タグ:コラブロ ( 13 ) タグの人気記事

 

dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅4/4(お試し編-後編)

dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅4/4(お試し編-後編)

2008/01/26(土)表参道ヒルズに行って来ました。
と言うのも私の本家ブログfc2ブログで登録、ブログブログプロモーションプログラムで利用させて頂いているコラブロさんで 表参道ヒルズ|Omotesando Hillsでの東芝モバイルノートPC  dynabook SS RXの体験イベント「dynabook SS RX Cafe」を体験レポートしてくださいと言う案件に応じさせてもらってのものでした。

写真多めの道中レポート風味になってしまいましたので4部に分割しています。


写真上に番号入っていますが、別ブログ(みんカラ)のフォトギャラリーの番号を継承しています。


1



モバイルというと、状況に応じたパフォーマンスの切り替え、省電力、ワイヤレス通信機能
これらは是非備えていて欲しいところですが・・・

それを「インテル Centrino Duo プロセッサー・テクノロジー」を搭載する事で可能にしているそうです。

2008春モデルの RX1/T9Eでは
動作周波数1.2GHzの「インテル Core 2 Duoプロセッサー超低電圧版 U7600」にブラッシュアップ


但し今回のデモで使わせてもらった機種は

「インテル Core 2 Duoプロセッサー超低電圧版 U7500」
動作周波数1.06GHz
「モバイル インテル945GMS Expressチップセット」、
「インテル PRO/Wirelessネットワーク・コネクション」
の構成

それぞれの協調でバッテリ駆動時でのパフォーマンスの可変と消費電力の低減などを高次元で可能にしてくれるそうです。

いわゆる待機時間などで液晶、CPU、HDD出力を絞ってバッテリー駆動時間延長に寄与してくれるって奴ですね。

軽量省電力に寄与するフラッシュメモリドライブ搭載機では64GBフラッシュメモリドライブ
HDD搭載機では80GB(5,400rpm、Serial ATA対応)

結構な容量を確保してくれています。

それでいてHDDモデルでは1.8型ハードディスクではなく、データアクセスの速い2.5型ハードディスクを採用しているとのこと・・・。

(保障期間が過ぎたあたりになるとディスクも換装したくなったりしますが、2.5型だと選択の幅もコストの点でも有利ですよね)




HDDフォーマット後の実使用容量は70GB程度。

システム回復オプション領域(約1.5GB)、リカバリ領域(約3.9GB)、その他ディスク管理領域ってとこみたいです。

因みに上記以外のすべての領域はNTFSでフォーマットされているそうです。

この辺作りこみによって以下のスペックを叩き出している

兎に角軽く長時間、耐久性を優先するならフラッシュメモリドライブ

モバイルに限らず様々な用途を考えた場合はWindowsXPダウングレードも可能なHDDモデル

企業での大量一括クライアントユースでは更に光学ドライブレスもいける。

なんてチョイスが出来るみたいですね。

■64GBフラッシュメモリドライブ

バッテリパック5800装着時:約12.5時間
バッテリパック2900装着時:約6.2時間

863g(バッテリパック2900装着時)
983g(バッテリパック5800装着時)
(2900/5800両バッテリパック付属)

■HDDモデル
バッテリパック5800装着時:約11.0時間(※23)
(バッテリパック5800が付属)

◆DVDスーパーマルチドライブ搭載機
1,094g(バッテリパック5800装着時)


◆DVDスーパーマルチドライブ非搭載機
1,014g(バッテリパック5800装着時)


また更に、2008春HDDタイプの3モデル(RX1/T8E・T7E・S7E)ではWindows XPダウングレード権の行使が可能だそうです。
(リカバリCDが付属)
詳細はこちらを確認してみてください。
 OS環境についてのお知らせ

2


HDD搭載モデルも上述の液晶天板バスタブ構造のようにデータの保護はしっかり考慮


3


で、キーボード右上にある右側のボタン

これ、屋外での外光を取り込み表示に役立てて省電力に利く半透過型液晶への切り替えスイッチ。
バックライトON/OFFボタンだそうです。

4


こっちは画面が見えるように撮影していますが・・・

5


上記画像のコントラストや明暗調整をして、他の写真とほぼ同様としてみました。

流石に地下で太陽光とか無いのでキチント見えませんが、確かにバックライトオフされてます。


6


もう最近の液晶の斜めからの視野率とか言っても仕方無いというか、キチント見えます。

しかしそれよりも、やはり液晶部分の薄さですね。

そしてキーボード部分

コーヒーや各種ドリンクなどこぼしてしまった場合、復旧不能となってしまう可能性が高いですが、そちらも考慮、対策した作り。
(保証関連は又別とのことですが)

動作中のノートPCのキーボード部分に100ccの水、コーラ、コーヒーをそれぞれ注ぎ、作成中のデータを保存するまでの一定時間、電源ショートなどが起きないことを確認するテストをクリア。

▼コーラ100cc浸水テストのムービー

▼コーヒー100cc浸水テストのムービー


キータッチは東芝の従来機どおりのタッチフィールですね。
流石にデスクトップ等の専用のキーボードでなくノートPC用のキーですのでフィーリングはそれなりです。。


コンパクトボディのスペースをいっぱいに使った大型キーボードを採用し、19mmのキーピッチ、2.0mmのキーストロークを確保。さらに、キーボードを支えるベースカバーにリブ構造を施すことにより、しっかりとしたキータッチを実現。デスクトップPCクラスのスムーズなキー入力が可能です。



でもサブノート向けのタッチに一度慣れてしまえば「そうそうこの軽めの感触」と言ういい感じなんですよね。
B5サイズで下手にストローク深すぎたり入力圧が高いと逆にストレス感じちゃうのです。
なぞる、もしくは触れるような感覚でさらさら入力していく感覚とでも言ったらいいでしょうか。
サブノートはこういう入力感覚が寧ろ馴染むような気がします。

A4などの大型のものはしっかりしたキータッチの方がやはり好ましいですが、コンパクトなB5サブノートだと、
そのサイズに応じた入力し易い感触と言うか、フィーリングがあるのですよね。

おそらく手をすぼめるような形での入力になりがちだからなんだと思います。

この辺は良く煮詰まって居るな~という気がします。


7


裏面部、写真右奥がぽこっと膨らんでいるのがDVDスーパーマルチドライブの下に配置されたPC-Cardスロット。
最初、USB2.0ポートが左右に分割しつつ3ポートも配置されているので、流石にPC-Cardスロットはもう無くなっちゃったあと思いましたがいやいや健在。
開発サポートなんて時も、過去の依存機種サポートなんてシーン等々、PC-Cardスロットが必要になっちゃったりもするかもしれませんしね。


あと、PC-Cardスロットの端面ですが、本体外周と面一ではありませんでした。
PC-Cardスロットが若干へこんだ状態で配置されているので、おそらくPC-Cardコネクタ類の出っ張りもある程度隠してくれるみたいですね。

因みに自分が使っているデジカメのメディアがコンパクトフラッシュなので、PC-Cardアダプタ経由で見られると嬉しかったりします。

それでいてサブのコンパクトデジカメはSDカード。

両メディアが使えるのは嬉しいですね。


PC本体底面をあえて平面とせず、立体性を残す事で捻れなどの強度確保、冷却系への工夫としているのでしょうか。

一つ前の写真、ガラステーブルへの写りこみを見て頂くと判り安いと思いますが、液晶基部側の方が確実に高くなっています。
昔のDynaBookSSシリーズは割とぺったり張り付いてしまう感じで置いておくだけでも結構熱発していたのですよね。

dynabook SS RX では空間確保で放熱にも寄与しているものと思われます。
しばらく弄った後で裏面に手かざしてもこれは?というような熱気も特に感じられませんでした。

まあ冷え易いガラステーブルが影響していたなんて事もあったのかもしれませんね。

因みにSS 3020/SS DS50C はこんな感じだったのですよね。あまり空間やスリットが無く熱を逃がしにくいというか。





いや流石、長年モバイルPC作り込んで来ているだけあるな~と言う出来栄え。

レイアウトから来るケーブルや機器類の干渉などについては、後は実際に使い込んでみないと不具合や不満点見えてこないかな~と思えました。

この大きさ、軽さ、バッテリーの継続時間だと、ブログのイベントなどには是非持って行きたいとこですね。

休日でのイベントの帰りなどはロマンスカー使っちゃうケースが殆どで、その帰りにイベントでの新鮮な印象ズラズラ書きとめておきたかったりします。

この dynabook SS RX1 だと、まさにそういう用途で能力最大発揮してくれそうなんですよね。

その気になれば取り溜めた写真をCD-RやDVD-Rに焼きこむ事も可能でしょうし、ブログの原稿を書く事もできそう。

可能であれば過去に利用していたSSシリーズからの進展具合確認しつつ、是非使ってみたい一台です。


4部構成記事



dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅1/4(訪問編-前編)
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-631.html(fc2ブログ)
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/7599576/(みんカラ)
http://julajp.exblog.jp/8091707(exciteブログ)



dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅2/4(訪問編-後編)
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-632.html(fc2ブログ)
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/7599698/(みんカラ)
http://julajp.exblog.jp/8091779(exciteブログ)



dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅3/4(お試し編-前編)
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-633.html(fc2ブログ)
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/7599782/(みんカラ)
http://julajp.exblog.jp/8091812(exciteブログ)



dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅4/4(お試し編-後編)
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-634.html(fc2ブログ)
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/7599889/(みんカラ)
http://julajp.exblog.jp/8091893(exciteブログ)



関連フォトギャラリー


表参道ヒルズ1/2:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
表参道ヒルズ2/2:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview



dynabook SS RX Cafe 1/4:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
dynabook SS RX Cafe 2/4:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
dynabook SS RX Cafe 3/4:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
dynabook SS RX Cafe 4/4:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview



Libretto20:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
DynaBook SS 3020:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
DynaBook SS DS50C:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview




[PR]

  by julajp | 2008-01-27 22:49 | パソコン

dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅3/4(お試し編-前編)

dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅3/4(お試し編-前編)

2008/01/26(土)表参道ヒルズに行って来ました。
と言うのも私の本家ブログfc2ブログで登録、ブログブログプロモーションプログラムで利用させて頂いているコラブロさんで 表参道ヒルズ|Omotesando Hillsでの東芝モバイルノートPC  dynabook SS RXの体験イベント「dynabook SS RX Cafe」を体験レポートしてくださいと言う案件に応じさせてもらってのものでした。

写真多めの道中レポート風味になってしまいましたので4部に分割しています。


写真上に番号入っていますが、別ブログ(みんカラ)のフォトギャラリーの番号を継承しています。



さて、ではこの辺から本題のPCの様子など。

3


「指紋センサ」が中央に配されたタッチパッド。
あまりにピカピカで何か押すのを躊躇してしまう感じ。

タッチパッドは感度調整なんてしつつ慣れちゃうしかないですね。
タッチパッド右端にしこまれた、スクロール機能も慣れると便利ですね。
いちいちカーソルをスクロールボタンに合わせる必要も無いです。

「指紋センサ」は指先でなぞると指紋認証が可能らしいですが流石にその辺お願いしだすと時間がいくらあっても足りそうもないのでパス。

どうも、登録済みユーザーであればWindows Vista Businessの起動からログオンまで指1本でおこなえるらしいのですけどね。

ブルーLED風の各種インジケータも、すっきり爽やかな感じでいいですね。


因みにSS 3020 SS DS50C はこんな感じだったのですよね。



これらに比べるともの凄いスタイリッシュ。
良い感じのブラッシュアップ進んでいる感じですね。

4


本体左側面

電源コネクタ
RGBコネクタ
USB2.0
i.Link(IEEE1394)
排熱口
USB2.0
マイク入力
ヘッドホン出力
ボリュームダイヤル


ボリュームダイヤルの直ぐ上、キーボード面左下の小さな穴はマイクになっているそうです。


おまけ
SS 3020/SS DS50C はこんな感じ




5


本体右側面
液晶ヒンジの部分にセキュリティ・ロックスロット
LANコネクタ
USB2.0
ワイヤレスコミュニケーションスイッチ
(電波を発してはいけない場所などで使用する際に、無線通信機能の電波の発信を停止するスイッチ)
DVDスーパーマルチドライブ
DVDスーパーマルチドライブの下白い小さなボタンが見えているのがPCカードスロット用のボタン
そしてSDカードスロット

おまけ
SS 3020/SS DS50C はこんな感じ




6


この薄さ、空間の中で

DVD-RAM書き換え 最大 3倍速
DVD-RW書き換え 最大 4倍速
DVD-R書き込み 最大 8倍速
DVD+RW書き換え 最大 4倍速
DVD+R書き込み 最大 8倍速
CD-RW書き換え 最大10倍速
CD-R書き込み 最大16倍速
DVD-ROM読み出し 最大 8倍速
CD-ROM読み出し 最大24倍速
12/8cmディスク対応、USB接続
バッファアンダーランエラー防止機能付き

なんてDVDスーパーマルチドライブ

モバイルPCでここまで網羅されているのは嬉しいですね。

7


LCDを包む蓋部分なんですが、マグネシウム合金のバスタブ構造だそう。
(今はもう当たり前になっちゃいましたが、マグネシウム合金最初に採用したのは東芝らしい)

天板から側面部を一体化した継ぎ目のない立体構造でねじれやたわみなどによる液晶パネルの破損を防止しているそう。

モバイルPCだと書類やノートの間に挟み込むような形での持ち運びになるので液晶を保持する蓋のしっかり具合は必須なんですよね。




それでいて後述する写真でお見せするように、液晶部分かなり薄い。

で、NotePC開閉の際、中央に限らず端を持ちながら開閉試してみましたが緩すぎず、硬すぎず捻れタワミも少な目で開閉アクションできていました。

こういうモバイルユーズだと電車の中など結構慌てて蓋を閉めたりしちゃうケースもあるのですが、このくらいしっかりしているといいですね。

ただし、両手でバランスよく、もしくは中央部で応力逃がしながら静かに開閉してあげるのがやはり長持ちの秘訣とは思いますが。


デザインにも意味があって、”満員電車での圧迫や落下などの衝撃を吸収し、ダメージを軽減するプロテクト構造を採用”とのこと。

・ラウンドフォルム
・プロテクトラバー
・応力分散ドーム式構造
・HDDクラッシュを防ぐ「東芝HDDプロテクション」
・ウォータープロテクション







因みにこんな試験もしているそうです・・・。

あくまでテスト項目で無故障保証ではないそうです。
しかし、モバイル用途を十分検討したうえでの品質テストの一環としてここまでテストしている訳ですね。


注意書き引用

※無破損、無故障を保証するものではありません。 
※これらのテストは信頼性データの収集のためであり、製品の耐落下衝撃性能や耐浸水力、耐加圧性能をお約束するものではありません。また、これらに対する修理対応は、無償修理ではありません。落下、浸水後はかならず点検・修理(有償)にお出しください。 
※浸水・排水処理後には点検と修理(有償)が必要となります。




机の端からノートPCを落としてしまった場合などを想定し、製品を75cmの高さから落下させるテストを実施。その後に電源を入れて、正常に動作することを確認するテストをクリア。

▼75cm落下テストのムービー


LCDカバー全面に均等に100kgfの圧力を10秒間加え、LCDパネルが割れないこと、その直後に電源を入れてOSが正常に起動することを確認するテストをクリア。

▼面加圧テストのムービー



8



液晶はWXGA(1,280×800ドット)の12.1型ワイド
一般的なXGA(1,024×768ドット)の約1.3倍の表示領域になってくる形

確かに横に余裕があるのでブラウザとブログ入力画面やドキュメント作成アプリパパッと切り替えながらも楽勝って感じです。

視認性も写真の通りで良好。
上の写真見返して頂ければ判るように横幅の余裕が嬉しいですね。

また半透過型液晶を採用していて屋外でも見やすい工夫。
光を外光を利用してしまう事で省電力にも効果ありとの事。
(ワイヤレスコミュニケーションスイッチ OFF 機能での省電力もやはりモバイルでの電池寿命考えての事ですよね)

12.1型ワイド液晶搭載PCでは世界初なんだとか

YouTubeなんてもためしてみましたが有線LANでなく無線LANにも関わらず軽々再生してましたよ。
まあ無線LANの環境条件がいいと言うのもあるのかもしれませんが。



4部構成記事



dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅1/4(訪問編-前編)
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-631.html(fc2ブログ)
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/7599576/(みんカラ)
http://julajp.exblog.jp/8091707(exciteブログ)



dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅2/4(訪問編-後編)
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-632.html(fc2ブログ)
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/7599698/(みんカラ)
http://julajp.exblog.jp/8091779(exciteブログ)



dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅3/4(お試し編-前編)
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-633.html(fc2ブログ)
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/7599782/(みんカラ)
http://julajp.exblog.jp/8091812(exciteブログ)



dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅4/4(お試し編-後編)
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-634.html(fc2ブログ)
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/7599889/(みんカラ)
http://julajp.exblog.jp/8091893(exciteブログ)



関連フォトギャラリー


表参道ヒルズ1/2:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
表参道ヒルズ2/2:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview



dynabook SS RX Cafe 1/4:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
dynabook SS RX Cafe 2/4:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
dynabook SS RX Cafe 3/4:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
dynabook SS RX Cafe 4/4:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview



Libretto20:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
DynaBook SS 3020:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
DynaBook SS DS50C:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview




[PR]

  by julajp | 2008-01-27 22:44 | パソコン

dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅2/4(訪問編-後編)

dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅2/4(訪問編-後編)

2008/01/26(土)表参道ヒルズに行って来ました。
と言うのも私の本家ブログfc2ブログで登録、ブログブログプロモーションプログラムで利用させて頂いているコラブロさんで 表参道ヒルズ|Omotesando Hillsでの東芝モバイルノートPC  dynabook SS RXの体験イベント「dynabook SS RX Cafe」を体験レポートしてくださいと言う案件に応じさせてもらってのものでした。

写真多めの道中レポート風味になってしまいましたので4部に分割しています。


写真上に番号入っていますが、別ブログ(みんカラ)のフォトギャラリーの番号を継承しています。


ところで今回のイベントのセッティングは PC Cafe 風。

Cafe にセットされたノートPC に触れて見て下さいと言う形ですね。
とは言っても PC Cafe ショップだけでない色々なシーンも想定したディスプレー。

店頭で様々なメーカーの機種が所狭しと並べ立てられているのとは異なった展示スタイル。

椅子に腰掛けながら、あるいは深々と座り込みながら。
実際にNotePC使うのってこんな感じですしね。

こじんまりとした一画でありながら、落ち着き、寛ぎ、ちょっと立ち寄り、集中、そんな様々なシーンが cafe ショップを中心にしてさりげなく作り出されていました。(しかもあくまでコンセプチュアルキャンペーンなので飲み物は無料~)


2



B3Fに出現したCafeスペース

表参道ヒルズ1階大階段から降りてきて折り返して来ると、この向きが正面になります。

3


こちらの写真はその反対側

4


Cafeスタッフの方に声掛けさせて頂き写真撮らせて頂きました。
きりっとしつつの笑顔が素敵

5


実際に椅子に越し掛け、何か飲みながら試すことが出来るように設置されています

6


PCカフェ風のただずまい

7


こっちはビジネスとライフシーン混在どこでもしっかり使える本物志向コンセプトと言うか

8


dynabook SS RX シリーズが Windows Vista Business正規版搭載。

そのへんもあり、また昔からのコンセプトとして継承している、ビジネスシーンでしっかり使える1台、そんなあたりをイメージさせるディスプレー ですね

写真には収めていませんが、スーツを着たビジネスマン風の人がちょっと書類作成しているような演出もされているようでした。

これがなかなか決まっていましたね。

もしかしたら広報担当の方とかだったのかな?

1


こちらは書斎や自室、クリエーティブスペースを模したような感じですね

2

こちらはまさにカフェの一画と言った感じ

3


これなんかはクッションがあるのでリビングと言った雰囲気も。
ここだと写真もあれこれ撮り易そうでしたので、ここでdynabook SS RX 使用感など試させてもらう事にしました。

土曜のお昼時で人もまばらでしたので、思う存分写真撮らせてもらいました。


4


で、場所を決めるやすかさず上述のカフェのお姉さんがお飲み物いかがですか~とにっこり。
カフェカウンターできりっと立っている様子が結構絵になっていて印象的でした。

・エスプレッソコーヒー
・オレンジジュース
・ミネラルウォーター

無料ドリンクサービスは上記3種類で、寝ぼけた頭をしゃきっとさせる!為にもエスプレッソをお願いしました。
なかなか香り、コクとも良かったですよ~。

尚、2008年から dynabook SS RX にも搭載されているインテル Centrino プロッセサー・テクノロジーのロゴが刷新されたとの事。

ノートPC系での特徴はこちら
インテルR CentrinoR プロセッサー・テクノロジーの特徴

仕様、技術面などのより詳細な情報はこちら。
高解像度、デジタル・エンターテインメント、高パフォーマンス、より長いバッテリー持続時間を実現するノートブック PC - インテルR CentrinoR プロセッサー・テクノロジー


6


そして実はコラブロさんの関係でこちらに来ました~と言うとプレゼントが貰えると言う事だったのですが、それがこれ。
黄色、ピンク、紫、緑、白と色々な様々な色がありましたが手堅く黒を頂きました。


8


因みに頂いたメモ帳ですが、メモ帳部分末尾がクリアフォルダーになっています。

時刻表やToDoリストみたいなものなども一緒に入れておけるのがとっても 便利


1



そして背表紙からバンドが出ています。
クリアフォルダ部分にちょっと厚手のものを入れてしまった場合もそれでバラける事無くキチンと閉じておくことができます。
クリアフォルダ部分は前後に厚手の仕切りが付いているのでメモ帳用紙側が痛んだりへこんじゃったりするのも防いでくれているようです。

ちょっとプレゼントと侮っていましたが結構本物志向だな~。

このキャンペーンの本物志向を意識したセレクトなのでしょうか。

おざなり、いい加減ではないしっかりしたチョイスが好感持てます。
製品作り、そしてそれをきちんと伝えるキャンペーンや広報の場でも、こういう拘りとか視点が反映されているのは嬉しいですよね。


ところでメモ帳表紙には”Rollbahn”の文字

綴られている言葉はおそらくドイツ語あたりなのでしょうか
気になって検索してみると、メモ帳ファンには絶賛の逸品のようですね。
サブノート、モバイルと共に歩み、利用シーンもしっかり考え、またサブノートユーザーの声を一生懸命聞いているからのチョイスなんだとしたら、とても好感度アップです。

モバイルなどを好み、自分なりの最適を追いかけていくとこういうところに辿りつく。
ある意味こういう小物のチョイスにこそ、モバイルユースに繋がる必然性や意味性が詰まっていたりしますからね。


”Rollbahn”絶賛ファンの方々のブログはこの方々あたり起点に探すと面白そうです。
っていうか嵌ります。
ヤバイです。

H O W E * G T R: Rollbahnのノート!

旅のおとも:Rollbahnのメモ帳 - みんなのてしごと


輸入元はこちららしい。

DELFONICS Products

こちらサンプル写真のページ



7



手帳に話がそれてしまいました。
なんとか話を戻して本題へ~。

席にあった dynabook は2007秋冬モデルの一つ
TOSHIBA dynabook RX1/T7A PARX1T7ALA


念のため dynabook SS RX 2007秋冬モデルのページはこちら


他の席では更にブラッシュアップされた2008春モデルも展示。


ところでちょっとそこの旦那に奥さん!?

実は、キャンペーンに参加すると抽選で1名、まさにこのテーブルのモデルがプレゼントで頂けるんですよ。

コラブロさんなどに登録してこういうキャンペーンに参加。
後は運を天に任せて~なんて具合です。


2


更に、会場各NotePC脇に置いてある今回の dynabook SS RX Cafe イベントについての簡単なアンケート。
こちらに応えると、丁度NotePCを模したかのような薄型スリムな埃取りがもれなくいただけます。
写真の白か黒のいずれかです。

こちらのスリムコンパクトなスタイルも出張族、モバイラーには嬉しいアイテムですね。


イベント参加が期間前日、記事アップが期間終了後になってしまいました。
もしも同様のキャンペーンが再びある際は、是非皆さんもご覧になられたりキャンペーン参加されて見てはいかがと思います。

や、ドリンクも無料で何杯注文してもOKですし、PC試すふりしつつドリンク注文しながらお姉さんを見に行くのも一計かと(オオ~イ



4部構成記事



dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅1/4(訪問編-前編)
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-631.html(fc2ブログ)
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/7599576/(みんカラ)
http://julajp.exblog.jp/8091707(exciteブログ)



dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅2/4(訪問編-後編)
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-632.html(fc2ブログ)
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/7599698/(みんカラ)
http://julajp.exblog.jp/8091779(exciteブログ)



dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅3/4(お試し編-前編)
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-633.html(fc2ブログ)
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/7599782/(みんカラ)
http://julajp.exblog.jp/8091812(exciteブログ)



dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅4/4(お試し編-後編)
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-634.html(fc2ブログ)
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/7599889/(みんカラ)
http://julajp.exblog.jp/8091893(exciteブログ)



関連フォトギャラリー


表参道ヒルズ1/2:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
表参道ヒルズ2/2:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview



dynabook SS RX Cafe 1/4:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
dynabook SS RX Cafe 2/4:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
dynabook SS RX Cafe 3/4:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
dynabook SS RX Cafe 4/4:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview



Libretto20:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
DynaBook SS 3020:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
DynaBook SS DS50C:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview




[PR]

  by julajp | 2008-01-27 22:41 | パソコン

dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅1/4(訪問編-前編)

dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅1/4(訪問編-前編)

2008/01/26(土)表参道ヒルズに行って来ました。







Powered by IgWebCap

dynabook SS RX Cafe

と言うのも私の本家ブログfc2ブログで登録、ブログブログプロモーションプログラムで利用させて頂いているコラブロさんで 表参道ヒルズ|Omotesando Hillsでの東芝モバイルノートPC  dynabook SS RXの体験イベント「dynabook SS RX Cafe」を体験レポートしてくださいと言う案件に応じさせてもらってのものでした。

写真多めの道中レポート風味になってしまいましたので4部に分割しています。


写真上に番号入っていますが、別ブログ(みんカラ)のフォトギャラリーの番号を継承しています。


因みに、イベント参加道すがらのフォトギャラリーはこちら。
お暇ありましたら覗いてみてやってください。

表参道ヒルズ1/2:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
表参道ヒルズ2/2:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview


先ず東芝さんのdynabook SS RXページトップのコトバ

dynabook SS RXシリーズ トップページ


薄くて軽いけれど、キャシャだったり、バッテリが持たなかったり…。
東芝は、こうしたモバイルの不安や不満を解消するために、
22年にわたるノートPCづくりで培った差異化技術と豊富なノウハウを結集。
薄さと軽さ以上に技術的なハードルが高い堅牢性や長時間駆動なども実現しました。
モバイルに求められるすべてをここに。
待ち望んだ真のモビリティが、RXからはじまります。



そして3つの世界一、3つの世界初を実現したとの事


dynabook SS RX1/T9E と言うフラッグシップの機種では
以下の3つの世界一を実現

【世界一1】 薄い!
12.1型ワイド液晶搭載、光学ドライブ搭載PCで、世界最薄の約19.5mm!

【世界一2】 軽い!
12.1型ワイド液晶搭載PCで世界最軽量の863g!

【世界一3】 ロングバッテリ駆動!
付属のバッテリパック5800装着時で、世界最長の約12.5時間駆動!




dynabook SS RX1/T9E と言うフラッグシップの機種では
以下の3つの世界初を実現

【世界初1】 屋外でも見やすい12.1型ワイドWXGA半透過型TFTカラー液晶

【世界初2】 薄さ約7mmの DVDスーパーマルチドライブ内蔵

【世界初3】 64GBフラッシュメモリドライブ

熱対策など東芝の独自技術で大容量化を可能にした64GBフラッシュメモリドライブを搭載。本体の軽量化はもちろん、HDDに比べてPCやアプリケーションの起動が速くなり、またデータアクセスの最適化により低消費電力も実現しています。


さらに、インテル® Centrino® Duo プロセッサー・テクノロジーを搭載!!
高いパフォーマンスと優れたバッテリー持続時間、高度なワイヤレス通信を実現しています!



という事。

もう大分前になっちゃうのですけど、まさにモバイル必須の状況で仕事していた事があります。


それでlibretto20 DynaBookSS 3020 DynaBookSS DS50C



なんて使ってました。
ガンガン使わせてもらっていたのでかなりボロボロですが。
中国に持っていったり、日本国内連れ歩いたり、神奈川から幕張まで持っていっていたり。

興味持って頂けた方いらっしゃいましたら、コメント付きフォトギャラリーちょっと覗いてみて頂けたら嬉しかったり。

Libretto20:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
DynaBook SS 3020:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
DynaBook SS DS50C:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview

ところで、どこにでも持ち歩いてガンガン使いたいノートPCって


  • 軽くて頑丈、取り回しが良い

  • 見やすくバッテリーの持ちが良い

  • ディスク容量もたっぷり

  • 光学ドライブ搭載

  • 外部機器による拡張性にも優れる

  • 任意に省電力に切り替えられる

  • 豊富な拡張性、接続性の確保

  • メモリ最大容量もがっちり確保

  • 出来ればビデオアクセラレータ、メモリも変にけちらない

  • (昔のサブノートって描画、表示で圧倒的にボトルネック起こしてしまうケース良くあったんですよね)


この辺をしっかり網羅しているサブノートって、まさに理想なんですよね。

そんなところで各特徴どんな様子なのかと見てきました。



4部構成記事



dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅1/4(訪問編-前編)
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-631.html(fc2ブログ)
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/7599576/(みんカラ)
http://julajp.exblog.jp/8091707(exciteブログ)



dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅2/4(訪問編-後編)
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-632.html(fc2ブログ)
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/7599698/(みんカラ)
http://julajp.exblog.jp/8091779(exciteブログ)



dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅3/4(お試し編-前編)
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-633.html(fc2ブログ)
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/7599782/(みんカラ)
http://julajp.exblog.jp/8091812(exciteブログ)



dynabook SS RX Cafe 探訪と邂逅4/4(お試し編-後編)
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-634.html(fc2ブログ)
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/7599889/(みんカラ)
http://julajp.exblog.jp/8091893(exciteブログ)



関連フォトギャラリー


表参道ヒルズ1/2:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
表参道ヒルズ2/2:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview



dynabook SS RX Cafe 1/4:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
dynabook SS RX Cafe 2/4:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
dynabook SS RX Cafe 3/4:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
dynabook SS RX Cafe 4/4:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview



Libretto20:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
DynaBook SS 3020:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
DynaBook SS DS50C:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview




[PR]

  by julajp | 2008-01-27 22:35 | パソコン

【コラブロ】企画【第 8 回】「ネ タ の タ ネ」に応募

【コラブロ】企画【第 8 回】「ネ タ の タ ネ」に応募

コラブロに登録すると、コラブロがあなただけの「ブログ履歴書」を作ります。
と、ブログの履歴書を作ってくれるコラブロ

fc2でのメインブログ
fc気まぐれなるままに~?!
で登録、参加させて頂いています。

Powered by IgWebCap


そのコラブロで昨年から企画されている

お題を通じてブロガー同士話題を共有してみましょうと言う企画


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌─  【第 8 回】「ネ タ の タ ネ」 2008年1月9日
│○\ ………………………………………………………………………………
\\│ 気になる話題を選んで書こう! 【コラブロ】
─+ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

情報はこちらのブログから提供されています

ブログにタネを蒔きましょう~ネタのタネ事務局ブログ~




コラブロ事務局スタッフが「グッ」とくるような記事をアップしてくれた

1名様には、最大1000万回の広告露出をプレゼントします♪

(コラブロ会員さんに貼ってもらっているブログパーツ上部の広告枠を利用します)

さらに、優秀作品に選ばれた5名様には手作り果実のジャムセットをプレゼントいたします♪




ある意味大喜利みたいな感じ



折角書く記事、時に熱く語ってみたい!

どこまでネタが通用するのか?

上手く行けば色んな人に見てもらえるかも?



なんて感じでちょっと試して見るのも面白そうです。


もしも、”手作り果実のジャムセット”なんてもらえちゃったらそれはそれでラッキーですしね。

ただ、それにはコラブロへの登録が必要

パーツが貼れないブログもあり、その場合履歴書は上手く作れないそうですが、登録、サービス利用は大歓迎だそうです。

以前参加させて頂いた、第一回コラブロの未来を語る会でそういうお話聞かせていただきました。


コラブロ事務局さんのブログ記事はこちら
コラブロ事務局のブログ:【活動報告】コラブロの未来を語る!ブロガーインタビューを開催しました! - livedoor Blog(ブログ)


参加させて頂いた私の記事はこちら
第一回コラブロの未来を語る会参加(Photoダイジェスト) fc気まぐれなるままに~?!



ネタ、お題に詰まってしまう、同じようなお題で他の人がどんな記事書いているのだろう?
そんな悩みや興味ある人には試して見て面白いのではないかな~と思います。

登録して試してみようかな~と言う方はこちらからどうぞ。






という事でやっと本題

【第 8 回】「ネ タ の タ ネ」

☆「コメントがたくさんついた♪」「何だか書いてて達成感があった!」  理由は何でも構いません!アナタのブログの一押し記事を紹介してください。

こちらのお題で参加させて頂こうと思います。


●ブログとマーケティング

2007年夏からコラブロさんや他社さんのブロガーイベント系などにいくつか参加させて頂いて居ます。

当然の事として、それには商品やサービスを広めたい、アピールしたいというコラブロさんのクライアントがあっての事。

今までそんな意識全然無かったのですけどね。

その辺から、ブログが段々マーケティングのツールとして利用できないのか?
そんな動きが具体的に動きだしている事を知るようになりました。



●作られた話題とは違う、ユーザー側の声

ただ、テレビ番組などが視聴率を最優先して行き過ぎた番組作りをしてしまう。

その辺が色々明らかになってきて、テレビやマスコミ媒体って、本当の事を流しているわけじゃないんだよな~
そんな事を意識せずには居られなかったり。

また、何か値の張るものを買う時には、メーカーの宣伝文句どおりでない、買った人の声が聞けたら?
そんなところからレビュー系サイトやガイドページなんても流行ってきていますね。

その辺で、やはりネットで何か情報無いかと調べたくなる。


●ブロガーに記事を書いてもらう

そういう時にイベントレポート、試用レポートなんてがあるとなかなか興味深いです。

そして、いざ自分がそういうイベントに参加させて頂いた際などは、利用者だからこその視点で記事が書けたらな~と思います。

だって、ライターさんとかは、やはりメーカーさんとかスポンサーとかしがらみ多くて本当のところは書きづらかったりするでしょうし、
試用レポートでもなければやはりプレスキットベースでの記事になっちゃうでしょうし。


でもこちらは原稿料を頂くライターさんでは無いので、その辺のしがらみはとても少ない。

だからと言ってこき下ろしてしまえば良いという訳ではありませんが。


●宣伝の肩代わりでは意味ないし・・・

面白そうなサービスや商品を取り上げる際は何か宣伝屋になっていないか?
そんなとこはなるべく注意したいです。
頂いたお題によっては、ちょっと葛藤もあったり。



●ネットだからこその思いの循環と言うか

そんな中で2007/10/30に、「佐野元春ブロガーミーティング」なんてがあったのを見かけました。



COYOTE - 第一回「佐野元春ブロガーミーティング」開催される - Moto's Web Server


いわゆるイベントだと、お~面白そうなレポートだな~。
とか、いやそれもっと違うんじゃない?とか逆にそうだそうだ~
なかなか興味深いな~
なんて感じのが多いと思います。


でも、「佐野元春ブロガーミーティング」関連の記事はどれも何かが違う。

ネットの中を静かに、でも熱く巡る不思議なオーラと言うか。


これって一体なんだ?

そんなとこでざ~と追いかけつつ、その意味を考えてみたりしました。

それがこの2本セットの記事。



「佐野元春ブロガーミーティング」があったそうです


何故ブロガーに?佐野元春ブロガーミーティングに思う




もう本当勢いで書いちゃった~と言う感じだったりします。


「何だか書いてて達成感があった!」

への応募として、上記の2本を応募させて頂こうと思います。


●ネットとブログがあるからこその相互作用?

そして、上記の記事などは、


第一回コラブロの未来を語る会参加(Photoダイジェスト)


こちらに参加させて頂いたりした事で、ブログってなんだろう?

これからブログが行く方向ってどんなものがあるのだろう?

趣味や日常を綴る以外にも、何か方向性みたいが無いのか?

できれば、ネットやブログを通じてメーカーさんと意見交換などして、対話できたら?

そしてより自分好みの製品などを利用する事が出来たら面白そうだな~なんて思うようになってきました。


●ブログが持つ潜在的なベクトル

今はそういう力とか求心力まだまだ小さいみたいですけど、ブログってそういう方向性もあるんじゃないか?

すると、消費者という括りから抜け出して、メーカー側と対話・交流できるユーザー、そんなとこにシフトしたら面白そうだな~なんて思います。

それにはやはりそれなりの目がないと難しいと思うのですけどね。


●ユーザーとメーカーやクライアントのハブ

そういう時、例えばコラブロさんなどがハブの役目をしてくれたら?

クライアントの要望を落としてくるだけじゃなくて、こんなブロガーさん達がいますよ~。
ブロガーコミュニティがありますよ~。
この辺のブロガーさんと対談とかしてみませんか~


そんな逆提案、逆方向の動きが出たりしたらとても面白そう。

それには、ブログの書き手の質だったり品格みたいなものの向上も求められちゃうとは思いますが。


●ネットを通じたメディアの楽しみ方の逆提案

ネットがありブログがある。

今までの既成のメディアから、データと言う形でユーザーが自分なりの楽しみかたを味わえる。

それであれば、今までのようなパッケージングを越えた製品やアイテムのアピールの仕方、届け方を検討していく必要があるのじゃないか?

それにはブログを通じて、こんな楽しみ方をしている、そんな事をどんどん記事にしていく事も意味がありそうです。

ユーザー側からこんな風に出来たらいいのに。
なんて提案や意見が出来たら。

ただそれには、単純なな個人よりは、ちょっとしたプロジェクトやコミュニティと言ったまとまりが無いとキチンとした取り組みになりにくいとは思います。

そんな将来を願っての応募とさせて頂きます。



そんなこんなで、先日こんな関連エントリーも書いちゃいましたが。


”ウェブにある限り、いつもそこにある”より連想 (01/13)

ブログ開設当初を回顧、そして嫌儲絡みの話へ (01/13)

嫌儲属ブロガー科→嫌儲属アフィリエイター科 (01/14)





因みにうちのブログは車、ガンダム、ネットなどの話題がメインです。


2007年、年間で良くご覧頂いていた記事はこの辺の記事だったりしています。
宣伝宣伝~(笑


New Fiat 500 Abarth Sketch_Picture_Movie(フィアット500 新型発表-アバルトは東京モーターショーで) fc気まぐれなるままに~?!

ニッサン・デュアリスIMPULパーツもいいですね fc気まぐれなるままに~?!

ガンダムゲーム新作「Gundam Mod 3.0」?(Homeworld 2) fc気まぐれなるままに~?!


あ、そういえば”さらに、優秀作品に選ばれた5名様には手作り果実のジャムセットをプレゼントいたします♪”って事でしたよね?


手作り果実のジャムセット


でネットを調べたら楽天のショップさんでこんなのがあるようなのですが。

これなのかな???




お試しジャムセット(3本)


これなかなかおいしそうですね~。
いただけたら嫁さん子供も喜びそう。

是非是非宜しく~ m(_ _)m
[PR]

  by julajp | 2008-01-14 17:14 | インターネット

第一回コラブロの未来を語る会参加(Photoダイジェスト)

第一回コラブロの未来を語る会参加(Photoダイジェスト)





ブログやっててよかった コラブロ
Powered by IgWebCap

“ブログ履歴書”を作成してくれる“コラブロ”のサービスを提供しているバズマーケティング。

このコラブロを利用させて頂いています。


こちらの案件の中で”第一回コラブロの未来を語る会-ブロガーインタビュー”というものがあり、応募してみたところお誘いを頂けました。


内容は

コラブロのサービスについて、一緒に考えてください!


コラブロの「ブログ履歴書」や「おねだり」、「おしごと」の内容などを、より良くしていくため一緒に考えてくださるブロガーさんを募集いたします!




と言うこと。


企業さんであったり、サービスに対してメールや電話で問い合わせるなんて事はできても(でも、面倒なのでやった事ありませんが・・・)まさか面と向かってお話できる!

そんな機会って滅多に無いですよね。

これは、サービスに対して言いたいこと言えるチャンス!?とばかりに勇んで行ってきました。






内容など細かい事は後日として、とりあえず当日のフォトレポートと言う感じで記事アップしてみます。

もしも参加された方や、コラブロ登録されていて、一体どんなイベントだったのだろうか?なんて思われる方いらしたら、参考にしていただけたら幸いです。

って言っても肝心の会議は、会議室で好きに意見や感想述べていた感じですので写真までは撮っておらずあしからずです。




こんなとこで集合でした

全員集まったところで、男女に分かれて第一部の会議となりました。

1時間ではとても短い・・・。
なかなかの白熱の中ミーティング終了。

そしてラウンジに戻って第二部、お楽しみのフリータイムと相成りました。




様々なケーキ





飲み物もオーダーすれば色々~。





こんなケーキを頂きました。





帰りに袋




KIHACHIのお菓子でした




あっという間に消えてなくなりました~。


上記の写真ですが、下記、みんカラフォトギャラリーにコメント付きの写真その他にもあれこれアップしていますので宜しかったらご覧下さいませ~。

第一回コラブロの未来を語る会01:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview


第一回コラブロの未来を語る会02:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview


第一回コラブロの未来を語る会03:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview



因みにコラブロの具体的なサービス内容や一体どんな感じなのか?はIT系などの各種メディアが取り上げているこの辺の記事を見て頂ければ判りやすいのじゃないかと思います。



もしもなんらか興味湧かれたようでしたら、私が以前書いた記事ですがこんなとこ見ていただけたらもうちょっと詳しいところ掴めるかと思います。



コラブロ企画メーテレ防災グッズ(準備編1)



コラブロ企画メーテレ防災グッズ(準備編2)



コラブロ企画メーテレ防災グッズ(準備編3)



コラブロ企画メーテレ防災グッズ(準備編4)



コラブロ企画メーテレ防災グッズ(準備編5)



上記の記事内で取り上げさせて頂いた各リンク先の記事を検索で調べた程度ではありますが、今良く耳にする、クチコミ、CGM、バズ、バイラル、インフルエンサーなどがおぼろげながら見えてきた感じです。

既存のマスコミが一方的に流す、もしくは落としてくるのとは異なったマーケティングの潮流なんて感じでしょうか。

企業が広告代理店を通じて-TV、ラジオ、新聞、雑誌といった一方向的なマスメディアで宣伝、広告を行う。

こういう仕組みが定着してしまうと、その枠組みで業界が出来、専門家、権威などの住み分けができてしまう。

このやり方、戦後の復興期や大量生産で市場がにぎわっている、また消費者もそれで満足できるうちはとても効率が良いようです。

しかし、バブル崩壊後の停滞した経済、エコ・リサイクル、温暖化への関心の高まり。

広告代理店と企業、マスメディアが最大限利益を享受できるマーケットでは成り立たなくなりつつあるようです。

するとそもそも製品を欲しがっているのは誰か?

コンシューマと呼ばれる消費者の声をいかに吸い上げるか?

その辺、企業さんが気づきだしたようです。

大手広告代理店さんは、広告を企画し投下する事には長けている。

しかし消費者の声を吸い上げるノウハウは乏しい。

また、既存のマス・コミュニケーションを前提として業界の流路が出来上がっているので、その前提を覆すのは難しいようです。


すると、今まではニッチや隙間に過ぎなかったものが模索される。

消費者はどう思っているのか?

良く発言する消費者は?

その点でブロガーは自分の興味、関心、好みにそって自発的に発言をしている。

ならばそのブロガーの声を上手い事拾い出す事ができないか?

消費者であるからこその具体的な用途や悩み、感想を聞かせてもらえないか?

更に、そのブロガーに製品を紹介してもらえないか?

そういう動きは当然出てくると思います。

ある意味まだまだ暗中模索の中、各社最適を出すべくトライしたり、独自性を出そうと色々思案しているなんて感じのようです。


こちらは、そのコラブロ企画であったおしごとの1つです。


コラブロ-リクルートエージェントセミナーダイジェストレポート(2007/09/15開催)



コラブロ-(リクルートA)リクルートエージェント転職セミナー-参加


こちらのセミナー体験を通じて、コラブロさんの取り組みに対して思った事などを実際にお会いして投げてみたなんて感じでした。


コンシューマーの声を吸い上げていく、新らしい取り組みとしての Webマーケティング なんてを知っておくのは、非常に有益なのではないかと感じています。


こんなところなんかから情報拾って見るのも面白いかと思います。

Webマーケティングガイド┃Webマーケティング情報ポータルサイト




参加されていた男性の方々


■しなぷす
しなぷす: ブロガーイベント報告
サッカー、ゲーム、趣味を中心に書かれています。
コラブロリクルートエージェントさんのイベントでご一緒させていただきました


■タクミログ
コラブロさんのイベント
アイディアを形にするベンチャーでお仕事
その辺の視点交えた記事を書かれているようです


■地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記
コラブロ経営戦略会議に参加:地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記
読んで字の如く、地方の中規模印刷会社のWebディレクターさん
コラブロリクルートエージェントさんのイベントでご一緒させていただきました


■コンサルタントになる方法
コラブロリアルイベント|コンサルタントになる方法。
労務コンサルタントを目指す社会保険労務士さん


■ブログのタネ
コラブロ(ブログ履歴書作成&ブログお仕事依頼サービス)のおしごとをしてきましたー。 :ブログのタネ
WEBディレクターさん、ネタの種を集めて記事書かれてます


■『組織×従業員エンゲージメント構築』とは?
『組織×従業員エンゲージメント構築』とは?
【ケーススタディ】 無機質と有機的のバランス ~コラブロ・カンファレンスにて~|『組織×従業員エンゲージメント構築』とは?
組織エンゲージメント構築屋さん


■fc気まぐれなるままに~?!
第一回コラブロの未来を語る会参加(Photoダイジェスト) : fc気まぐれなるままに~?!
自分のブログです。趣味系~?


参加されていた女性の方々


■WOMANIA
WOMANIA | ブロガーイベントに参加してきました。
コスメ関連を軸に兎に角行って試してとレビューが充実


■スイーツに夢中o(=^○^=)o アーン♪
新宿でやるイベントに行ってきます!|スイーツに夢中o(=^○^=)o アーン♪
色々なイベントにアクティブに参加されているようです
あ~、YouTube Mixに行かれたようです。案件いただけてましたがちょっといけませんでした。
ストームトルーパーはおそらくダニーチューさんなんでしょうね


■MIRACLEブログ☆
MIRACLEブログ☆
スイーツ系が多いみたいなんですが、本館ではイラストも描かれているようです


■kazumiの日記
kazumiの日記 | 第一回コラブロの未来を語る会
お弁当、育児、日記をお中心に書かれています


■FLAT OUT
FLAT OUT
F1大好きな女性


■陸~な日々
陸~な日々。:第一回コラブロの未来を語る会に行ってきました
グルメ、旅行とマイレッジ情報書かれています


■ぴよぞーのおきらく日記
ぴよぞーのおきらく日記:コラブロのイベント - livedoor Blog(ブログ)
音楽、本、日記、心と体など書かれています


■日刊くまちょきん
So-net blog:日刊くまちょきん:営業さん、がんばって!
日記、お勧め、広告など書かれてます
[PR]

  by julajp | 2007-10-29 01:06 | インターネット

コラブロ-リクルートエージェントセミナーダイジェストレポート(2007/09/15開催)

コラブロ-リクルートエージェント転職セミナーダイジェストレポート(2007/09/15開催)

2007/09/15(土)に開催されたコラブロの案件
”リクルートエージェントセミナー”参加での講演/面談/パークハイアット東京での様子ひとまずアップします。

体験イベント案件の提示のあったコラブロについてはこちらのリンク参照願います。

ブログやっててよかった コラブロ
Powered by IgWebCap


以下がコラブロから案内頂いた案件です。


【ハイアットでランチ会議付】ブロガーの目でセミナーを評価してください!

リクルートエージェントのセミナー

▼ITエンジニアのための社内SE求人公開フェア

9月15日(土)新宿で開催の【ITエンジニアのための社内SE求人公開フェア】にリポーターとして参加いただける、IT/インターネットに詳しいブロガーさん、ITエンジニアのブロガーさんを募集します。

フェアにご参加いただいた後には、弊社スタッフとパークハイアットでランチをしながら懇談の機会を設けます。

「セミナーをよりよくするために」「もっとここが知りたい」などのお話を聞かせてください!
お聞かせいただいた内容は次回のセミナーに反映する予定です。



このリンク、当該セミナー主催するリクルートエージェントのHPに飛びます。
転職・求人情報満載:転職支援のリクルートエージェント
Powered by IgWebCap


転職と言う言葉、まあ気にはなるのですが、案件のタイトルにある”ITエンジニア、社内SE”となるとちょっと方向が違うのでどうかな~とは思いましたが、【ハイアットでランチ会議付】につられて応募していたところ、コラブロよりお誘いありましたので参加させていただきました。


細かい内容についてはまた後日、時間みながらぼちぼち記事を起こしてみようと思います。
取り急ぎダイジェスト版と言う感じで、当日の様子を写真メインでざ~っとレポートしてみます。

以下の写真はこちらのフォトギャラリーにまとめて置いてあります。
フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 20070915コラブロ-リクルートエージェントセミナーリポーター01




新宿西口地下ここで事件が・・・?! 1024*669



旅行記・体験記などで良くやる、駅周辺から実際の会場に到る経路写真などを想定。
先ず新宿到着して、西口地下からスタートの積もりで一枚写真に。

ここで一眼で写真撮ったのが運の尽き。職務質問になっちゃいました。迂闊。
写真を撮る時は、盗撮や隠し撮りなどと思われるといやなのでしっかり構えてちゃんと撮ります。
しかし新宿であり、交番近く、更に右に写っていた警官の方が居たのが不味かった。

詳細を書くと完全に記事ができてしまいますので、時間取れたら記事にはしてみたいと思いますがとりあえず以下のリンク紹介させて頂きます。

アーミナイフ 所持(十徳)、軽犯罪法違反で捕まりました: butcher blog
コラブロイベント参加後、こちらと全く同じ状況でした。これはこれで理不尽がまかり通る貴重なお勉強?!させてもらった形です。

”小畑健 ナイフ所持”関連のニュース記事はちらっと見かけていましたので、あ~これか・・・と思いながら、押し問答、時間の無駄、所持品押収を避けるべく、可能な限りスムースに事が運ぶように心がけました。
怒っていたり、非協力的だと先ず出てこないような微妙なヒントも引き出せました。
そのヒントの方向で進める事で、所持品の方も無事回収できました。
が、やっぱり嫌~なストレス結構残りますね。
逮捕じゃ無く、また逮捕履歴では無いけれど、軽犯罪法違反での書類送検扱いになるとの事でした。
(本当にそうなのかは良く判りませんが)

関連リンク
秋葉銃刀法のウソ
カスタムナイフ【JKG】ジャパン ナイフ ギルド Japan Knife Guild
【警察の提灯記事】オタク狩りに対抗?「アキバ」で銃刀法違反の摘発急増 魁!清谷防衛経済研究所 /ウェブリブログ
はてなブックマーク - asahi.com:オタク狩りに対抗?「アキバ」で銃刀法違反の摘発急増 - 社会
心にハリ 銃刀法

神聖マルチ王国: 小畑健逮捕に見る、ナイフ所持に言い訳が出来ない現実について

こんなところで検索かけてもらうと、色々わかるかと思われます。

軽犯罪法 銃刀 小畑健

軽犯罪法 銃刀 

不用心に写真を撮ったために職務質問になってしまいましたが、イベント参加で都合がある事をプリント物と共に見せながら説明。
すると、イベント終了後に新宿署に行って欲しいとのことでした。

と、言う事で気を取り直してリクルートエージェントセミナー体験の様子




社内SE求人会場受付 640*480


若いお姉さん方が受付やセッティングなど忙しそうでした




講演会場 800*521


9:50頃到着。既にいらしていたブロガーの方々。



タイムスケジュール 1024*683


まずはこちらで流れの紹介



社内SEの最新転職事情 800*533


”ITエンジニアのための社内SE求人公開フェア”講演会で使われるパワーポイントの写しです。
実際のフェアでの講演で、こちらの写しに沿った同様の講演をされていました。



人材紹介会社の仕組み 800*533


こちらはフェア講演会では講演されないものですね。
企業向け説明などで使われる資料です。



リクルートエージェントの上手な活用法 1024*682


こちらはフェア参加者に配られるもの



転職市場は日進月報 2007/08 1024*682


こちらはフェア参加者に配られるもの



以下の写真はこちらのフォトギャラリーにまとめて置いてあります。
フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 20070915コラブロ-リクルートエージェントセミナーリポーター02





新宿センタービル51Fからの東京都庁色味無補正 683*1024


新宿センタービル51Fですので新宿以下周囲が一望できるのですよね



新宿センタービル51Fからの東京都庁色味補正 683*1024


寧ろ、ここから何枚も風景写したかったりしていました。
お断りして、開始までの間撮影してしまえば良かったか・・・。

上の写真は色合いとか補正していません。
部屋の中から見えた色合い、景色に近いです。

で、こっちは色味を若干補正。

高層ビルの窓ですので、太陽熱など遮るように色フィルムなどで遮熱及びミラーコートされているのでしょうね。

irfanviewと言うソフトの自動補正機能利用です。
コートで利用されている色の分を落として、色味をあげるとこんな感じのようです。



転職成功キット[社内SE編] 466*640


フェア参加者に配られるもの



転職成功キット[社内SE編]中身 1024*683


フェア参加者に配られるもの



転職情報検索用PC(apple iBook) 600*800


非公開求人情報などが検索できるPCです
クリアフォルダに収められた紙に印刷された求人票も用意されていました。



CA(キャリアアドバイザー)との面談イメージ 800*590


2007/09/15フェァではCA4人いらっしゃったようです。
我々はゲストで模擬面談でしたので時間の都合で二人一遍に、CAお二方のいづれかの方とお話させて頂きました。


以下の写真はこちらのフォトギャラリーにまとめて置いてあります。
フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 20070915コラブロ-リクルートエージェントセミナーリポーター04




CA(キャリアアドバイザー)との面談イメージ 800*600


今回は模擬面接体験のため、2名づつアサインという形でしたので、流石に個人的な相談などはしづらい状況で、CA(キャリアアドバイザー)の方との雑談となってしまった感じでした。
もしも一対一となるようだったら、模擬的な相談させて頂きどんなアドバイスとなるのか真面目に体験してみようかなと思っていました。
たので、その昔に書いた職務経歴も用意していたのですけどね。
流石に対面の人と一緒だと気恥ずかしくできませんでした。



CA(キャリアアドバイザー)との面談イメージ 800*600



以下の写真はこちらのフォトギャラリーにまとめて置いてあります。
フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 20070915コラブロ-リクルートエージェントセミナーリポーター02





セミナー講演会の様子 500*375


実際の講演会の様子。
2007/06にも同様のフェアがあり、そちらの方が参加者多かったとの事です。
時期的なものもあるんじゃないかと思います。



求人情報検索端末(iBook) 800*600


iBook、ください!(ぇ

こちらは非公開の求人情報ですので、外部接続は無しのようでした。

私住まいが神奈川なので、自分の好みの業種に近そうなもの+神奈川を条件に1~2件検索してみましたが結果はゼロ。
エリアを関東にまで拡大すると都内での求人が数件でてくる感じでした。

流石にハローワークなどとは訳が違って、即戦力が求められる転職情報と言う事で何でもかんでも検索対象と言う訳では無さそうですね。




おみやげ 転職面接必勝法 640*642


パークハイアットでのランチ会議も終了してお開きの際、おみやげ頂きました。

なんだなんだ、楽しみ~と見てみたら そのものズバリの本でした・・・。

でも、なかをパラパラ見ると転職を考える前や、就職してある程度落ち着いたりしたら真っ先に読んで置くことを寧ろお勧めする内容だな~と思ったりしました。

自分自身が周囲にガンガン積極的にアピールしていくようなタイプじゃ無いですので、早くにこういうの知っていたら・・・と思える事満載でした。

「転職面接必勝法」内容の詳細とレビューはこちら


以下の写真はこちらのフォトギャラリーにまとめて置いてあります。
フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 20070915コラブロ-リクルートエージェントセミナーリポーター03





パークハイアット 東京 入り口オブジェ 1024*671


パーク ハイアット 東京 | 東京,新宿,ホテル,ウェディング,レストラン
Powered by IgWebCap

体験セミナー会場から、タクシーで パーク ハイアット 東京 まで移動 



パークハイアット 41F ピークラウンジ 683*1024


パーク ハイアット 東京 | ピークラウンジ,ランチセット,アフタヌーンティー
Powered by IgWebCap




パークハイアット 41F ピークバー 800*599


今回の本当の目的、昼食!(なのか?

前菜、メイン、ドリンクの軽いランチでした




パークハイアット ランチ 前菜 1024*683


にんじん、シメジソテーと挽肉パイ 生ハム・香草添え ってところでした。

どれもいい具合に馴染んでいて、メインディッシュ前などの前菜に程よいものでした。



パークハイアット ランチ メインディッシュ 牛肉の場合 1024*683


私はこちらを頂きました。

確かオーストラリア産牛肉
とてつもなく柔らかかったです。
切り分ける最中から崩れていく。
口の中にいれると、大して噛まずにほぐれてす~と喉を通っていっちゃいました。

もうちょっと歯ごたえあってもよかったかな~と思ってみたりもしちゃいましたが。



パークハイアット ランチ メインディッシュ 若鶏の場合 1024*683




パークハイアット ランチ メインディッシュ 秋刀魚の場合 1024*682




パークハイアット ランチ 食後ドリンク 860*874


紅茶は各種茶葉のものがあれこれ選べるようでした。
クッキー1つづつ、別の小皿に盛られていましたがそれは写していませんでした。

おいしい料理があると、やはり和んだ形で話が進みますね。
こういうちょっとした食事付きのセミナー体験レポート非常に良いと思います。

また是非!美味しいものを~ い、いやセミナー等体験イベントをお願いします。
[PR]

  by julajp | 2007-09-16 11:13 | インターネット

防災、被災時対応って考えてますか?(コラブロ企画防災コミュニティ関連)

防災、被災時対応って考えてますか?(コラブロ企画防災コミュニティ関連)




2007/08現在、ブログと企業を繋ぐコラブロ、コラブロ企画 メーテレ防災グッズに参加させて頂いています。





以下のコラブロサービスの企画で・・・





ブログやっててよかった コラブロ

Powered by IgWebCap







こんなコミュニティに参加させて頂いています。


防災コミュニティ

Powered by IgWebCap







因みにこのコミュニティは以下のedita.jp【エディタ】と言うところに登録する必要があったりします。


edita.jp【エディタ】:ブログと読者がもっとつながる

Powered by IgWebCap





そんな訳で、防災、震災、被災関連の情報については自然と目が行ってしまう状態です。



実は、8/11に行われた防災コミュニティオリエンテーションで、まさにバーチャル震災という事でシミュレーションゲームやシチュエーションゲームみたいなものがあったら面白いかも?なんて事が話題にあがったりしたのですよね。

また、当然ではありますが災害用伝言板なども話題に上がりました。



そんなこんなでネット見ていたところ、丁度以下の Yahoo! JAPAN - 新着情報 が目に止まりました。



まさにうってつけの防災情報でしたので、紹介させてもらっちゃいます。











Yahoo! JAPAN - 新着情報 > 話題先読み情報


2007年8月29日(水)版より







防災について考えてみよう



31日から9月5日は防災週間。カロリーメイトの「防災検定」で、防災理解度をチェック。東京ガスでも防災シミュレーションゲームを公開予定。ドコモauSBMでは、災害用伝言板体験サービスを実施。福井晴敏執筆の「平成関東大震災」も役立ちそう。10月1日からは緊急地震速報始まります













新しい出会いによるオモシロ商品



世界陸上が盛り上がりを見せるなか、コクヨが特設サイトで世界陸上ひらめき製品を毎日公開。gigabeatは製品カラーに合わせた「日本の伝統色」を、サイトで表現。アサヒビールとカゴメは、コラボで新しい商品を誕生させました。キョロちゃんと防災の意外な関係もチェック。










9月は防災の週間だったりもすると思います。

各地域や会社での呼びかけ、関連情報の展開などもあると思います。



TVやネット、ニュースや話題に上る機会増えると思いますので、各御家庭単位などで防災、被災時の行動について改めて見直してみるのも良いかもしれませんね。



[PR]

  by julajp | 2007-08-30 04:04 | 地震、災害

コラブロ企画メーテレ防災グッズ(準備編5)

コラブロ企画メーテレ防災グッズ(準備編5)

所信表明?




本コラボ案件参加にあたって所信表明の要請などがあったようです。


先ずはここに登録してコミュニティーとして意見交換できるようにする。
edita.jp【エディタ】:ブログと読者がもっとつながる



コラボするのに、所信表明って、何か身元を特定されているかのような感じがする?
元々、コラブロ自体でリサーチしたうえでの案内承認なのでは?
にも関わらず所信表明って?


相互に身元の確保?


クライアントであるTV局の側からしたら、どんな人が取り組むのか?を知って、コラボレートたいはず。
そんなあたりを考慮してのコラブロ運営側からの要請であったのかもしれません。


ステルスマーケティングの予防

また、前述のステルスマーケティングとならない為の予防線なのかな~と思えたりします。

元々の募集人数もかなり絞られていますし。


ブログの匿名性


ブログの気軽さとしては、ある程度匿名性を確保したうえで書きたい事を書く。

所信表明みたいなもので、縛られる、もしくは誓約みたいな形となるのを気にする人も案外いるんじゃないかとも思えます。


誰、どんな人が参加しているのか?

でも、実はおそらくこの辺で立ち位置の確認もされているのかもしれません。

TV局というマスメディアがコラボ相手となると、やはりしっかりした取り組みが必要。


今後潜在的な問題が発生しうる事をなるべく減らしておく意図もあったのかもしれません。


競合他社、関連グッズメーカー社員などは、やはり居ない方が問題となりにくいでしょうし。


ブログの社会的な認知とポジション

2007年8月時点だと、世の中の風潮としては勤務先の会社でブログをやっている事が明らかになることは、
まだあまり望ましくない事が多いのではないでしょうか?

旧来からのそれなりの企業に勤めている方などは、マスメディアが関連する案件でコラボする事で、不用意に身元が明らかになるような事などは嫌うんじゃないかと思います。

企業の体制、体質、風潮みたいなものでもまた違うかと思われますが。


そうなると、edita.jp【エディタ】への登録、所信表明などは自然と避けるようになると思います。


積極的に参加できる人、もしくはそういう属性があるのでは?


このため、個人会社、主婦、学生、職業ブロガーなどは、属する会社などのしがらみが無いでしょうから存分にコラボできるのかもしれません。

逆の見方をすると、マスメディアがクライアントである場合の案件など、ブロガー個人の存在が明らかになりうるものは、しがらみが少ないブロガーでないと参加したくても参加できない、そんな見えない構図があるのかもしれません。

やはり普通の生活があって、その延長でいかに取り組むか?

前にも引用させてもらいましたがこの記事。




[N] ジャンルを絞って書かないとホームページを作る人のネタ帳さんのようにはならないんだよ

でも、そんなうまくいくのだろうか?
例えば個人の人がブログを始めてみるなんて事はごく当たり前のことであって、そういう人は今、学校へ通っていたり、仕事をしている人がほとんどだろう。

そんな人がホームページを作る人のネタ帳さんさんを参考にしても、よほどの事が無い限りうまく集客していけるわけがない。

毎日ジャンルを絞って大量にはてブされる記事が書けますか?

けっこう大変なのでネタはこのくらいに‥‥ぼくからしてみれば「ホームページを作る人のネタ帳」さんの方がすごいと思います。

ジャンルを絞り、みんなが役に立つと思うエントリーをコンスタントに届けることを継続してできている訳ですからね。

これは、

・ネタを探す能力
・ネタを考える(組み立てる)能力
・心をとらえる文章を書く能力

などが揃わないとできないことなのではないかと。

簡単には真似できないな?と思って、拝見させて頂いていました。

そういう意味では“芸”なのです、きっと。ネタフルもたくさん更新するという“芸”かもしれません。




参加したくても、不安が残る?

コラボ企画には興味があって参加してはみたい。
けれど、立場を考えると参加は見合わせた方が安全。

コラブロのブログ解析でカテゴリーやレベルなどの適合があって、折角スカウト対象としてノミネートされたとしても、
案件によっては承認を見合わせる、見合わせざる得ないケースもかなりあるのではないかと思えます。


もしかしたらブログに取り組む、続ける事自体の社会的ステータスアップが必要なのかも?


その辺では、ブログを誰がやるのも当たり前、半ば個人の権利、取り組むことで社会的なステータスがアップする、そんなところまでブログの位置づけが上がりうるなら、またもっと様々な人々が気軽にコラボできる状況ができるのかもしれません。


自分の日常、今の生活がどうしても基本となるでしょうから、一般消費者がコラブロ案件に継続的、集中的に取り組んでもらう事は意外と難しいのかもしれません。

(メーカーが用意したコミュニティーで、匿名・開示を好みで選択して継続的に取り組むのは容易かもしれません)


関連会社、半職業ブロガーさん、インターネット関連で仕事をしていてブログを書く事はむしろプラス、ネットワークビジネスなど兎に角人と繋がる事が重要な人々などは逆にチャンスとして活かせるかと思います。


一方TV局は、番組やそこから出される商品、情報を打ち出す為のスタッフが居て、そこに資金を投下して調査・取材番組化する事が仕事。


コラボと言っても、実は見えないしがらみなどまだまだ難しい状況にあるのかもしれません。
[PR]

  by julajp | 2007-08-14 11:54 | インターネット

コラブロ企画メーテレ防災グッズ(準備編4)

コラブロ企画メーテレ防災グッズ(準備編4)

コラブロって何?

更に追いかけてみます。




バズマーケティングって何?

インフルエンサー? CGM? ステルス・マーケティング? フォークソノミー?



Googleで検索するとこんなページがヒットしました。


クチコミマーケティングを提案する - Buzz Marketing [ 株式会社バズマーケティング]
Powered by IgWebCap

バズマーケティングをワンストップで!
クライアント企業様の商品、サービスの感動を人から人へ伝えるため、インターネット上、リアルなイベント、ウェブコミュニティーの構築、施策を駆使し、ブロガーを代表とするインフルエンサーとクライアント企業様の良質な関係性を構築します。バズマーケティングは最適化されたBR(ブロガーリレーション)を行うことでクライアント企業様の商品、サービスのクチコミ効果の最大化をお手伝いします。

1.プランニング

2.プロモーション実施

3.CGMメディアの構築

4.効果測定





ブロガーとクライアントを繋ぐ新たな代理店
とも言えるのかもしれませんね。



「バズマーケティング」 | ロジスティクス・レビュー 第51号

1 はじめに

 本稿では、近年、口コミが重要視される背景と、口コミを誘発するネットワークのハブ、そして口コミの現代的な意義を述べていくことにする。

2 口コミの重要性 
 まず、バズすなわち、口コミが重要視される背景を見てみよう。ローゼン(2000)によれば、口コミの重要性を高めている理由を三つ挙げている。それは、①ノイズ、②懐疑的態度、③つながりである。

3 ネットワークのハブ 

4 おわりに-市場の接点 

しかし、問題点もある。とりわけ後者に関していえば、製品開発に際して、すべての情報を採り入れることはできず、なにかしらの基準を持って選択をしなければならない。インターネットにアクセスしてくるユーザーは、比較的関与度の高いユーザーが多いため、何かしらのバイアスを否定することはできない。さらには、匿名性が全面に押し出てくるインターネット上では、その選抜方法は今までとは違うノウハウが必要であるといえよう。
 にもかかわらず、消費の多様化だけでなく、製品の短ライフサイクルを特徴とする現代の消費市場においては、市場の動向をいち早く把握し直すには、重要な起点となりえる(岸谷、2002)。セグメンテーションと称し、抽象的に定義したが故に、硬直化してしまう送り手の市場像を変革するには、このような接点を重要視しなければならない。





ブロガーの特徴としては、自分に一番マッチするものは何か?
自分が欲しいものは何か?

それを常に見張って探している、とも言えるかもしれません。

そういう場合、必ずしも万人受けしない。

しかしニーズがあるところには、とてもアピールする。

今までのような、マスを相手とするのではなく、口コミがあるところにいかにアピールするか?
そんな方向に意識を変えていく必要があるのかもしれませんね。




以下、日経BPさんのネットマーケティング用語のページで参考になるコトバが掲載されていました。



バズ・マーケティング - nikkei BPnet

インフルエンサー - nikkei BPnet

ステルス・マーケティング - nikkei BPnet

CGM - nikkei BPnet

フォークソノミー - nikkei BPnet





こちらはバズマーケティング一例の紹介

実例から読み解くバズマーケティング手法 - バズマーケティングとブログを様々なビジネスに活用する方法


広告・マーケティング関連会社の相関が書かれた記事があったので、紹介させて頂きました。

fc気まぐれなるままに~?! 広告関連会社同士の繋がりを書き出した図-広告関連会社相関図 6月号(2007年) : 広告会議

バズマーケティング社は右下にあったりします。



バズマーケティング社の母体がわかります

アライド、セプテーニHと合弁会社「バズマーケティング」設立に基本合意 : Venture Now(ベンチャーナウ)News



実は以前、こんな記事起こしていました。

アルファブロガー、インフルエンサー、それらを通じたクチコミの流路、情報の流れがあるようなのです。

fc気まぐれなるままに~?! 「クローズアップ現代」でブロガー特集





口こみを通じたマーケティングはこんなセッションなども行われているようです。


これ見つけた時は、ちょっと雲の上のお話のようですが、へ~こんな事やっているのかと思いました。

第一線で活躍中のプロがこれからのクチコミを語る:RBB TODAY (ブロードバンド情報サイト) 2007/04/10





一方でこれです。


TV局の番組製作について、2006年から一騒動ありました。


fc気まぐれなるままに~?! あるある大事典、温泉紹介旅番組の作り方(電通)


fc気まぐれなるままに~?! 検証・発掘!あるある大事典(4/3 22:00放映)を観て


また、2007年初頭からの毎日新聞によるネット君臨特集。


佐々木俊尚 ジャーナリストの視点:ブログ - CNET Japan


マスコミの立場と消費者側の立場が乖離してしまっている様子を鋭く指摘されています。


今までのマスメディアの在り方は、既得権益やオーソリティにしがみつくような形で、既に硬直して古くなってしまって居ないか?

そんなところに、序々に視点が向いて来ていたりするようです。



エコやリサイクルそんな意識の広がりも手伝ってか、売れるものやヒット商品よりも本当に必要なのは何なのか?

そういうところに意識が向いてきているようにも思います。
[PR]

  by julajp | 2007-08-14 03:14 | インターネット

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE