」ブロガーミーティングのお知らせ

これは実際に参加してみないとなんとも言えないと思いますが。
どっちもネットの中の空間というか、場。興味深いですね。


【はてな】
はてなダイアリーに任意のiframeを貼り付ける - daily gimite

あ、完全な個人メモ代わりです。あしからず
[PR]

  # by julajp | 2008-01-16 16:22 | インターネット

editaに作文提出、気に入ってもらえれば嬉しいお年玉!

editaに作文提出、気に入ってもらえれば嬉しいお年玉!

最近色々登録しまくっていますが edita ってのがあります。

Powered by IgWebCap

ブロガーコミュニティと言うか。

ブログのサービスを問わずで登録できます。
場合によってはIDをとるだけも可能。
そして、気に入った人やブログがあったら読者となったり、コミュニティに登録したり。

私が利用させて頂いているみんカラと言うSNS系ブログが車や車種で大雑把に仲間が分かれているのに対して、 edita はブログそのものや趣味興味を中心にしてコミュニティ作っていくような感じです。

みんカラのお友達やmixiのマイミクみたいな形で、訪問者や読者登録した人のブログ更新情報が判ったりします。

しかもこれが、ブログのサービス会社問わずで知る事ができる。

また edita に登録していないお気に入りのブログをブックマークみたいな感じで公開、紹介する事もできます。

そんな edita と言うサービスの中では ID が必ずついて回ります。
これのお陰であからさまな勧誘的なものは同じコミュニティ内ですので直ぐに判別付きます。
また、IDを持たない外部の人はこれといったアクションが取れません。

mixiがクローズドなのに対して、 edita はオープンなコミュニティと言う感じです。


運営元がITベンチャー系ですので、ビジネスユースも寛容で、アフィリエイトなども盛んと言う感じでしょうか。


その分アフィリエーターさんとかも多いですが、自分が読者になるかならないか次第ですのでそこまでは気にならないかと思います。

但し、新着ユーザーさんは、高校、大学の部活、サークル勧誘の乗り?!でアフィリエーターさんからの読者登録多いかと思いますので、その辺は良く判別して相互さんとなるかならないかを決めていくのが良いかと思います。

アフィリエイト気にしないよ~と言う人はどんどん読者の輪を広げていくのもいいかもしれませんね。


で、こんな質問作ったりもできます。
しかもブログパーツOKのところであれば、この質問をブログパーツにして張る事も出来る。

ジャバスクリプトパーツOKなブログだと、以下のような質問貼り付けられたりします。


正月のお雑煮、そのベースは?
powered by edita


他にも、SEOなんかの効果も結構あるようで、登録する事で各ブログのPVなんかが上がり易くなったりもするようです。

特定ブログサービスの外の人にも記事見てもらえたらな~とか、ブラウザーのブックマークで巡回するのはちょっと面倒なんて人にはお勧めです。


そんな edita で新年のお年玉企画!!


【応募資格】
edita会員様の中で上記応募手順を満たしていただいたブロガーの方。

【賞品・当選者数】
・現金10万円 … 1名

【期間】
2008/1/7(月) ~ 2008/1/21(月)

【お題】
以下の2つのうち、どちらかのお題を選択して記事を投稿してください。

1.あなたが2007年にした買い物の中でベストだと思う「その商品」と「その理由」
2.あなたが2008年に欲しいと思う「その商品」と「その理由」

以下のソースを文章の最後に貼りつけてください。

【選考基準】
edita運営委員会が最も感動した作品。



もしも選んでもらえたら・・・(ごきゅ うぐぐ

まあ、そうそう簡単には行か無いでしょうけどものは試し!


目がくらんだ人は先ずはこちらから登録どうぞ(おいおい




ブログ読者が増える新手法公開!




と言う訳で、お題はこちらを選択

2.あなたが2008年に欲しいと思う「その商品」と「その理由」


実はカメラのレンズが欲しいのです。

CANON EF24-105mm F4L IS USM

Powered by IgWebCap


と言うのも・・・



2007年の3月最終週にオーストラリアのケアンズに海外旅行に行って来ました。


と言っても、私はお留守番で嫁さんと子供達だけでなんですが・・・。



自分はと言うと、皆が旅行中、いや旅行に行く前からずーっと咳が止まらない。

嫁さん子供が旅行から帰ってきて病院に行ったらマイコプラズマとの診断。
薬を処方するのでそれで1週間様子をみてくださいと。

結局、海外旅行の前1週間、旅行中、旅行から戻ってきてと3週間近く咳続いていました。
おかげで家族にはうつらずには済んだかな~と言う感じでしたが。

詳しくはこちらに書いています。
もしも関心もたれましたら読んで頂けましたら本望です。

マイコプラズマ fc気まぐれなるままに~?!



折角の旅行と言う事で直前の休日、咳が止まらずだるい~と言う中、近くの家電ショップに向かい急慮コンパクトデジカメ用意して持たせました。
買い物終わる頃はぐったりでしたが・・・。




デジタルカメラ LUMIX DMC-FS1を発売 | ニュース | 松下電器産業株式会社

もう型落ちしちゃいましたが、価格コムなどで確認するとまだ流通あるみたいですね。

価格.com - パナソニック LUMIX DMC-FS1 価格比較
Powered by IgWebCap

嫁さん、子供の使用がメイン。

しかもいきなり海外旅行で使う。
インテリジェントモードで手ブレはフル補正で使えば一々モードを切り替える必要は無い。
電池の持ちが良いにこした事ない。
一充電あたりの撮影可能枚数が多いほうが良い


画素数は敢えて抑え目でも枚数が稼げればそちらの方が良い。
手ブレはしっかり押さえてくれればそれにこした事は無い。

そうやってみていくと、凝った事をしないで兎に角撮れれば良いと割り切るとこのカメラ非常に価格性能比に優れていたのですよね。
元々のコンセプトが基本性能はしかっりそのままに余分なものばっさりきり落としたような感じでしたので。

ただ、実際の購入層はもうちょっと欲張りたいのが実際だったなんて感じのようで、流通在庫がまだ捌け切って居ないのじゃないかと思います。

PCでの鑑賞、普通のサイズでのプリントと限定して画素数を拘らなければ基本的性能は申し分無いです。

子供用、予備機として考え、使い方が上手くマッチすれば価格性能比に優れた実はとても良い一台です。


自分が使うとなると、流石に2007年後半から出だした、ブログ対応デジカメなどには使い勝手などの点で及ばないと思いますが。


あ、まてよ、これちょっとした買い物自慢にもなるかも?
まあ、それは置いておきます。


そんなこんなで購入したコンパクトデジカメ。

咳が止まらない中、それでもデジモノには目が無く丁度海外旅行モードの日付機能がありましたのでキッチリとセット。

上手く行けば、日程と写真を追いかける事で、いつ、どこに行って、どんな具合であったのか?

そんなのが判るかもしれない。

そんな悪あがきを含めてでした。


で、嫁さん子供達が旅行に行っている間はげほんげほんやりながらなんとかやり過ごしてました。


旅行から帰ってくると、4月初日なのに少し焼けた嫁さんと、子供たち。

子供、嫁さんが撮って来た写真を、フォトギャラリーにアップしようとしましたがそのままでは使えない写真ばかり。

しかもまだマイコプラズマの咳も止まらずブログの記事にしようにもなかなか作業進まず。

右や左に大幅に傾いた写真を水平出しなおしたり、トリミングしたりと調整してやっとフォトギャラリーとブログ記事にしました。



(これなんかは最初何を撮っているんだ??でしたが水平出してあげて、納得というか)




(こっちも余白が大きかったのでトリミングしてみていたり、水平も調整していたり)


日程については、いわゆるシーズン毎の企画物ツアーでしたの、そのツアー情報を追いかける事でいつどこでどうしていたのか?は大体掴めました。

ただ、現地の様子が良く判らないのですが、それもネットを検索すると、ツアー情報や実際に行かれた方々の記事がありその辺からなんとなく光景や様子が思い浮かぶ。

そして写真のデータに収められた日付と時間を確認する事で、大雑把な行動も読み取れる。

ブログ記事とフォトギャラリー、あと現地情報を調べる。


ケアンズ現地の地図を GoogleMapで見る


それによって、自分は実際には行っていないにも関わらず、現地に行ったかのような感覚まで味わえる。

最近はGoogleMapが衛星モードなどもありますから俯瞰図で現地の様子眺めたりもできるのですよね。

ですので、ホテルの位置や周囲で買い物した場所、グレートバリアリーフへ向かう船の船着場、そんな位置関係も把握できる。

写真と、旅行のの日程を追いかけブログ記事にする事で、まさか疑似旅行体験が味わえるとは思いませんでした。




満喫ケアンズ6日間 fc気まぐれなるままに~?!





でも、実際に自分は行って居ないのですよね(しくしく


フォトギャラリーに撮影時間と状況を書き記しました。
また、現地の様子を垣間見れるURLを残しました。

まさかそれで、随分な疑似旅行体験が出来てしまうとは。


満喫ケアンズ6日間1/6 フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview

満喫ケアンズ6日間2/6 フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview

満喫ケアンズ6日間3/6 フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview

満喫ケアンズ6日間4/6 フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview

満喫ケアンズ6日間5/6 フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview

満喫ケアンズ6日間6/6 フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview


でも、やっぱりこれは自分のカメラで是非撮影したい風景や光景。

使っているのがキャノンのEOSKissDigitalNewのダブルレンズキット。
流石に海外旅行にレンズ二本持っていくのは無理があるので出来れば一本にしたい。

そういう時に理想的なのがこのレンズ。


CANON EF24-105mm F4L IS USM

しかしレンズに手ブレ防止機構が入っているので結構な万能選手。

丁度小売価格も今回の賞金プラスアルファと行った所。

Powered by IgWebCap

価格.com なんかでの評判も上々。


これだと、荷物がちょっと多くなりがちな子供づれでのお出かけのお供としても優れています。

バーチャル海外旅行も乙な意外性があったりしますが、次回機会があれば是非このレンズ携えて、しっかり写真撮りたいな~。


そんなところで、2008年欲しいアイテムとして応募させて頂きます。
[PR]

  # by julajp | 2008-01-15 03:10 | インターネット

うぉ~プロの技ってやっぱ凄いですね。

うぉ~プロの技ってやっぱ凄いですね。

化粧品関連製品の、街の広告塔を製作するために
にきび、そばかすなどある普通の人を連れてくる。

そこにメークと画像処理で・・・見事に変身~。

その次はパロディで太っていくのですが、これも見事。

ゾンビのはもうちょっとちゃんとやってほしいですね~(ぇ~~

でも、一番最後の。

あれは顔に余分な肉が殆どついていないから、元々細い人を太らせてあるんじゃないかな~
なんて気がするのですが・・・

どうでしょうね?


ココローグ: [神業] 編集の凄まじい威力とは




編集といえば、まずは動画?
ってことで楽天で”動画編集”で検索かけてみたらなんだかPCまでヒットする。

きっと動画編集に最適とかそういう感じなんだろうけど・・・
じゃ価格を落として言ったら?

ってあらら、やっぱプロユースソフトとかだと、PCより高いのね・・・



★楽天 動画編集 価格が高い順★



じゃ画像は・・・

画像は・・・レタッチでいいんだよね?


って動画編集で検索した結果より断然高いとは何事・・・(汗


★楽天 レタッチ 価格が高い順★


ついでにDoveのCM製作なんかの映像だからとDoveで検索


★楽天 Dove で検索 コメントが多い順★


なんだかDoverとか言うとこの人気商品とか言うのがひっかってきちゃった・・・



【特売】厚生労働省認可!南極観測隊からの指定採用!食べ物に直接噴霧・抗菌・食品保存・防カ...
[PR]

  # by julajp | 2008-01-14 23:04 | 動画

【コラブロ】企画【第 8 回】「ネ タ の タ ネ」に応募

【コラブロ】企画【第 8 回】「ネ タ の タ ネ」に応募

コラブロに登録すると、コラブロがあなただけの「ブログ履歴書」を作ります。
と、ブログの履歴書を作ってくれるコラブロ

fc2でのメインブログ
fc気まぐれなるままに~?!
で登録、参加させて頂いています。

Powered by IgWebCap


そのコラブロで昨年から企画されている

お題を通じてブロガー同士話題を共有してみましょうと言う企画


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌─  【第 8 回】「ネ タ の タ ネ」 2008年1月9日
│○\ ………………………………………………………………………………
\\│ 気になる話題を選んで書こう! 【コラブロ】
─+ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

情報はこちらのブログから提供されています

ブログにタネを蒔きましょう~ネタのタネ事務局ブログ~




コラブロ事務局スタッフが「グッ」とくるような記事をアップしてくれた

1名様には、最大1000万回の広告露出をプレゼントします♪

(コラブロ会員さんに貼ってもらっているブログパーツ上部の広告枠を利用します)

さらに、優秀作品に選ばれた5名様には手作り果実のジャムセットをプレゼントいたします♪




ある意味大喜利みたいな感じ



折角書く記事、時に熱く語ってみたい!

どこまでネタが通用するのか?

上手く行けば色んな人に見てもらえるかも?



なんて感じでちょっと試して見るのも面白そうです。


もしも、”手作り果実のジャムセット”なんてもらえちゃったらそれはそれでラッキーですしね。

ただ、それにはコラブロへの登録が必要

パーツが貼れないブログもあり、その場合履歴書は上手く作れないそうですが、登録、サービス利用は大歓迎だそうです。

以前参加させて頂いた、第一回コラブロの未来を語る会でそういうお話聞かせていただきました。


コラブロ事務局さんのブログ記事はこちら
コラブロ事務局のブログ:【活動報告】コラブロの未来を語る!ブロガーインタビューを開催しました! - livedoor Blog(ブログ)


参加させて頂いた私の記事はこちら
第一回コラブロの未来を語る会参加(Photoダイジェスト) fc気まぐれなるままに~?!



ネタ、お題に詰まってしまう、同じようなお題で他の人がどんな記事書いているのだろう?
そんな悩みや興味ある人には試して見て面白いのではないかな~と思います。

登録して試してみようかな~と言う方はこちらからどうぞ。






という事でやっと本題

【第 8 回】「ネ タ の タ ネ」

☆「コメントがたくさんついた♪」「何だか書いてて達成感があった!」  理由は何でも構いません!アナタのブログの一押し記事を紹介してください。

こちらのお題で参加させて頂こうと思います。


●ブログとマーケティング

2007年夏からコラブロさんや他社さんのブロガーイベント系などにいくつか参加させて頂いて居ます。

当然の事として、それには商品やサービスを広めたい、アピールしたいというコラブロさんのクライアントがあっての事。

今までそんな意識全然無かったのですけどね。

その辺から、ブログが段々マーケティングのツールとして利用できないのか?
そんな動きが具体的に動きだしている事を知るようになりました。



●作られた話題とは違う、ユーザー側の声

ただ、テレビ番組などが視聴率を最優先して行き過ぎた番組作りをしてしまう。

その辺が色々明らかになってきて、テレビやマスコミ媒体って、本当の事を流しているわけじゃないんだよな~
そんな事を意識せずには居られなかったり。

また、何か値の張るものを買う時には、メーカーの宣伝文句どおりでない、買った人の声が聞けたら?
そんなところからレビュー系サイトやガイドページなんても流行ってきていますね。

その辺で、やはりネットで何か情報無いかと調べたくなる。


●ブロガーに記事を書いてもらう

そういう時にイベントレポート、試用レポートなんてがあるとなかなか興味深いです。

そして、いざ自分がそういうイベントに参加させて頂いた際などは、利用者だからこその視点で記事が書けたらな~と思います。

だって、ライターさんとかは、やはりメーカーさんとかスポンサーとかしがらみ多くて本当のところは書きづらかったりするでしょうし、
試用レポートでもなければやはりプレスキットベースでの記事になっちゃうでしょうし。


でもこちらは原稿料を頂くライターさんでは無いので、その辺のしがらみはとても少ない。

だからと言ってこき下ろしてしまえば良いという訳ではありませんが。


●宣伝の肩代わりでは意味ないし・・・

面白そうなサービスや商品を取り上げる際は何か宣伝屋になっていないか?
そんなとこはなるべく注意したいです。
頂いたお題によっては、ちょっと葛藤もあったり。



●ネットだからこその思いの循環と言うか

そんな中で2007/10/30に、「佐野元春ブロガーミーティング」なんてがあったのを見かけました。



COYOTE - 第一回「佐野元春ブロガーミーティング」開催される - Moto's Web Server


いわゆるイベントだと、お~面白そうなレポートだな~。
とか、いやそれもっと違うんじゃない?とか逆にそうだそうだ~
なかなか興味深いな~
なんて感じのが多いと思います。


でも、「佐野元春ブロガーミーティング」関連の記事はどれも何かが違う。

ネットの中を静かに、でも熱く巡る不思議なオーラと言うか。


これって一体なんだ?

そんなとこでざ~と追いかけつつ、その意味を考えてみたりしました。

それがこの2本セットの記事。



「佐野元春ブロガーミーティング」があったそうです


何故ブロガーに?佐野元春ブロガーミーティングに思う




もう本当勢いで書いちゃった~と言う感じだったりします。


「何だか書いてて達成感があった!」

への応募として、上記の2本を応募させて頂こうと思います。


●ネットとブログがあるからこその相互作用?

そして、上記の記事などは、


第一回コラブロの未来を語る会参加(Photoダイジェスト)


こちらに参加させて頂いたりした事で、ブログってなんだろう?

これからブログが行く方向ってどんなものがあるのだろう?

趣味や日常を綴る以外にも、何か方向性みたいが無いのか?

できれば、ネットやブログを通じてメーカーさんと意見交換などして、対話できたら?

そしてより自分好みの製品などを利用する事が出来たら面白そうだな~なんて思うようになってきました。


●ブログが持つ潜在的なベクトル

今はそういう力とか求心力まだまだ小さいみたいですけど、ブログってそういう方向性もあるんじゃないか?

すると、消費者という括りから抜け出して、メーカー側と対話・交流できるユーザー、そんなとこにシフトしたら面白そうだな~なんて思います。

それにはやはりそれなりの目がないと難しいと思うのですけどね。


●ユーザーとメーカーやクライアントのハブ

そういう時、例えばコラブロさんなどがハブの役目をしてくれたら?

クライアントの要望を落としてくるだけじゃなくて、こんなブロガーさん達がいますよ~。
ブロガーコミュニティがありますよ~。
この辺のブロガーさんと対談とかしてみませんか~


そんな逆提案、逆方向の動きが出たりしたらとても面白そう。

それには、ブログの書き手の質だったり品格みたいなものの向上も求められちゃうとは思いますが。


●ネットを通じたメディアの楽しみ方の逆提案

ネットがありブログがある。

今までの既成のメディアから、データと言う形でユーザーが自分なりの楽しみかたを味わえる。

それであれば、今までのようなパッケージングを越えた製品やアイテムのアピールの仕方、届け方を検討していく必要があるのじゃないか?

それにはブログを通じて、こんな楽しみ方をしている、そんな事をどんどん記事にしていく事も意味がありそうです。

ユーザー側からこんな風に出来たらいいのに。
なんて提案や意見が出来たら。

ただそれには、単純なな個人よりは、ちょっとしたプロジェクトやコミュニティと言ったまとまりが無いとキチンとした取り組みになりにくいとは思います。

そんな将来を願っての応募とさせて頂きます。



そんなこんなで、先日こんな関連エントリーも書いちゃいましたが。


”ウェブにある限り、いつもそこにある”より連想 (01/13)

ブログ開設当初を回顧、そして嫌儲絡みの話へ (01/13)

嫌儲属ブロガー科→嫌儲属アフィリエイター科 (01/14)





因みにうちのブログは車、ガンダム、ネットなどの話題がメインです。


2007年、年間で良くご覧頂いていた記事はこの辺の記事だったりしています。
宣伝宣伝~(笑


New Fiat 500 Abarth Sketch_Picture_Movie(フィアット500 新型発表-アバルトは東京モーターショーで) fc気まぐれなるままに~?!

ニッサン・デュアリスIMPULパーツもいいですね fc気まぐれなるままに~?!

ガンダムゲーム新作「Gundam Mod 3.0」?(Homeworld 2) fc気まぐれなるままに~?!


あ、そういえば”さらに、優秀作品に選ばれた5名様には手作り果実のジャムセットをプレゼントいたします♪”って事でしたよね?


手作り果実のジャムセット


でネットを調べたら楽天のショップさんでこんなのがあるようなのですが。

これなのかな???




お試しジャムセット(3本)


これなかなかおいしそうですね~。
いただけたら嫁さん子供も喜びそう。

是非是非宜しく~ m(_ _)m
[PR]

  # by julajp | 2008-01-14 17:14 | インターネット

嫌儲属ブロガー科→嫌儲属アフィリエイター科

嫌儲属ブロガー科→嫌儲属アフィリエイター科


前記事

ブログ開設当初を回顧、そして嫌儲絡みの話へ

http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-618.html
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/7453939/
http://julajp.exblog.jp/7979359/

からの続きです。




ところで、2007年夏からブロガーイベントを通じてのネットマーケティングに関わるサービスに参加し始めました。

ここでイベントなど参加し、またネットでのマーケティングなどを当たってみる事で色々思う事があったり。
騙しなどが無い、ストレートな意見であったなら?


それであればブログでのアフィリエートもありかなと思えてきました。



嫌儲の話。 - 煩悩是道場

こちらの記事にコメントさせて頂こうかと書き出したら長くなってしまいました。

あるポイントについて書こう、そういうのが出来て居なくて思いつきをツラツラ書いてしまう癖のままなんですよね。

ポイント絞って書けるようにしないとな~。



●ブログマーケティングプログラムへの興味

2007年初夏からブログマーケティングプログラム、等々がある事に興味を持ち参加しはじめた口です。
情報追いかけていく中で必然的にid:ululunさんの記事なども読ませて頂きブックマークも追わせていただいています。

ネットとマーケティングと言う観点から色々な試みがなされている事を知りとても興味深く、またなんらか関われたら面白そうだと言う気持ちでいます。


●ブログ始めたのは

元々はじめたブログが車ベースでしたから、車の部品を替えてみたと言う話や、どこそこを弄ったよ、そういうのこそ好まれる傾向強かったと思いますし、なるべく体験的な記事を上げたいと思っていました。

が、やはりそういうのって資金やネタに詰まってしまうのですよね。

そうなるとやがてそれ以外の興味にもアンテナを広げていく。

となると、ちょっと珍しげなガジェットや車などモノ・アイテムそのものにも興味がある口でしたので、ちょっと面白そうなモノなどにも手を広げて行きました。


●ブログマーケティングプログラムへの興味から参加へ

そんな中でブログマーケティングプログラムの存在を知りました。

お題で記事を書いて、ちょっとした報酬を貰う。

そういうのとはちょっと違う切り口。

実際に製品を試用したり、イベント参加の感想など体験を重視する。

これらお題として提示されるイベントや試用体験はブログの記事にも厚みや幅を持たせる事が出来て重宝していたりします。

とは言え、過去にHPなど運営しておらずブログを開始したのも2006/02からでしたので、サイト運営やマーケティングなどの実際的な観点経験はとても乏しいです。

折角の機会どんどん参加したいところですが、会社勤め子持ちの為休日で都合がつくときでないとなかなか難しいと言うのが現状。


●ネットの中のブログで稼ぐと言う温度差、感覚


もしもその辺を集中的にこなす事で収入の補助となるなら面白そうだな~とは思いますが、ネットの中でブログはまだまだアマチュアどころか素人もしくは偏った層発と言うポジションなのかな~という気配を感じています。

(但し、アルファブロガーさんなどは、既に確立している仕事を更に展開するような形であったりでとても参考になりますが。)

ululunさんの以前の記事でも、ネットマーケティング系記事はブクマなかなか付かない等々ありましたよね。

企業のHPやECサイトのページでない個人ブログは、どうしても素人のお遊び的な位置づけのままなのかもしれません。


●代理店等、店的な機能の乏しさ?


一方イベント等参加して、記事を書く側に回ってみると、自分なりの視点で結構一生懸命レポートしているつもりだったりするので、反応乏しいとうーむ、なんて感覚は強いですよね。

読者さんもそうですし、イベンター、クライアントさんからの反応や声も乏しい。
出来ればクライアントさんがどう思ったとか、実はどうしたかったなんてものがはっきりしてくると、また取り組み方も変わってくるのでしょうけど、良くも悪くもブログの書き手任せ。

あ、そう言えば本業のライターさんだとやはり書けない事はあるだろうな~と言う点も見えてきたりしますが。

まあ私の場合影響力なんて大して無さそうですし、元の性格が性格ですので単純なヨイショは出来ず、マーケティング側やクライアントさん側からするとあまり使いたくない側になっちゃうかな~なんて。

それでも個人ブログであったり、ユーザー側発であるからこその情報と、そこから派生するバズマーケティング的な在り方はありと思えるようになってきています。

響く層はどうしても少なくなってしまうと言うのはあると思いますが。


●ちょっと強引ですが、立ち返って流通や小売って元々は?

元々が誰かを介した流通的な商売とかって、売り歩くことが適わない作り手、いちいち買いに出向くことができない買い手、この間を取り持つ行商的側面なんてもあったりしたのじゃないかと思います。


行商するにも、自分が売る事で後々トラブルになりそうなものは扱いたくないのではないか?
また、やはり自信を持ってアピールできるものがいいのではないか?



●今時の利用者への評判や評価のあり方って?対話になれないの?

現代だと製品そのものや評判などに関わる情報は様々なところにあるので、メーカー側でフィルタリングされていないユーザー発の体験や感想を如何に表に出していくか?

それに製造、開発側が応えていく。
できれば明示的なコミュニケーションがしてもらえたら。

個人ブログだと相手や対応は難しいと思います。
あまりに立場が違いますから。

ですので対話が可能となるコミュニティ経由などでも良いのではないかと思います。

最近では、mixi内コミュニティで、メーカーとファンとの対話によって商品が生み出されたりもするケースが出てきているようです。

流石に誰にでも響く大ヒットと言うのは難しいようですが、限られた層にはかなりの支持が得られたりするようです。

製品自体のヒットは兎も角として、ユーザーと対話してくれる姿勢など、ファンを増やす役割も大きいようです。

今までのマス媒体を通じた一方的な宣伝よりも、ユーザーとの対話みたいな形を取り込んだ製品作りも進めてもらえたら?



●対話型の製品作りって無理?


誰にでも売れる大ヒットは難しいと思いますが、対話してくれるメーカーであるからこそなどで、市場自体がより優良なものになる可能性もあるような気もします。

ユーザー発情報が見え、そこと対話するメーカーは当然製品の欠点を見直す機会が増え、また、必要とされているニーズも掴み易くなると思います。

結果、気風などがあえば、世界に問える製品を生み出す優良なマーケットともなりえるのではないか?

消費者として捉えている限りは、フィードバックを得るのは難しいと思いますがユーザーとコミュニケーションする場、機会として上手く機能できないか。

その際、ユーザーもしくはユーザーコミュニティー側としては紹介者、指摘者等々として製品なり対価、評価のフィードバックがあってもいいような気がします。

そういうのが期待できない場合は、その辺のアドバンテージを生かしたアフィリエートみたいのも十分ありではないか?と思えるようになってきました。

●アフィリエート

実は2007年2月あたりからアフィリエートちびちび試しだしてはいましたが鳴かず飛ばず。
それでも試してみた時点から

<嫌儲属ヒト科>
 ↓
<嫌儲属ブロガー科>

にはシフトしたと思います。

それでも、やっぱりブログで儲けをって言うのはどうかなと言う意識が強い。

● adsense の容認

そして2007年10月末日にあったと言う、佐野元春のブロガーミーティング。

こちらを追いかける事で、Google Adsense や アフィリエートもありなんだな、と認識がシフトしました。


「佐野元春ブロガーミーティング」があったそうです

http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-520.html
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/6679912/
http://julajp.exblog.jp/7313642



感じた事は上記エントリーで記しましたが改めて部分的に


マスメディアを介して顔や存在感を消し去った人々が、商品として切り売りをしていく。
届いて欲しいのは想い。パッケージにして切り売りするのが最大限のメッセージの送信方法でありうるか?
個が感じたこと、共鳴したことをそのままに伝え広げる事ができないか?





「自前主義」

ミュージシャンが思いをベースに動きたいのと、ブロガーもやはり個々人の思いで書き綴る。

そこにダイレクトな接点で共鳴がもたらされたら、なんて意図を感じました。

ミーティングだけでなく、いち早くブログパーツとアドセンスでコヨーテを呼び込むやり方を紹介。

ネットがあるからこそマスではない個と個の繋がりがもてる。

決して新しいわけじゃない、本来あるべき1つの形が示されつつあるような気がします。

あえてGoogleのアドセンスを勧めるのも、作り手と受け手、その間の送り手、そこによりダイレクトな関係を築く事が出来ないか?

そんな思惑もありそうに思えます。





何故ブロガーに?佐野元春ブロガーミーティングに思う

http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-521.html
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/6679962/
http://julajp.exblog.jp/7313676




マスメディア、プロモーションは、受益者であるファンや一般の人々にこそ最大の益が行く事を考えてはどうか?

受益者の心が動けば自発的に広めたい、語りたいという動きが出てくる。
それは必ずしも商品を買うという行動とは限らない。

なんらか別の表現であったりもする。

時に単純なコピーであったり、模倣であったり。

思った事を綴ってみたり、語ってみたり、囁き合ってみたり。

ネット上で思った事を書き出すのもその一つ。

音楽系サイトに演奏を投稿するのも一つ。

今その仕組みを形にしようとしたら、熱過ぎる熱狂的なファンよりも、自分の言葉、意見、メディアを持つブロガーに語り、そこで出来事をそれぞれに静かに語ってもらうのが良い。





ところでグーグルアドセンスを勧めるページがあったりするが、その意味は?

ブログという個人メディアを通じて、自らのお気に入りを語る事で、ブロガーにも、アーティストサイドにも益が生じる機会ができる。




●消費者から脱却できないか?


今までは、消費者として位置づけられ、メーカーが作った形、パッケージでしか受け取る事ができなかった。
しかし、データに置き換え可能な情報は、今までのパッケージングに拘る必要は必ずしもなくなってきた。

また、データである事をいかして、ユーザーが使いたいように使う余地が出てきた。

でもアーティストとユーザーでは、絶対的な思いや経験が違う。

だから全く同質の解釈は不可能だけど、底流に流れる感情や思いは似た波動みたいなもので繋がったりする事もあるのじゃないのか?

場合によっては勘違いみたいのもあるかもしれないけど。


●活用しメーカーやアーティスト、ネットと対話するユーザー

そうやって作品に触れて、そこから自分なりの楽しみ方や活用が自由に出来る。

生活の一部となる。

そんな楽しみ方であったり、アーテイストや作品に言及する事で、adsense に作品がかかってきたら?
そしてアフィリエートとして紹介し、それが元で売り上げが生じるのだとしたら?

それが、関心を寄せる近い業界や作品の売り上げに貢献できる可能性がある。

合わせて自分にも極わずかではあるけどバックがくる可能性がある。

これって、アーティストやその業界を支援し、その見返りにアーティストの作品を手に入れる資金の補助にも出来る。
そんな循環する構造って、何かいいんじゃないか?


そんな風に思え、fc2 のメインブログでadsense を導入してみた。

チェック厳しいと言う事だったのですが駄目元で申請したら通っちゃった。


ブログマーケティングプログラムに関わったことと、そんなこんながあったりで、2007年暮れあたりから

<嫌儲属ブロガー科>
 ↓

<嫌儲属アフィリエイター科>

に完全にシフトしちゃったな~と言う感覚です。

情報商材はちょっとどうなんだろうね、一過性でやばすぎじゃない?と言う感覚は強かったりします。

ただ、ぶっちゃけ現実面の収入ちと厳しいのであるいは

<好儲属ブロガー科>

にシフトしちゃうかも?
なんて感覚はなきにしもあらずですが、そもそもビジネスセンスが皆無なんですよね・・・。



今までのマスコミ発情報で製品を買うと言う消費者と言う立場。


それよりも気に入ったモノ、人、メーカーをレコメンドだったり意見しながら結果的な応援が出来るのだとしたら?

勿論、どこかに対話の余地があればそれはとっても喜ばしい事なのですが。


そんな働き、仕組みが出てくるなら喜ばしい限り。


そんなところから闇雲に嫌儲と言うわけではなく

<嫌儲属アフィリエイター科>

そういうのはありだな、と自分的には思えるようになってきて居たりします。

当然、騙しやカタリはNGですけどね。

でも、やっぱり好き嫌いや生理的感覚に関しては、その人次第でしかないと言えばそれまでですが。
[PR]

  # by julajp | 2008-01-14 02:23 | インターネット

ブログ開設当初を回顧、そして嫌儲絡みの話へ

ブログ開設当初を回顧、そして嫌儲絡みの話へ


前記事、”ウェブにある限り、いつもそこにある”より連想

http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-617.html
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/7450873/
http://julajp.exblog.jp/7977792/


からの続きになります。


ウェブにある限り、いつもそこにある - 更新を止めたサイトからのリファラを見て - 忘却防止。

こちらで、既に更新が止まってしまったサイトについて書かれていました。

止まってしまったけど、なくならずにそこにまだある。
ふと思い返す事ができる、思い出、それが記録としてネット上にある。

それをちょっと懐かしむような情感。



このエントリーについて連想などしていたところ、ブログを続けていく上で忘れ難い出来事がある事を、ふと思い出しました。

その前に先ず、自分がネットで何かを表現するようになったのはこんな感じではありましたが。

HPを作り更新するには骨が折れそう。

何かについて自慢したり、熱狂的なファンとして取り上げずにはいられない、そんな熱さまでゃ持ち合わせて居ない。
そんなの見て頂くには大して面白くもないだろうし続かないだろうなと敬遠していたHP。

でも、やっぱりHPとか形に出来るなら自分も形にしたい欲求は密かに持っていた。

そして、車あたりであれば何らかましな事書けるかも、と始めたみんカラでのブログ。
2006/02からの開始でした。

まだ多様なブログがあるなんて事もそこまで目もいかず、その閉じたSNSスペースの中でなんとか記事にして続ける事に必死と言うか。
何かネタに出来ることは無いか?と生活や日々の些細な出来事にアンテナ一生懸命張っている感じ。

まだ自分と極近い自分の周囲にしか関心が向いて居ないというか。



それから2ヶ月。

2006/04にこんな記事を書きました。

訃報の件、削除させて頂きました。 - jula 【 みんカラ 】 ブログ

訃報を是非コピペして広めて欲しいと言うものだった。

まだ右も左も知らず、ああ、これは広めた方がいいのかとまんまと乗ってしまった。

さすがにお友達登録もしていない人だったのでコピペはせず。
足あとに残っていた人のコピペ記事にリンクを張り紹介と言う形にした。

しかしどうも様子がおかしい。


ちょっと調べていくことで、おそらく隠された意図の為に画策された何かでは無いか?と思えた。


冷めた観点からいくと、お金儲けに繋げる為の人の感情を揺さぶる事で効果が出せるキャンペーンが成立するかなという考え方。


商売は先ず集客が第一。
人が集まれば、様々な機会が増える。
知られていなければ、見てもらうこともない。
みんカラやmixiのお友達など、記事更新機能と繋がる仕組み。
こういうのを利用して兎に角繋がりを作る。

そして、ネタで引っ張る。

お涙頂戴系は非常に人々の関心を惹きやすい。

であれば、SNSなど記事更新通知機能を援用して感動巨編、お涙頂戴ものを織り交ぜて読者をリードしていく。

そして、その横でその繋がり、視線、注目を生かしたサイドビジネスをする。

いわば、お祭りの露天商。
人が集まる城下町での茶屋。

絶対数が集まれば、更にその先に繋がっている可能性と言う構造でのビジネスチャンスは広がるだろうし。

お祭りそのものには無関係でも、それとは別にちょっとお茶したいなんてのはいくらでもある。

お祭り以外で、普段関心を持っている事に出会えば、知らずにそちらのほうにも関心が向いてしまうかもしれない。

大通りを作り、そこに人が集まれば商機が増える。



ふと自分が居る場を俯瞰して見直してみる。

実は無料ブログサービスやSNSなどはまさにそこ。

無料で人を集め、そこで広告やキャンペーンを張る。

それには人が多いに越した事はない。

また、注目を集められないキャンペーンよりは効果があがるキャンペーンである事が、参加者も企画者も有益。



上述の、当方のリンク記事についてはその辺までシナリオを描けていたかと言うとちょっと疑問。

描いてあったけど隙があったと言う事なのかもしれない。


事の成り行きを思い返すと、注目が集まる事そのものに舞い上がってしまったのかも知れない。


裏で保険やカード等々商材や勧誘を扱っている様子だった。


うまく話しを転がし引っ張る事が出来れば・・・

保険(入院や亡くなった事に対するもの。事故)
カード
等々と結びつくような話ではあったと思う。


自分はそんな憶測をしている。


最初から、例えばフィクションです。
創作した事例です。


こんな事になってしまう可能性だってありますよね。

その為に是非、こんな保険検討して見ては?


という事であれば、その創作性を認められたかもしれません。

しかし、そのような注意はなく、今まさに起きている現実として中継されているようでした。

家族からしたら、そんな痛ましいブログを止める事なく引き継ぐ事の意味も見出し難いはず。

でも、裏になんらかの効果や意図があるなら続ける意味はあるでしょう。

また、訃報を広めて欲しいとアピールする意味もあったでしょう。

本当のところはどうかわかりません。
自分の憶測です。



しかし、その事例を見てしまった為に、闇雲にお友達を募るのは兎に角商機みたいなものや競争意識を満たす事を優先しているのだなと思えてしまいました。

コミュニケーションと利用も無い膨大な人数のお友達等を抱えた状態で、大袈裟なタイトル、思わせぶりなタイトル。

親しい身内の集まりであれば、あ~またネタでやっているな~とほのぼの面白いのですが。


そんな騙しと思えましたので、当然商売がらみ、大袈裟なもの、闇雲にお友達登録稼いでいるものに疑いの眼差しを向けざるえませんでした。



でも、振り返って見てみると今までのマスコミってこれそのものなんですよね。

どこかにネタのセンターを作っておき注目を集める。
視聴率を稼ぐには、つまらない番組では無理。
多少の強引さがあっても、目をひくように作ってしまう。

そこにリンクやトラックバックを集める。

mixiニュースなんてはその辺の効果相当高いでしょう。
同じニュースで個人個人日記をエントリーし話題の交換が可能。

ただ、外部からは見えて居ないはずと言う前提に立っているため、脊髄反射的な反応になったり、過ぎた論になってしまったり。


騙し要素や、むやみやたらな繋がりが無ければいいけど、そこに儲けという意図故の不自然さが透けて見えてきてしまった時の憤り。

そんな事がありました。


この時点でやたら人が多い。

何か商売、商材のにおいがする。

そういうものに非常に嫌悪を持ってしまいました。


(続く)
[PR]

  # by julajp | 2008-01-13 22:29 | インターネット

”ウェブにある限り、いつもそこにある”より連想

”ウェブにある限り、いつもそこにある”より連想

ウェブにある限り、いつもそこにある - 更新を止めたサイトからのリファラを見て - 忘却防止。


二度と更新しなくなったサイトからリファラを受け取ったときに覚えた感情を、忘れないうちに書き留めておきたいと思います。



そして、そういうサイトやもう更新が止まったと思ったサイトに、またぽつぽつと記事が増えていた
そんな活動の証であったり、存在して居たモノが残した灯火みたいなものについて書かれていました。


忘却防止-そのブログタイトルであるからこそのエントリーと言うか。


ファンや読者、気になるブログなどブログを通じてのつながりであったから、たまたま掃除中に見つけてセットしたレコードを再生して、記憶を辿り思いを巡らせられる事からくる昔を懐かしむのにも似た安堵の気持ちなんだと思います。


まだ忘れていなかった。

「そういえばこんな感情、思い、情景・・・今から思い返してみると・・・」なんて感覚というか。

おそらく、自分の中で消えさる事無くしっかり結びついている。
それを手繰り寄せる事が出来るような感覚。


自分の中にまだ根付いたまま残っている何かの感覚を振り返るように。

或いは、それによって自分の過去をも再確認しているのかもしれない。

確かに踏みしめ、出会い、別れて来た道がある事をふと確認出来るからなのかも。


山を散策して、道すがらに咲く見事な花に感嘆しつつも更に道を進めていくような。
そう言えば、ネットの中を巡るのも、山歩き、散策、或いはお気に入りのドライブコースやウインドショッピングをするのにも似ているかも。


ただ、それが現実でのお付き合い込みのあまりに近しい人のブログであったりだと、しばらくは痛みと悲嘆に暮れて正視できなくなってしまうかも。

それでも歩を進めていかざる得ず、やがてその先の道を歩んでいくような。

そうやってまた新たな出会い別れを通し、時は優しく包んでくれるんだろうな。

その時に昔にふと立ち返り、往年のその人、更に当時の自分自身に出会える事もできる。

そういう意味では、もしかしたら忘れたくても残ってしまう、ネットと言う記憶装置なんていう側面もあるかもしれない。
[PR]

  # by julajp | 2008-01-13 19:12 | インターネット

携帯宛てのSPAMメール関連で相談があったので、自分が判る範囲で返答。

携帯宛てのSPAMメール関連で相談があったので、自分が判る範囲で返答。

自分は携帯では極力余分なメールやり取りしていないんですよね・・・。
そのため基本的な考え方みたいな感じで返答してみましたが、有効な打開策としては、これ!っていうのが上手く紹介できない。

PC主体の方はこれである程度問題無いと思いますが、携帯メインの方は、以下に書いたものでもすんなりそうだとは言えないよな~とは思うのですけれどね。


あと、携帯でGmailが普通に使えるようになれば、読みたいメールだけ読むなんてのも、比較的楽になるのでは無いかと思います。

もしもいい方法やそういうのが紹介されたページご存知の方いらっしゃいましたら、コメント、トラックバック、メセージなど頂けたらうれしいな~


では以下より。




こんにちは

>最初にエロメールが来たときに不要メールのアドレスに送った


→これ、その拒否の返事をしてしまうと、生きて使われているメールアドレスとして、業者リストに登録されてリスト販売されちゃう仕組みなんですよ。

ですので
拒否、不要に対しては絶対にそこに宛てて返事をしてはいけません。


>メールが送れないとauから返事が来て拒否が出来ずにいてます


これは、それを知り通報を受けたAUが送信不可のアドレスとしてブロックしてくれているんでしょうね。

最近は、過去の業者リストをベースに、いかにもありそうなアドレスは全てランダム作成されてしまいます。

aberu_asahiru@yahoo.co.jp

が生きていると確認されれば・・・

aberu_asahiru@ezweb.ne.jp
aberu_asahiru@docomo.ne.jp
aberu_asahiru@yahoo.co.jp

aberu-asahiru@ezweb.ne.jp
aberu-asahiru@docomo.ne.jp
aberu-asahiru@yahoo.co.jp

aberuasahiru@ezweb.ne.jp
aberuasahiru@docomo.ne.jp
aberuasahiru@yahoo.co.jp
・・・
以下同様に幾らでも・・・


なんて具合ですね。

ですので業者にアドレスが渡らないようにするしかありません。


ゴキブリやネズミを1ぴき見かけたら・・・と、全く同類。
即座にコピーが作られ再販され、またたくまに倍々ゲームで増えてきます。

現実の生き物として生息するように、ネズミ、ゴキブリを根絶する事を考える事は不毛ですから、後はいかにそれを避けるか?です。その為には生態、手口、パターンを知る事が重要です。

PCのメールはまだ様々な対処、対策、網張りが可能ですが、携帯のメールはその辺非常に貧弱です。
安全性、信頼性よりも利便性と儲けの方が勝っている。


今できる事は、信頼できる人にしかメールを送信しない。

拒否や不要の場合などと書いてあるものは、メールのアドレス収集が目的と思う


可能であればPCをメールの主とし、携帯はあくまでサブとすることです。

間違っても携帯のメールアドレスで、ニュースや様々な(無料)サービスに登録をしてはいけません。

携帯のメールアドレスを登録するという事は、自分から”業者リストに登録”して回っているようなものですから。

正直携帯メールの仕組みはそんな貧弱なセキュリティーしかありません。
キャリアに問いあわせ返答いただけない限り、発信元を突き止める事が出来ません。
(PCでは、それなりに可能)

それ故に携帯からのSPAMが多いです。

現時点ではメインのメールとして使うと考えれば、その類のSPAMはとめる事ができないと考えた方がいいでしょう。

迂闊な返信。便利そう、有効そうと思えるサービスにて安易に携帯メアドを登録しない。
→リスト業者はまさにその手口でメアドを収集します。


その辺の心構え、注意を十分にしてください。

そして、拒否設定よりも、着信許可にするのが一番です。

携帯をサブと出来れば、許可したものだけ着信するで十分事が足ります。

極端な話、PCで受信したものを、選択的に自分の携帯に自動送信すればいい。

なんて事も出来ます。
まあ、それには仕組みが飲み込めないとちょっと難しいですが。

そのうえで、名称パターンからの自動生成ではありえないアドレスにするのが吉です。

aberuasahiru_4321

aberuasahiru_4321_vv

なんて感じでしょか。

ではでは。
[PR]

  # by julajp | 2008-01-12 15:08 | 携帯

BlogScouter(ブログスカウター)滞在時間を指標に追加by CyberBuzz

BlogScouter(ブログスカウター)by CyberBuzz

CyberBuzzさんの「BlogScouter(ブログスカウター)」について意見や感想を率直に記事にしてみてくださいと言うお題。
こちらで思った事など書いてみたいと思います。

先ず CyberBuzz さんのプレスリリース

ブログの影響力を計測・分析する「BlogScouter(ブログスカウター)」に、新指標としてブログに対する読者の「滞在時間」を追加 - 株式会社サイバー・バズ



2007年12月13日ブログの影響力を計測・分析する「BlogScouter(ブログスカウター)」に、新指標としてブログに対する読者の「滞在時間」を追加  

(途中略)

■「滞在時間」の追加 

(1) ブログの影響力を測る上での「滞在時間」指標の重要性

最近では、サイトへの「滞在時間」はページビューやアクセス数に加えサイトの価値を表す重要な指標として捉えられており、様々なサイトでその価値を判断する際によく用いられるようになっております。インターネット視聴率を提供する米Nielsen//NetRatingsでも、1999年創業から利用者数(ユニークユーザー数)とページビューを分析指標としてきておりましたが、2007年7月より新たに総滞在時間と総セッション数を指標として加えたことを明らかにしております。
一人当たりの滞在時間が長いということは、ページビューやアクセス数などでは測れない居心地の良さやそのサイトのシェアが高いことを表すこととなり、今回、「滞在時間」という値をブログの影響力を計測・分析する「BlogScouter」の指標の重要な一項目として追加することで、より精度高くサイトの影響力を評価することが可能となります。                                                                       
(2) ユーザーへの情報提示

「滞在時間」は、サイバー・バズが開発した独自のロジックにより「BlogScouter」値へポイント換算されると同時に、ユーザーの管理ページ上で実数値を閲覧することが可能となります。これに伴う追加提供項目は2種類で、1日における1読者あたりの平均滞在時間(秒)と1ヶ月における1読者あたりの平均滞在時間(秒)となります。これにより、自身のブログがどれくらいの時間をかけて読者に閲覧されているのか、その日々の変化と1ヶ月というスパンで見た実力値を簡単に把握することが可能となります。
今後もこのような機能拡充等によりユーザーに支持されるサービスを提供し続け、さらなる「BlogScouter」登録者数の増加を目指します。また、毎日手軽に、そして精度高く自身および他者のブログの影響力を知る機会を提供し、ブロガーの記事更新支援・有力ブロガーの誕生等を促すことで、引き続きブログ業界全体の活性化に貢献してまいります。


■「BlogScouter(ブログスカウター)」とは?

2007年7月6日より開始した、自分自身のブログのインフルエンス力(影響力)を計測・分析することができるサービスです。開始5ヶ月で登録者数15,000人を突破し、2008年9月に登録者数10万人を目指してまいります。




ブログスカウターは上記のような感じで昨年の12月に滞在時間指標が追加されていました。

既にブログスカウターを利用されていて変更をしてみようと言う方、或いはブログに貼り付けてみようという方は以下からどうぞ


⇒滞在時間指標が追加された新しいタグへの貼りかえはコチラから
http://blogscouter.cyberbuzz.jp/login.php
ブログスカウター新しいタグへの貼りかえ powered by CyberBuzz

⇒新規登録はコチラから
http://blogscouter.cyberbuzz.jp/register.php
ブログスカウター新規登録 powered by CyberBuzz





さて、ところでユーザサイドから見た今回のブログスカウターの変更って?
あくまで私の場合なのですが。


◆旧来に比べ、滞在時間の指標が入ったブログスカウターは?

今までの「BlogScouter(ブログスカウター)」は滞在時間という指標は入っていませんでしたので、PV(ページビュー)やUU(ユニークユーザー)、記事の投稿数に応じて値が変わるような感じが見て取れていました。

その辺ベースなので、そんなに激しく変動する事は無い。


でも滞在時間指標が追加されてからは、ランキングと言うには随分変動が激しいな~という印象がしています。

暮れお正月は記事ろくに書いていなかったのと、ネット全体のアクセス自体がかなり減っていた感じがしますが、

ブログスカウターの値が80~400 くらいで大きく変わっちゃいました。

1/10頃はお正月に比べて安定してきていますが、それでも50~60は簡単に変動してしまうようです。




◆こんなに変動するのにランキングなどの意味はどうなのでしょう?

CyberBuzz さんのPR内容からは

スカウターの数値が高い→”インフルエンス力”が高い

という事になります。



重要視されているのは


・影響力
・居心地の良さ
・シェアが高いこと
・ブログの影響力
・サイトの影響力

って事みたいですね。



◆ところで滞在時間が言われるようになったのは?

元々はこの辺から滞在時間の重要度が取り込まれているようです。


MarkeZine:◎ページビューではWeb2.0時代のサイトを正しく評価できない―米ネットレイティングスが「滞在時間」を重視

冒頭部分引用


 調査会社の米Nielsen//NetRatingsは7月10日、同社のネット視聴行動調査サービス「NetView」における新たな指標として「Total Minutes(滞在時間)」と「Total Sessions(セッション数)」を追加したことを発表した。

 Ajaxやストリーミングを使ったリッチコンテンツの広がりによって、ネットユーザーのサイトでの行動に変化が起きていることは、すでによく知られている。Ajaxはページをリロードすることなく、新しいコンテンツを表示することを可能にし、ストリーミングはひとつのページやメディアプレイヤーの上で、ダイナミックにコンテンツを切り替えることができる。

 同社は「滞在時間」こそが、Web2.0の最初の発展段階においてもっとも適した指標だとしている。その理由として、RIA(Rich Internet Applications)を使っているウェブサイトだけでなく、ゲームやインターネットアプリケーションなど、ページビューでは扱いきれないウェブ環境についても公正な指標であるとして、次のようなデータをあげている。
(続き・・・)




これ、WEB全体の中での話しですから、個人ブロガーの強みというより企業や専門家、資本を投下した組織的な取り組みが出来るところが絶対的に有利なんじゃないかな~と思います。

動画やAJAX、Flashなどを使って、ページを遷移せずリッチコンテンツでアピールしていけるのは、今のところ商業サイトや各種サービスを意識したマッシュアップサイトなど、そのようにプランニングされたとこなんじゃないかな~と言う気がします。



◆なんで滞在時間に拘るのだろう?

バズでのプロモーションと言う事になると

より多くの人に、確実に噂となって囁きの伝播となって欲しい。

その為にはリッチコンテンツも織り交ぜて、読者を飽きさせず、掴んだら簡単には離さないようなサイト。

そんなのが理想的って事でしょうか・・・。

何か、現状のユーザー主導CGMブログの在り方と乖離しているような気がしてしまいます。



◆リッチコンテンツで誘引力、滞留力があるブログ


これはブログの書き手よりも、サイバーバズさんや、クライアントさんにとって広告効果?が高くなる形を求められているような気がしてしまうのは気のせいでしょうか?


例えば企業サイトであれば、プロモーション用資金を投下して上記の対策が図れるでしょう。

でもCGMの送り手、担い手である個人ブロガーがいちいち、上記の対策できるのでしょうか?

ブロガーと言う職業があり、それで生活が成立するならアリだと思います。

でも現状でのブロガーってブログで食べていける人なんて殆ど居ないでしょうし。

そこにリッチコンテンツを持ってきてしまうのがどうなのでしょうか?


◆じゃあ、具体的にはどんなとこ?


滞在時間が長いと言う事はやはりFlash、AJAX、動画がふんだんにあるサイト。

それって、こんな感じでは?


企業サイト
ゲーム等インタラクティブな専用コンテンツ
フラッシュ系で構成されたページ
芸能人のプロモーション用にリッチコンテンツで工夫
動画系

これに対して一般ユーザーが書くブログでは

TEXTベース
フォトブログ

そこにたまに動画を載せるのが精一杯ではないでしょうか?


極端な話、AMAZONやニコニコ動画あたりにもしもブログスカウター付いたらそれこそ最強なんじゃないでしょうか。



◆でも個人ブログがそんな形になりえるのか?


そうすると、TEXTベースの個人ブログよりは、滞在時間が長いブログの方がプロモーション効果が大きいと見做され厚遇されるなんて事にならないか?

ミュージシャンや芸能人の方などがプロダクションやレーベルとで企画して、AJAXコンテンツ、フラッシュコンテンツ、プロモーションビデオなんてを置けばかなり滞在時間稼げちゃうのでは?

一般のブロガはそうそうそういうもの用意しにくいでしょうし、用意できたとしてもそこまで見てもらえるのか?


これって、普通のユーザーの取り組みと言うよりプロ向けでは無いのか?



◆個人発のブログ

現状の個人ブロガーの強みって、特定ジャンルへの関心の高さ、専門性、他と違った拘りなんてとこがあげやすいかと思います。


また逆に、タレント性や独特であったり親しみ易さなどのキャラクター性で牽引すると言うのもあるでしょう。


この辺、ブログ自体の目的や方向性そういうものがそれぞれ違って滞在時間に関わるリッチコンテンツってのもどうもそれぞれだと思います。

企業等であれば兎に角誘引し、離さない、そんな工夫が必要でしょう。

でも個人ブログでそれってどうなんだろう?

現状で、個人ブログに触れていく場合ってリッチコンテンツがあるからそこにずーっと滞在するよりも、興味関心が向くものにどんどん飛んで行くのだと思います。TVのコマーシャルを飛ばすザッピング感覚。



◆一律なランキングが招くプロ、セミプロ化


こういう場合滞在時間を指標に取り込み一律ランキングにするのはちょっと強引なのではないか?

一律のランキングでは、よりプロ化したもの、できるもので上位を占めるでしょう。

それは、ユーザーと言うよりは既にきちんとしたメディアであるのではないでしょうか?

そうなった時、立場的にはガイドとして、スポンサーやクライアントの目がある事を相当意識しなければならないでしょう。


できれば現状の単純な一律なランキングを変えられないか?

ブログにメインジャンル、サブジャンルなどを設けてその中でランキングする、もしくは各種指標毎に並び替えながら眺める事が出来たら面白いのではないかと思います。



◆アルファブロガーなんて言葉があります。

アルファブロガーという言葉とWikipedia : tokuriki.com

こちらでは、味があるブログってとこで抽出している感じですし、選出されたら次回からは殿堂入りで対象外なんて感じ。

幅、種類、裾野を広げる力を発揮していると思います。

でも一律のランキングって下手をしたらパワーゲームですよね。

現状ではニュース系まとめサイトが非常にパワーがあると思いますし、今後もそうでしょう。


更にもう一つ。


◆「多様な平等視点」


こちら2007年アルファブロガーに認定された方

レジデント初期研修用資料: 疲労する自意識がたどり着くところ


終盤部分引用


平等の疲れと癒し
「平等」という考えかたは、視点の置き所により、その様相を大きく変える。

コミュニティの外から見れば、「平等」なルールで運営されるコミュニティというのは、格差社会の弱肉強食ルール。対戦格闘ゲームなんかでは、初心者はコインをいれた瞬間に瞬殺されるし、ベテランはきっと、それを見て「公平」だと感じてる。「誰もが通ってきた道だ」なんて。

もちろん初心者にとっては、そんなルールは「不公平」極まりない。同じ対価を支払っているのに、初心者が購入できる自意識は、ベテランに比べると、比較にならないぐらいわずかな量しか与えられない。

努力が報われない大多数にとって、「平等」というのは、センスあることそれ自体が不利になる世界。

ロールプレイングゲームみたいな、ほとんど努力が全ての場所は、恐らくは「センスある人を打ち負かす」要素が欠けていて、癒しを得るにはもう少し何かが足りない。

弱い人たちが「公平な」戦いができる場所というのは、たぶん「強いこと」それ自体が足かせになるようなルールで作られた世界。一部の自動車競技なんかでは、勝てば勝つほどウェイトを積む決まりになっていて、速い車はシーズン後半になると重たくなって、不利になる。

これから流行るサービスは、きっと「多様な平等視点」を提供する機能が実装される。

たとえば「はてなブックマーク」の注目エントリー部分は、今まで獲得した総ブックマーク数が多い人は、それだけ取り上げられにくくなるような重み付けを行うと、面白いことになる気がする。

今までの「数が全て」ルールでは、もはやいつもの面々以外、あのページの上位を飾れない。恐らくはそれを理不尽に感じる多数の人たちがいて、その人たちが上位陣を「打ち負かせる」場所を作れたなら、きっと今まで以上に熱心になる人が出てくるはず。「やっと公平な評価になった」なんて。

「人気ブックマーク」部分は逆に、従来どおりの数字がすべてを支配する空間。そこにはきっと、いつもの面々が並ぶけれど、平等視点を増やした分だけ、理不尽な思いをする人は少なくなる。



現状のブログのステージって、プロ化という場が用意されている訳では無い。

その時プロのように振舞える人はとても限られる。

すると、技術的にどうにかできる常連さんが絶対有利。

折角ユーザー視点のブログを活用しようと言う事であれば、”「多様な平等視点」を提供する機能”こそが求められるのではないか?

一律のランキングは今までのマスメディアを通じてやられてきた事で、まさにそれが飽きられブログがフォーカスされているのではないか?



◆ブログスカウター自体に「多様な平等視点」を提供する機能を乗せられないか?


ならば、ユーザー発のブログが様々な視点から見られる事こそが、ブログを大事にしてボトムアップに繋がるような気がします。

そして、ブログパーツを通じてそんな様々な視点、切り口から眺める事ができたら、それこそブログパーツが滞在時間を延ばすリッチコンテンツの一つになってくれ、ブログをボトムアップしてくれるツールにるかもしれません。

今の一律のカウントで見る機能は残しつつも、一方でその他の切り口で秀でたところが見つけやすかったりする機能を載せる事で、「多様な平等視点」を提供しかつ滞在時間も延ばしてくれるリッチパーツ?になってくれるかもしれません。
[PR]

  # by julajp | 2008-01-11 23:49 | インターネット

音楽の、今後のビジネスモデル

音楽の、今後のビジネスモデル

はてなブックマークのfavoriteを眺めていたところ以下の記事が目に付きました。

音楽の次世代ビジネスモデルは広告ではなく、アーティストの付加価値。 - MyLifeFor.


そう言えばレコードって何?

record
録音

何に録音するの?
何で録音するの?

再生できるように・・・

アーティストが演奏したり表現する様子を手軽に再現する機会を提供。

それがレコードやカセット、CDと言うメディアでそれぞれ専用の再生機器に支えられていた。

音楽そのものがまだメディアに封じ込めておけた。
メディアを通じて配布、販売が可能であった。

しかし、今はデータとしていかようにも流通しうる。

そうしたら、アーティストの音楽だけをパッケージするのでなく、アーティストの行為、取り組み、思い、そういうものもあわせて届けられないかを検討すべきだろう。

それによってアーティストとファン、視聴者とがより深い繋がり、関係性をもてるように。

逆に言うと、アーティストもそれに答えられる度量が求められるだろう。


とすると、アーティストとファンや視聴者の間に生じる体験を、再現体現できる親密な場をいかにプロモーションしてみせるか。

メデイアありきではなくて、機会をいかに生み出すか?

またそんな機会を場合によってはアーティストとファンとのコラボレーションとしてレコードし、メディアにしていくか?なんて感じ。

そんな事こそがレーベルやレコード会社が今後すべき事って感じなのかな、なんて思いました。


アーティストの付加価値 → アーティストとの付加価値

なんて具合にファンを如何に巻き込んでしまうか?
なんてあり方も面白そうだな~なんて思ったりした次第。
[PR]

  # by julajp | 2008-01-10 16:39 | インターネット

日産ノートマイナーチェンジ入りましたね。

日産ノートマイナーチェンジ入りましたね。

Powered by IgWebCap


ノートをマイナーチェンジし、特別仕様車設定 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック

カービューニュース冒頭を引用


2008年1月9日(水)

ノートをマイナーチェンジし、特別仕様車設定


 ニッサンは、ノートをマイナーチェンジするとともに、特別仕様車を設定し、ニッサン販売店を通じ、1月16日から発売を開始する。

 今回のマイナーチェンジでは、ヘッドランプ、エンジンフード、フロントグリル&バンパーを一新するなどエクステリアデザインを大幅に変更するとともに、インテリアでも新シート&ドアトリムクロス、視認性をアップした2連リングメーターなど質感や使い勝手を向上している。また、HR15DEエンジン+エクストロニックCVTの改良によって新燃費・排気試験JC08モードに対応。さらに、車種体系の見直しなどを行うとともに、ボディカラーに、新色のブルーターコイズ(TPM・特別塗装色)、フロストグリーン(TM)、アメジストグレー(PM)の3色が追加された。

(続き・・・)




 ヘッドランプ
 エンジンフード
 フロントグリル&バンパーを一新

って事で、アジア向けの LIVINA GENISS なんてを思い出してしまいました。

Powered by IgWebCap

このリビナジェニスあたりとの統一感とか兄弟車的な雰囲気が増したのかな~。
バンパーとグリルが別パーツ化したようで、グリル周りの改造パーツなんても出てきそうですかね~?

ヘッドランプが下に伸びた事で多少シャープな感じが増したのかな~と思えますが、バンパーのボリューム感ですっきり伸びやかって方向は打ち消されているような。

国内だけを考えたらシャープな雰囲気の方がいいんじゃないかな~なんておもっちゃいます。

でも、もしもノートもアジア圏で販売するとなったら、こういう感じの方がいいのですかね~?

流石にその辺は良く判らないや。



一方で気になるライダー








ヘッドランプが全体的に大きくなった関係でグリル、バンパーグリルの形状が大幅に変わったのですね。

マイナーチェンジ前はグリルとヘッドランプの間に細い仕切りが入っている感じ。
これがあるからバンパーグリルも横に大幅に伸ばすのでなく、エアスクープ状のデザインでグリル周りと同様の仕切りがあるデザインで統一感を出す。

マイナーチェンジ後では、ヘッドランプの大型化に伴って、仕切り部分を廃止。
バンパーグリルも思い切ってエアスクープ形状廃止し、横に広く開口。

押し出し感を強めた感じでしょうか。

マイナーチェンジ前が端正な方向性、マイナーチェンジ後がハイパフィォーマンススペックって奴に負けない強さを強調したような感じ?

それにしても、ボディの補強やエンジン、マフラー、足回りも専用のものなどが・・・。
一体どんな感じなんでしょうか?

ローダウンでもキビキビ感結構出るのに、この調子で弄られていると結構いい感じで走ってくれそうな気配。





その他、プレス向けのリリース情報はこちら

日産自動車 | NEWS PRESS RELEASE
「ノート」をマイナーチェンジ
――あわせて、「ライダー」に高性能シリーズを追加、ライフケアビークルシリーズをマイナーチェンジ――

[PR]

  # by julajp | 2008-01-10 10:20 | 日産ノート

「ザ・ブリリアントグリーン(ブリグリ)」「Ash Like Snow|機動戦士ガンダム00 第二期テーマソング

「ザ・ブリリアントグリーン(ブリグリ)」「Ash Like Snow」/ステファニー“フレンズ”|機動戦士ガンダム00 第二期テーマソング

<ブリグリ>新曲が「機動戦士ガンダム00」テーマに 発売記念“ブリグリ仕様”ガンプラを制作(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

ニュース元はこちら

http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20080108mog00m200047000c.html

こちら拡大写真ページ

Powered by IgWebCap

機動戦士ガンダム00(ダブルオー)第二期オープニングテーマが「ザ・ブリリアントグリーン」の「Ash Like Snow」に。

ジャケットやミュージックビデオには、「ハロ」も登場するのだとか。

そして、このテーマソングの発売を記念して全身“ブリリアントグリーン”のオリジナルのガンダムプラモのプレゼントなどガンダムとのコラボを展開するそう。

画像を見た感じだと、関節のポリキャップパーツ、GNブレイドあたりの装備からFGのエクシアみたいですね。

作品についてはこんな自信を窺わせているのだとか


新曲は、ボーカルのTommyさん(32)が昨年8月、「ガンダム00」の水島精二監督と会い、「自分が抱えるテーマと、ガンダムに共通点が見つかった」と作詞、かつてないハードな曲調で、「どのシーンに合わせてもピッタリ」という自信作だ。



「自分が抱えるテーマ」って言うのがどんなものなのか気になるところではあります。


新曲は2月6日に発売

 プラモデルは、全身クリアグリーンのオリジナルデザインで限定400体。

雑誌
テレビ
着うた配信
等でプレゼントされるのだとか。

シングルは、初回盤が、ガンダムマイスターの一人、アレルヤ・ハプティズムのキャラクターカード、ガンダム00のステッカー、DVD付きで1500円。




Ash Like Snow(初回生産限定盤)(DVD付) [CD+DVD] [Single] [Limited Edition] ~ the brilliant green


通常盤は1020円(初回出荷分はキャラクターカード付き)


Ash Like Snow [Maxi] ~ the brilliant green


一方のエンディングは・・・

ステファニー、2008年第一弾シングル“フレンズ”が、「機動戦士ガンダム00」のエンディング・テーマに - bounce.com [ニュース]

2007年末第49回日本レコード大賞での新人賞受賞したステファニー。

2007/12/12日にはサード・シングル“Winter Gold”リリース。
 
2008年第1弾となるシングルは2008/01/30“フレンズ”のニュー・シングルをリリース。

MBS、TBS系テレビ局放映中の「機動戦士ガンダム00」の新エンディング・テーマとして、1月よりオンエア



フレンズ [Maxi] ~ ステファニー

[PR]

  # by julajp | 2008-01-09 07:53 | ガンダム

GT-R不名誉な第一号-痛車じゃないけどいたすぎる

GT-R不名誉な第一号-痛車じゃないけどいたすぎる

GT-R発売して間もないですね。
売れたという事は市中を走り回るという事で、傷や事故は付き物。

そして、早くもクラッシュ第一号が出現?したのだとか。
内容はGIGAZINEさんより

先月発売になったばかりの日産GT-Rがクラッシュ事故 - GIGAZINE

ニュースソースはこちらと言う事。

Aw Snap! First Nissan GT-R crash - Autoblog

ニュースソースを機械翻訳かけてみましたがなんだか???だったので適当に雰囲気翻訳してみました。
あくまで雰囲気と言う事で勘弁してやってください。



先進的な全輪駆動システムであったとしても尚、NISSAN GT-R は覚悟を持って操縦しなければならない、480馬力のtwin-turbo 3.8L V6エンジン搭載ゆえ。

こんな感じのケース、このブラックGT-Rオーナーの場合のように
それは獲得された、意図せず、また喜ばしくない、不名誉を得るという、それも第一号という、GT-R量産車での

場所、他でもないクラッシュが起きたのはまだ良くわかっていない。

おそらく幾つかのフォーラムでは香港あたりじゃないかと言う意見が出て居る。

事故状況を想定してみるにもミステリー
ただ、ハッキリしている事がある。

GT-Rは鼻先から何かに突っ込んだ。そしてクランプルゾーンが事実として非常に良く作用している。
願わくば、われわれはこれと同様なGT-Rを投稿しないで済めば良いのだが。

(その巨大なパワーによって)しばしば同様に見られる、Enzo(フェラーリ)でやらかす辛酸をなめるような失敗の事象。
しかし明白なのは、日産の新たなスーパーカーは初心者ドライバーに尊重される必要がある。




写真を見る限りでは、スカイラインクーペで採用されたポップアップエンジンフードが働いている様子

(当方の過去記事はこちら)
日産、ポップアップエンジンフード(火薬式アクチュエータで9センチ跳ね上げ)
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-392.html
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/5725030/
http://julajp.exblog.jp/6622343/



フロントタイヤのホイルハウスの空間が殆どなくなっているみたい。リアは無傷っぽい。
前方のトラックなどに突っ込んで潜り込むような形になったのでしょうか?

もて余したパワーはサーキットあたりで発揮してあげて欲しいですね。
[PR]

  # by julajp | 2008-01-08 18:47 |

RX-0 MGユニコーンガンダム組立途中経過

RX-0 MGユニコーンガンダム組立途中経過




2008/01/03 RX-0 MGユニコーンガンダム 店頭にあったため思わず確保

01/04の晩からちびちび組み立て開始

01/06まででバックパック武装無しの全身にやっとこさたどり着きました。


2


スタイリングいい感じですね。
ユニコーンモード頭部は味気ないので、カメラアイ風にメタリックテープを挟み込んでいます。


3


フレームの目立たないところなんては、発光樹脂がくるフレーム部分、銀色でなんちゃって着色とかしています。


4


やば、FSSのジュノーン立ちポーズっぽくなっている?!

角と言えばMHが角付きだったりしますもんね~。


5


足首パーツは、内側に来る方を目立たない程度削り込んでみました。

仕切りの下側
ブロック状形状の内側あたり

ちょっとの差ですが、接地性あがりますね。



あと、足首前後のスイング部分のABS関節パーツですが、瞬着をうっすら塗りつけ爪楊枝なんかでならしてみました。

接合圧高まるのですが、やりすぎるとガチガチ。

様子みながらちょっとづつ、もしくは極薄くなんて感じでやらないとがっちりくわえ込んで動かなくなっちゃいますね


上手い加減が出ると、妙に礼儀正しくお辞儀ばかりしないでしゃんとします。



6


中途半端モード

或いは阿修羅男爵?!モード


7


脚の長さが圧倒的に違う。
中途半端にひらいた角がなんだか昆虫っぽい?


8


(NT-D)デストロイモード。
こっちも様になりますね。

ただ、やはり等身だったりのバランスでユニコーンモードの方が安心感があります。
脚が長すぎてなんだか落ちつかない・・・。


狙っていたわけじゃないのですが、この構図とか等身バランス、幻の永野ガンダムっぽい?!

http://blogs.dion.ne.jp/jwave0813/archives/1977433.html



RX-0 MGユニコーンガンダム組立途中経過
 みんカラフォトギャラリー

[PR]

  # by julajp | 2008-01-08 06:48 | ガンダム

『スピード・レーサー』の「マッハ号」が2008東京オートサロンに出展

『スピード・レーサー』の「マッハ号」が2008東京オートサロンに出展

2008 Mach 5 - Speed Racer Movie Car

【横浜ゴム】東京オートサロンに「マッハ号」やエアロ仕様のプリウスを出展 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック


こちらの記事


2008年1月7日(月)

【横浜ゴム】東京オートサロンに「マッハ号」やエアロ仕様のプリウスを出展


 横浜ゴムは、11月11日~13日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン」に出展。その出展内容を明らかにした。

 同社が出展するのは、レーシングカーデザイナーとして知られる由良拓也氏がデザインした「エアロ・プリウス・ユラスタイル」、2007年のSUPER GTに参戦した「WOODONE ADVAN Clarion Z」、今夏公開予定のハリウッド映画『スピード・レーサー』に登場する「マッハ号」。いずれもヨコアマタイヤを装着している。

 なお、横浜ゴムは、『スピード・レーサー』とプロダクトプレイスメント契約を締結。劇中で登場する「マッハ号」はヨコハマタイヤを装着している。


オートギャラリーネット 濱 健幸




今夏公開予定のハリウッド映画『スピード・レーサー』に登場する「マッハ号」
いずれもヨコアマタイヤを装着している。

なお、横浜ゴムは、『スピード・レーサー』とプロダクトプレイスメント契約を締結。劇中で登場する「マッハ号」はヨコハマタイヤを装着している。


と言う事で、それでオートサロンに持ってきちゃいますか。


ところで映画関連情報は以前のこの辺の記事参照してもらえたら。

Mach 5 -Speed Racer Movie Car「マッハGoGoGo」実写版

http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/5126291/
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-280.html


もうちょっと調べてみたら映画制作発表なんかの動画もありました。

'Speed Racer' car revealed | Video | Reuters.com



こいつ、飛びますよ!跳ねますよ! 

映画の中だけど~(爆


でこれって一体・・・

ASCII.jp - 価格比較 - アニメ「マッハ GOGOGO」公式:レース・カー 大人用/Speed Racer Mach 5 Race Car 9781
[PR]

  # by julajp | 2008-01-08 06:15 |

痛車祭り?「あうとさろーね有明2007冬」

痛車祭り?「あうとさろーね有明2007冬」


痛車:ベンツに躍るアニメキャラ、にらむゴルゴ「俺の後ろを走るな」…入魂の60台展示(まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞)



「あうとさろーね有明2007冬」(主催・あうとさろーね事務局)が07年12月30日と31日、東京・有明で開かれた


と言う事での記事。


Powered by IgWebCap

サムネールの通りで、これでもか!と言う溢れんばかりの写真。
実に180枚ありました。

ベンツだと、やっぱり似合わないというか、何かしっくりこない。

フォレスターが・・・

スープラなんてはレースで見かけている分違和感少なかったりしますね。

ステップワゴンは目立ちすぎというか来ていると言うか。
でも、よくよく考えてみると昔のトラック野郎。

イラストばりばり、電飾ばりばりの超目立ちトラック。
刺青にも似た文化や気風なんてに通じているのかも?と思えたり。

シルビアのヴァリエッタコンバーチブル?
しかもガルウイングに改造?
どんだけ金かかってんだよ・・・


シルビアヴァリエッタ トップページ
Powered by IgWebCap

こっちのフラッシュページにトップ開閉の様子なんてがありました。

ノートでもありましたがリアウインド周りメインのようでしたので、あれはありかもしれませんね。


しかし、この記事。

どんなカメラマンがどんな思いで写真撮ったのか???

デジカメあるから、記者が自分で写真撮っているのでしょうか。

フィルム銀塩時代だったら、だからって60台全部撮れったけ写真撮って、しかも180枚も掲載しちゃうなんて到底出来なかったでしょね。

しかし、実際にはこの数倍は写真撮っているんだろうな~。
雨降りの写真と晴れの写真があるので、おそらく二日間張り付きっぱなしで写真撮りまくっていたのではないでしょうか・・・。

と、少しばかり思い巡らせて見るとなかなか興味尽きなかったりします。
[PR]

  # by julajp | 2008-01-08 05:35 |

CDが売れなくなった?

CDが売れなくなった?

この数年、iPod などの台頭でCDが売れなくなったなんて話も耳にするようになりました。

その辺、人々が欲しているのは音楽なのか、音楽をツールとしてコミュニケーションする為なのかという、関係性、繋がりと言う視点から書かれたエントリー。


すちゃらかな日常 松岡美樹 CDが売れない「本当の理由」


すちゃらかな日常 松岡美樹 「関係性の病」に侵された人に売れるコミュニケーション・ソング

興味深く読まさせて頂きました。

ただし、今回これらのエントリーの元になった記事の本意はこんなところだったらしいです。



2008-01-05■[音楽] 音楽の「質」の話とか - くだらない踊り方


今から20年くらい前と言えば、歌手はTVやコンサートに忙しく、いかにメディア露出するか?そして、メディアもそれを目玉にするか?

TVなどでの放送回数が多く頻繁に見られれば、当然話題や関心が向く。

CDも売れるなんて感じだったでしょうね。

そうこうしているうちにおにゃんこクラブなど、一億総アイドル化と言うか。

歌手とミュージシャン、そこにアイドル。

何を表現するのか、表現したいのか?、そういうのが曖昧なままオリコンチャートなどに引きずられる形でCD売り上げに終始してしまったなんて現実があるのかもしれませんね。

パッケージングや見せ方、伝え方。

レコードショップを通じてパッケージングされた音楽を売る。

でもネットでの配信という方法が見出され必ずしもCDと言うパッケージで無くてよくなった。

CDというメディア形態にある限り、CDプレーヤーの枠を超えられない。

一方でシリコンプレーヤーがどんどんどん出周る。
そうなれば当然アーテイストを越えた好きな曲を集めて楽しみたい。
女性などは、それこそファッションやアクセサリーをとっかえ引返して楽しむ感覚で好きに楽しみたいでしょうし。

音楽って利用っていうような観点から行くと、ファッションとかに近いのかもしれませんね。

楽しめる。感覚にあう。気分に合う。

そうすると、CDと言うパッケージは下手をするとお仕着せのレディメイド、なんんて感じになっちゃうかも。

それよりもオーダーメイドが出来ればそれに越した事は無い。

音楽などの製品、作品はそれらが利用者に委ねられ、どう受け取られどう活用されるか?まで見越した送り方、届け方、そんなところまで気を配るべきとこまできたのかも。

もしそうであれば、アーティスト自体が、自身の体験や心の動きのままに思いを綴る。その思いにあわせた自分のお勧めセットみたいな形でセレクションして、それを象徴するメッセージやイメージ画像、動画を一緒にセットにして提供する。そんな事も面白いかもしれませんね。

そんな形が取れるなら、アーティストも自身が受けた影響やインスピレーション元をセットにして届けてみたい、なんて動きが出てきたら、相互関連性や繋がり、ルーツなんてが追いかけられて興味深いかも。

ミュジシャン自身のファンであれば、そんなのも追いかけてみたくなるかもしれませんね。

と、きまぐれ、つれづれなままに。
[PR]

  # by julajp | 2008-01-08 05:09 | 生活

Googleがリスティングやマッチングで、適性診断するようになったら?

Googleがリスティングやマッチングで、適性診断するようになったら?


ポータルとブラウザの終焉 - 雑種路線でいこう

ブラウザやポータルサイトのコモディティ化について書かれていました。
立ち上がり当初、ブラウザの勇として一世を風靡したネットスケープ。
IEにシェアを食われ続けそこでポータルと言う仕組みを導入して息を吹き返した。
しかしこれはいわゆるサービスプロバイダーなど、自社サービスでユーザを抱え持つところであればどこでも援用できた。
そしてなるべくしてポータルサイトがどこでも見られるようになった。
2008/01 Yahoo Japanのポータルページトップ変更によって、よりどこでも一緒感覚が強くなってきている。

そして、そんなポータルに変わりアメリカのフェイスブックサービスや携帯コミュニティへ。

探す無駄、手間すら省きたい。
欲しいもの、情報に一発でたどり着きたい。


しかしこれって、自分で使っているの?

ランキングなんても誰が何を元にどこから算出して導き出したの?
そんなのも知らないまま釣られて行く。
大スポンサーが提供する情報であれば、巧妙にランキングが操作されていてもおかしくない

使っているようで、使わされている、まんまと踊らされている可能性。

携帯ユーザーがPCユーザーをDisっているとかも見受けられる。

ところで携帯向けのサイトやサービスって携帯で出来るの?

PCを通じてじゃないと作れない。

すると、ユーザーの思惑とは別の操作があれこれ入っている可能性が高い。
そういうリスクも知っての上であれば問題ないが、それも知らずだったら?

携帯みたいに量も質も望めないのに課金での収益が上がるのは?

自分で出来るけど、手間だから人にやってもらう対価か?

使う、いや下手をしたらそうとは知らずに使わされているのだとしたら?

今の携帯サービスは、兎に角消費を促す方向にしか向いていないだろう。






レジデント初期研修用資料: 初夢:全共闘オンライン

社会的に鬱屈、鬱積した事が沢山ある。

医療の現場など医師となったが故のリスクを考えると身の振り方を考え直した方が良いなんてとこまで来てしまっているらしい。
(産科医など特に)


又、育児関連では働いていないから子供を預ける資格が無い等。


現代って学生運動などにならないのが不思議なとこ。

と言うか、そんなパワーはもうなくなってしまったのだろう。

変え難い世代間での意識の乖離

この社会になったのは何故?

何を契機にこうなってしまったの?

何故歯止めがかからなかったの?





スタイリストがトータルコーディネートして2万くらいで送ってくれるサービスが凄い件 - I am Cruby!


ファッションの醍醐味といえばコーディネート。

カリスマ店員とかも居るけど、こういうのもいいですね。


ショップと店員。

ネットショップにコーディネーターやアドバイザーが居る。
そこにオーダーを出す。
すると、好みだったり提案が返ってくる。

子供の勉強向けサイトも考え方は似ているかもしれません。

お料理関係とかもいいかもしれません。

ようは、自分では苦手、面倒、難しい、そういうに対して提案だったり、マッッチングをしてくれる。

ネットのコミュニティなどもあちこちに沢山見かけられるようになってきています。

そういうところで何かサービスを提供できないか?なんて考えていたりする場合、面白そうですね。




【Watcherが展望する2008年】 コモディティとならざるもの:小飼弾 404 Title Not Found:ITpro


色々とりあげられていますが、最終的にはおもてなし。

現代の世界で取り巻いているのは大量生産、大量消費。

誰の為の、そんな意識が外れてしまい、売れるもの、売れそうなもの、売れるように。

使う人ではなく、企業論理が優先されてしまっている。

おもてなしは、この人に喜んでもらう、楽しんでもらうには、
自分としては、こんなものを提案、提示してみたい。

不慣れであれば、少しばかりの配慮を利かせ、常連さんであればちょっとサプライズを入れて等々。

顔や個性のある人を相手として意識しなくていいのか?

微妙なマッチングの外れが不調和や不協和音を呼んで居ないか?

そして、いつまでも消費者と呼んでいていいのか?

消費という呼び方に基づく仕組み自体のパラダイムシフトが必要なのでは無いか?



レジデント初期研修用資料: 疲労する自意識がたどり着くところ


最近のランキング

また、声の大きな人の意見に収斂されてしまう仕組み。

それを散らす事ができたら面白そう。

よくある殿堂入りなんては手っ取り早いやり方だろう。
だって、政治の世界なんてでは任期は決まっている。

殿堂入りして、何年か経過したら、再び評価対象なんてのも面白いだろう。

色々な価値感に基づくランキングが見られたらとても面白そう。

人気なんかじゃない、特徴を捉えられたら。



私たちは、インターネットに恩返しをする責任があるということ。 : tokuriki.com

こちらは、インターネットがあったからこそ道を見出せた。

ならばキチンと向き合って出来る事をしていかねば、と言った決意表明とも言えるエントリ。

ところで、インターネットを利用していて良かったな?

なんて思う事があったのだとしたら?
又、誰かを陰ながら支援できたら?

そんな事ふと思った事があるならこんなのどうだろう。

良いな、とかこれは?と言うエントリーに対して、トラックバックを送ったり、関連エントリーを起こしてリンクを張る。

Googleから見れば、リンクが沢山張られた記事やサイトは価値が高いはず、なんてアルゴリズムが仕込んであるらしい。

最近はSPAM対策で必ずしもそれがそのまま適用される訳ではないようだけど、基本は変わらないはず。

誰か?もしくは何かこれはと言うエントリーがあったら、記事を起こしてリンクを張るのは、まさにインターネット上の、投票や支援になりえるかな?なんて思ってみたりした。




高校生が考えた「プログラマーを人気の職業に押し上げ」るには? - 高校生奮闘記

カリスマプログラマーなんてやったらそれこそ悲惨。

車や家を作る、テレビ番組を作るなんて同様に、それぞれの役割や範囲がキチンと分担されていて、こなすべき作業が見えている。

そういう方向性が必要。




一番タチが悪いのは「俺は世の中と一体になっているから変わる必要がないけど、お前は変われ」という人間 - こころ世代のテンノーゲーム


現在の大量消費をベースにした社会。

ここでは上下関係、地位のある人、声の大きな人が力を持つ。

やっぱりパラダイムシフトが必要なんじゃないか?

世の中がいい方向に向かいうる事を提案する、そこに協力する、そういう人や団体、組織
そういうのが重要視されたら?

取り留めないのだけど、上手く循環するような方向性が出て、そういうとこに焦点が向けられるようになったら?

今の常識を単純には当てはめる事は出来なくなるのだろうけど。



 車をほしがらない僕たちの欲望はどこへいくのか(2) - Newborn Baby! たった今、うまれました。

こちらも、一つには社会の閉塞が大きいだろう。

大量消費、マスコミ優先。

これをやっていくと明確に勝ち組と負け組みが出来ていくだろう。

人より余計に儲ける。それの連鎖はその分だけ人より儲けられない人を生む。
パイの取り合いゲーム

それを飽きずに、そして将来を省みずに続けてきたから、なるべくしてなった社会。

若者の雇用が無い。

就業の困難。

車を買うような余裕は無くなってしまう。

余裕が無ければ意識しないのが一番。

おそらく、社会が良好な循環を有むスタイルでなく、負のスパイラルで構成されているから・・・。

消費型を続けていけば、モノは飽和する。

そのくせ消費者は貧困に陥っていく。




「貫くほどの好き」が見つからない! - モチベーションは楽しさ創造から





このままでは成果主義で会社がつぶれる (ザ・ターニングポイント):NBonline(日経ビジネス オンライン)




エンジン開発 - R25.jp

企業の広告塔として最大の効果を発揮していたF1グランプリ。

より良い消費の為であったのであろう。

我がチームはどこよりも優れるこんな素晴らしい製品、商品を送り出す能力があるのですよ

そんなチームを我々スポンサーは支援しています。

そんな、どこよりも優れたチームの技術的裏づけとその取り組みに対するスポンサード。


でも中国等の旺盛な社会的発展への取り組み、政情不安、金融関連での様々な操作、問題。

そんなところだったりで原油価格の高騰。

更には地球温暖化と言う環境問題。

もう省エネルギー、エコ、環境に優しい、そういう方向を向かない企業は支持されなくなりつつある。

そうこしていたらF1って、まさにその先鋒だった。



今までのままの、飛びぬけるため、勝ち抜くため、それをアピールするための技術競争競争をしていたらデスロードを突っ走るのみ。

ならば、レースの心臓であり勝ち抜けに一番利くエンジン開発を凍結してしまう。

そして使い捨てであった運動エネルギを再利用する事を推奨する。

これにより、回生エネルギー利用が有効となり、モータ、発電、バッテリー、逐電の技術が更に見直される。

更に一番の肝であるエンジン開発を凍結することで、それ以外の技術でアドバンテージを見出すしかない。

限られた資源をいかに再利用するか、有効利用するか?その為に見直せる事はないか?

そういう使命を与える事で、環境問題に寄与できる優れた研鑽のステージ。

そういう意義を見出したF1。


パラダイムをシフトする事で、存在理由はキチンと示す事ができる。


【お知らせ】「ジョジョ立ち」「ロリ校長」も NHK BSで「ネットの面白さ発掘」番組 - ITmedia News


一番はなんと言ってもニコニコ動画だろう。

NHKがやって見せたと言うのは流石。

NHKとしては、安易にネタに走っての視聴率稼ぎなんて間違っても許されない風潮があるのじゃないだろうか。

時代や社会をキチンと見つめて提示する。

2007年に放映された、Google、ブロガー関連番組なんてあたりも、やはり流石の取材力、構成力。

ネット☆スター

その中でさりげないけど聞き逃してはいけないことば。

ニコニコ動画なんかでも作者や原作者に金銭などの利益が環流するようになればいいのに
と言うぶっちゃけ。

まさにそこでしょうね。

気持ちはありがたい、嬉しい、でも実利がキチンと伴う。

そういう仕組み、社会であれば理想的

ニコニコ動画的なステージを用意しつつ、実利にも利くような仕組みづくりが理想的。




[N] アフィリエイター収入「20万円以上~50万円未満」は10.8%

こちら、気になります。

副業、お小遣い稼ぎ。

そう考えるとこんな儲かるわけ無いと思えます。

でも、世の中って流通や小売を職業にしている人はいくらでもいる。

そう言う人達が アフィリエイトに手を伸ばしたら、「20万円以上~50万円」ってのは言っちゃうもんじゃないのか?

もしも何か店を持ちたいなんて気持ちが元々ある人だったら、ECサイトの前段階としてのアフィリエイトなんてのもあるのかもしれない。

ネットだからこそ買えるもの、買い易いものなんてであれば、十分商売やその仲介は果たせるのではないか?

アマゾンなんてはまさにそのものだと思います。



13歳のハローワーク 公式サイト

自分の適性は何か?

そうなんですよね。

個性は個性

その個性はどんな方向性があるのか?

それが向く適性は?

そんな指導や相談ってあんまり具体的に耳に入ってこ無いですよね。


そしておそらく本来であれば、小学校、中学校、高校を通じて毎年行われれば理想的。

適性判断、適性指導、そんなのも毎年行われていいのではないか?

その為にはその指導、判断、診断が出来る存在やテスト方法が必要ですが、そういう方向に社会も教育現場も向いて居ないのかも?

現在の教育がどうなっているのか知らないので、”旧態依然としているのだとしたら”を前提とせざる得ないですが。



大学の頃から疑問だった事があります。

学校って、色んな職場の現場、一線で働いている人を連れてきて講義してもらえばいいのに。
ま、実際には授業とするのが難しいでしょうから、企業の広報あたりと一緒にやれば。

そして、実際にそういう職場を見学する。

そういう現実に触れる事で、そこに興味が湧くなら具体的でいいのに。

とまあ、産業と学業がいかに分断されているかって事なんでしょうね。

また、産業側が下手に入り込むと資金、スポンサー等々色々優遇、厚遇、癒着も回避困難でしょうし。

でも、もう寧ろそうでもしないと現実はどんどん乖離してしまうのではないか?





希望は、教育。 - 萌え理論Blog


こちらでの個性よりも、適性。
まさに。



働かなくても食っていける社会がもうすぐやってくるよ - アンカテ(Uncategorizable Blog)

ところでこれ。

とっても示唆に富んでいて面白いです。

実際には権力やパワーを牛耳っているところがしぶとく居る限り、困難だと思います。

ただ、その辺のパワーバランスを取っ払う、もしくはそれをも凌駕できるならなっても全然おかしく無い方向性だと思います。








さて、ここまで引っ張りに引っ張りました。
ゴメンなさい。

と言うのも、やはり今までのブログ等のエントリーがあったからこそ浮かんできた事なんだと思うからです。



Googleのリスティング。

これは、広告での収益をあげる為に行われていると思われます。

ここで目先をちょっと変えたらどうなるのか?

上述F1でのパラダイムシフトみたいな感じですね。

更にネット☆スターのように、収益にも繋がりうる。





リスティングを広告収益から、就職、職探し、人材探し、適性判断なんてとこに向けてみたら?




もう完全な個人情報です。

でも、それを提示する事で様々な恩恵を蒙る事が出来るなら?


そして、それが自分だけでない似た他者にも援用してもらえるなら?


適材適所をマッチングさせる。

一方向的消費型でない、社会還元的サービス。

働きたい人も、人材を探しているところにも喜ばれるサービスのような気がします。


まあ、勿論Googleとしてはそれよりも広告の方が収益に繋がるというリサーチがあってでしょうけどね。

であれば、広告とは別に、好みから予測される適性、人材マッチングサービスみたいなものも取り組んでみたら面白いのじゃないかと思います。

次々消費から、循環であったり還元される仕組みへ。

F1なんかがそちらに向かいだしたと言う事は、やはり循環、還元、エコ、リサイクルを重視する企業が選ばれ、信頼される企業となっていくのかもしれません。

できれば売り上げとかだけでなく、エコ度、社会への還元度、そんなものが各社を比較する指標として出てきてくれても良いのじゃないかな~なんて思ったり。


使う事で、実は還元されていた、役にたっていた。

そんな社会は、無理でしょうか?
[PR]

  # by julajp | 2008-01-06 03:03 | 小難しい話

MGユニコーンガンダム、組み立て中

MGユニコーンガンダム、組み立て中





いや~、2008/1/2に MGストライクフリーダム フルバーストSPが有ったんだよな~なんて先日のブログでアップしていたのですが・・・。

別のところでMGユニコーンガンダムが有ったので確保してしまいました。

再販来るまでいいかな~とか思っていたのですが、MGディスティニーのエキストリームブラストVerだったり、上述のストライクフリーダムフルバーストSP Ver見ちゃうとせめてSp Verでも・・・なんて感じになっちゃっていたのですよね。

子供がお年玉もらったので1/3に任天堂DSのゲームを買うんだと言う事で、市内回って見たのですがなかなか見つからず(と言うか売り切れ)車繰り出してあちこち回っている最中に見つけてしまったなんて感じでした。

・・・。

自分のを確保しちゃったので、DSソフトの方はめぼしいとこ7軒ほど回ったのですが見つからずでした。


1/5は嫁さんが車つかうので車で出歩けず・・・。
じゃ手付けちゃうかなんて感じです。


機体が元々白ベースですから、特別塗装考えずにパチ組みでも結構良さそうですしね。

購入した1/3は置いておいたのですが、1/4晩からガサゴソ。

ボディ白いとこぐらいは墨入れらしき事しておくかとランナーの状態で墨入れ。

濃度濃い目で墨というか線引きそこねたかのようになってしまっていますが・・・。

所詮素人作業なので、許して~。

ゲート跡のやすりがけもして居ませんが、一応ナイフで多少は綺麗にするようにはしています。

あと、発光樹脂が被さるグレーのフレーム部分だけ、銀色塗ったりしています。

と言っても、ゲルインクの銀色ボールペンでなんですが・・・(爆

てな具合で格闘中です。

先日参考にさせて頂いたレビュー記事見させて頂いていたところ、素組みで6時間なんて書かれていたのもあったのですが、中途半端に処理増やしているのでなかなか終わらない~。

やっとこさっとこ、ここまで。





あんなもの(脚)飾りです と言う訳にもいかず一休み中。

素人作業でグダグダですが、形になったらまた晒しあげようと思います。

しかし組んでも組んでもパーツが無くならない錯覚に陥るのは私だけ?
[PR]

  # by julajp | 2008-01-05 21:11 | ガンダム

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE