タグ:CyberBuzz ( 10 ) タグの人気記事

 

サッポロ一番中華そば本舗旨み醤油ラーメン食す byCyberBuzz

サッポロ一番中華そば本舗旨み醤油ラーメン食す byCyberBuzz

fc2ブログで登録しているCyberBuzz(サイバー・バズ)

こちらのお試し案件でサッポロ一番中華そば本舗旨み醤油ラーメンが届きました



久しぶりにCyberBuzzからのアイテム
今回のアイテムは・・・



ぷちぷちの袋で覆われたカップラーメン二つ



サッポロ一番中華そば本舗 旨み醤油ラーメン
2008/02/25 からの新発売



最近のとんこつベースに様々な趣向を凝らしたのとは違う方向

醤油をベースとしつつ様々なエキスで仕立て上げられた一品


で、実はこの容器
メタリック調に仕立ててあるのだとか

確かに何かキラキラする感じと言うか

出前の入れ物なんてを連想させるためなんですかね



とか言っていたら子供達が目ざとくやってくる

ねぇねぇ~~ちょうだ~~い

そ、それは待った~~。
二個しかないのに食われたら感想が書けん!



え~いいんでしょ~はやくはやく~~

だ・・・ダメダメダメ

あとでな~


となんとかお茶を濁す


ふぅ
食べ物になると簡単には引き下がってくれない。
やれやれ。









で、横にはラーメンにまつわるエピソードのタイトル
裏蓋にどれかのエピソードが書かれている。


因みにキャンペーンサイトがあり、そちらには裏蓋には無い番外編もあったり。

サッポロ一番 : 中華そば本舗

http://www.chukasoba.jp/

で、昔の思い出としてのラーメンって言うと何かエピソードってないかって言うと・・・

ごく小さい頃のたまの買い物ついでのスーパーの上にあるレストラン。

あれって滅多に無いご馳走だったのですよね

まさにサザエさんのレストラン立ち寄りみたいな

そういうとこだと、決まって中華の模様が入ったラーメンの容器

それとチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ

当時はあれもご馳走だったのですよね。

しかしそれが今ではカップラーメンで頂けるとは、いい時代になったもんだ~。





小さい頃は兎も角、就職して仕事に出る

昔は泊り込みの出張も結構行っていたので、お昼は出張先で店探して入る。

いわゆる昔ながらのラーメン屋だとチャーハンや餃子のセットはコストパフォーマンス良いので良く利用した。

そういうお店でも決まって容器は中華模様なんですよね。


キャンペーンページには昭和30年代/40年代/50年代なんてのまとめと簡単な年表なども掲載されていました。

そう言われて見るとノスタルジックな思い出が蘇る事件や出来事。

サッポロ一番 : 中華そば本舗 あの日あおの頃



因みにカロリーは370kcal



そして到着から数日を経て、子供達が忘れた頃

寝静まった夜に頃合を見計らっていざ食す!

風味の素が別袋
これは鶏エキスとおそらく野菜系の風味がこめられたオイル



封を開けると袋は無く既に味の粉末や具が入っている。

具はチャーシュー、なると、メンマ、葱と定番

なので蓋を開けたらお湯を注げばOK




味の程はと言うと

中華っていうと醤油風味であっさりお終い。
なんてのがあったりしますが、全然。

醤油はあくまでベースになっているだけ。そこに様々なエキスが混ぜ合わされている。
豚、鶏、それと野菜の旨み
それらが渾然一体。

でもどれかが目立つという訳でなく、しっかり醤油と混ぜ合わさりバランスしている。

これは絶妙。

あ、葱もなかなかのシャキシャキ感があるのにびっくり。

チャーシュはチャーシュめんじゃ無いので程ほどです。
中華そばのコンセプトを損なわないように適度に控えめの味。
量的にはそこそこ頑張っているのでは無いでしょうか。


裏蓋には、ラーメンや中華ソバにまつわるエピソード。
今回は祖父母編

うちの場合はどうだったっけかな~なんて昔を振り返ってみたりは前述の通り。



なんて訳で、バランス良くておいしい。
濃すぎず、薄すぎず、醤油ベースだけどコクが利いていて、それでいて豚、鶏、それと野菜の旨みが喧嘩せずバッチリのバランス。

一口すすると箸が止まらず一気に食べてしまいました。
スープが絶妙なのでこちらも残さず。

中華ソバとかラーメンだとコショウが置いてあるから思わず振ってしまう。
そういうコショウのパンチも結構利いています。


専用サイト見直してみたら以下の通り
どうりで一気に食べちゃう訳だ・・・


サッポロ一番 : 中華そば本舗 商品内容

上記ページより引用

【麺】
チキンエキスを練りこむことで、スープとの一体感を出した麺

【スープ】
風味豊かなチキン、ポークエキスをベースに鰹、ホタテ、アサリの魚介だしを合わせ低温醸造醤油のまろやかな旨みを活かした醤油ラーメンスープ。別添の調味油は鶏油に、ネギ、メンマの香りを配合し、どこか懐かしく、味わい深い中華そばを演出



以下のサンヨー食品製品情報ページによると以下の通り


サッポロ一番 製品情報 > カップめん > たて型カップ


サッポロ一番 中華そば本舗 旨み醤油ラーメン



懐かしい中華そばの味わいをコンセプトに、複雑系ラーメンとは一線を画すおいしさを実現しました。シンプルながらも、奥深い味わいの醤油スープがもたらすスタンダードな“ラーメン”に、きっとご満足いただけると確信しています。風味豊かなチキン、ポークエキスをベースに鰹、ホタテ、アサリの魚介だしに低温醸造醤油のまろやかな旨みを活かしたスープ。別添の調味油には鶏油とメンマの香りを配合し、どこか懐かしく、味わい深い中華そばに仕上げました。具材は、チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギのベーシックな組合せ。さあ、あの頃のごちそうを再びお楽しみください。





いや、本当にこの味はこれだな~とか逡巡する暇なくお箸が進んじゃうのですよね。
言われて見ると、確かに麺にも味がついていました。

ポーク系は分かるのですが、あとの深みとかコクがなんとも良く判らなかったのですが鰹、ホタテ、アサリの魚介だしがどれかが尖ったり主張しないでいい具合に融合しているからなんですね。

醤油も、醤油のつんとしたところや角が立ったきつい感じが一切無いまろやかなものでした。

これが”低温醸造醤油のまろやかな旨み”で

別添の調味油には鶏油とメンマの香りを配合し、どこか懐かしく、味わい深い中華そばに




しっかり、こってりがいい人にはボリューム感は乏しいかもしれませんが、小腹が空いた際の一杯にはいいと思います。

醤油ラーメンが好きな人は一度試してみておいた方がいいと思いますよ~。

詳細は以下で

サッポロ一番 : 中華そば本舗

http://www.chukasoba.jp/
[PR]

  by julajp | 2008-03-02 20:20 |

国内最大級ブログアワード「JapanBlogAward2008」本日エントリー最終日(2008/02/11)

国内最大級ブログアワード「JapanBlogAward2008」本日エントリー最終日(2008/02/11)

本エントリーはブログプロモーションサービスのサイバーバズ(CyberBuzz)案内に基づき記事にしています。

JapanBlogAward2008
JapanBlogAward実行委員会

http://www.japanblogaward.com/

Powered by IgWebCap

またブログのアワードが一つ開催

最近あった主だったブログの表彰だとこんなもの

アルファブロガー・アワード2007 : Alpha Bloggers

インターネット界の中でも専門性や独特の立ち位置、切り口でなどで、エッジが利いて多くの読者を集めているブログ。



2007年に最も輝いたブログ決める「BLOG of the year 2007」各部門の受賞者を発表
/株式会社サイバーエージェント


タレント、有名人などで圧倒的な閲覧数、人気度の高いブログ


そして今回はブログプロバイダーを横断してのアワード

どんな感じなのか確認


JBAとは のページより
Japan Blog Award 2008 | JBAとは



●VISON

~公正かつ適正な個人ブログの普及と促進~

本アワードは日々、自らが体験していることをお金のやり取りなどではなく
ピュアに、力強く、個性ある内容でブログを書き続けている人を表彰する場を設けたい、
この想いから有志で立ち上げたものです。

複数のブログプロバイダ、ブログランキングサイト、メディア企業からの協力及び、
幅広い審査員の皆様からも審査協力を頂いております。
本アワードの想いに共感いただき、ご協力いただけたことを大変嬉しく思っております。

実行委員だけでなく、ご協力いただく皆様、エントリーいただくブロガーの皆様、
投票いただくブログ閲覧者の皆様とともに、日本におけるブログ文化を更に盛り上げ、
日本からブログ文化を発信していきたい、そう願っております。

実行委員会一同



●本アワードの狙い

一般的に、日本のブログは、専門家によるジャーナリズム型が中心のアメリカのブログと比較して、
日々の生活の記録や、情報の備忘録であることが多いと言われています。

本アワードはそういった専門家やアクセス数の多いブロガーだけなく純粋な気持ちでブログを書いている人達を
応援し、表彰したいと思い開催いたしました。

7つのカテゴリーを設置し、幅広く日々の生活の記録や、情報の備忘録を書いているブロガーに参加してもらい、
日本ならではのブログ文化を盛り上げていきたいと思っています。



●協賛




◆ブログASP
・Ameba(アメーバブログ)(株式会社サイバーエージェント)
・gooブログ(エヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社)
・Seesaaブログ(シーサー株式会社)
・livedoorブログ(株式会社ライブドア)
・楽天ブログ(楽天株式会社)
・Yahoo!ブログ(ヤフー株式会社)

◆ブログランキングサイト
・人気ブログランキング(株式会社カタログ)
・にほんブログ村(ムラウチドットコム)

◆ブログASP
・ RBB TODAY
・ マイコミジャーナル
・ 毎日jp




カテゴリー紹介ページより
Japan Blog Award 2008 | カテゴリー紹介


●カテゴリー
□エンターテイメント
映画/音楽/本・文学/アート/ゲーム/
アニメ・コミック/お笑い etc..

□ペット
ペット/犬/猫/野鳥/昆虫/爬中類 etc..

□趣味・暮らし
グルメ/育児/美容・健康/住まい・インテリア/
ファッション/手芸・工芸/NPO・ボランティア/
趣味/旅行・地域/写真 etc..

□ビジネス
アントレプレナー/ビジネス/金融/マーケティング/
広告/株式・投資/就職活動・新社会人 etc..

□ジャーナリズム
ニュース/経済/政治/国際 etc..

□スポーツ
スポーツ全般/サッカー/野球/釣り/F1/
格闘技/ランニング/ゴルフ/テニス/水泳/
マリンスポーツ etc..

□IT
IT/パソコン/インターネット/技術 etc..



●選考スケジュールは以下との事

・応募受付期間:1月31日(水)~ 2月11日(月)
・一次通過発表:2月14日(木)
・二次通過発表+エントリーシート記入:2月19日(火)
・最終選考発表:2月25日(月) 
・ウェブ上での一般投票・審査員投票:2月27日(水)-3月2日(日)
・各賞選出・表彰式:3月5日(水)



と言う事で、自分の本家ブログfc2の fc気まぐれなるままに~?! で、何の気の迷いかエントリしてみちゃいました。





単純に捉えてしまうと



・商業性が主体となっていないブログ

・アマチュアであるからこその記事内容

・人の純粋な気持ちを大事に

・気持ちや想いが伝わってくるような


なんてあたりで、実生活などからあれこれ想像できたり人々の気持ちが読み取れるようなブログの選出を目指しているようですね。



ところでこの方向性が出てくるのは"ブログ限界論"などで、日本での現状(2007あたり)のブログの分布など業界の中で何らかの共通見解を得たからかもしれません。


2007年に『ブログ限界論』としてカンファレンスが開催されたそうです。

2007-11-23: RTC Vol.28:『ブログ限界論』
RTCカンファレンス - イベント案内


RTCカンファレンスの様子と参加された方々のブログ記事がこちらに詳しくまとめられていました。

チミンモラスイ? : 『ブログ限界論』@RTCカンファレンス [前編]
チミンモラスイ? : 『ブログ限界論』@RTCカンファレンス [後編]

『ブログ限界論』自体は SPAM,SPLOG ばかりが蔓延拡大する事に悲観と憤りとを覚えての話題設定であったようです。

結果的には SPAM,SPLOG は確かにシステムなりなんらか歯止めがかかりやすい方向で方策を見出す必要がある。
が、ブログの絶対数が増え拡散し薄まったから面白くなったかのような感覚もあるのではないか?
よく見ていくと、埋もれて見出し難いが多用なジャンル毎に輝きを放つブログがあり、これらをいかに掘り出しクローズアップしていくか?
そういう取り組みも大事なのではないか、などの方向性に繋がっていたようです。


一方でこういう見解も

「ブログ限界論」を超えるには?インターネット-最新ニュース:IT-PLUS
筆者:藤代 裕之(ふじしろ ひろゆき):ブロガー@ガ島通信

より部分引用


 ブログは「個々人が情報発信する総体が力を持つ」という、これまでのメディアと違う特徴を持つ。ブログネットワークであれば所属しているブロガーが一斉にあるテーマについて書き、ある種の行動やリアルの変化に結び付けていく、というやり方もあるかもしれないが、いまのところ大きなメディア・イベントは「仕掛けられて」いない。

 誤解を恐れずに言えば、収益や影響力に関しての限界はブロガーの持つアマチュアリズムにあるのではないか(メディア化していくブログを運営するブロガーが幸せなのかはまた別の話だが)。「もっと収益を」「もっと社会的影響力を」と言いながら、「ブログは自分用のメモ」「良いコンテンツを書いていればいい」と公言するブロガーがいるが、あまりに甘い考えだとしか言いようがない。音楽や映画といった世界でも、よほどの人ではない限り自己表現とビジネスが完全に一致することは難しいのだから。



藤代氏記事での見解、もしかしたら既に変わってきている等あるかもしれませんが。

個人の趣味で留まっている限りは、それが影響力や収益には結びつかず、ビジネスやイノベーションなどへ繋がる確率も低いのではないかと言う事のようです。

寧ろ、良い意味で商業性の連動、ビジネスにまで繋がる事を考えていく必要があるのでは無いか?
そういう事を提言されているようです。


ところで2008年2月、「日本のブログ数は?」と言う話題が幾つかありました。

日本のブログ数は244万件? 総務省発表は865万 - ネタりか


アンケートによる日本のブログ数は244万件であった。

 これは総務省が発表した865万という数字の3分の1以下である。ブログの著者はこの結果に、「もちろんこの数字が正しいかどうかはわかりません。しかし、自分でブログを書き、さらにこのブログを読んでるように、複数のブログを読んでいる人が感じている実態がこの結果でもあります」と考えを述べている。



因みにこんなキーワードで検索かけると

総務省 865万 -244万 - Google 検索

865万 って2007年末のモバゲー登録者数として出てくるようなのですが、その辺はネタ、って事なのでしょうか・・・?

ネタりかの記事では”総務省が発表した865万”の結果としていますが、日本経済新聞社が国内主要14社の開設数を調べたところ「ブログ開設10人に1人・07年11月1354万件 」なんて記事があったりします。

「ブログ開設10人に1人・07年11月1354万件 」NIKKEI NET(日経ネット):主要ニュース-各分野の重要ニュースを掲載



 個人がインターネット上で手軽に情報発信できるブログ(日記風の簡易型ホームページ)の国内開設数が急増し、1300万件を突破した。日本人の10人に1人が「私のブログ」を持っている計算だ。



日本経済新聞社が国内主要14社の開設数を調べたところ、2007年11月末で計1354万件と、前年同月末に比べ約5割増えた。14社で全体の8―9割を占めるもよう。ただ、休眠状態のブログや1人で複数を開設しているケースもある。






推定244万件と言う数字が導き出されたブログはこちら。

日本のブログ数、アンケート結果発表 (smashmedia)
2008年02月03日

記事部分引用


最後のお願い(http://smashmedia.jp/blog/2008/01/000894.php)を聞いてもらえて(ほんとにありがとう!)最終的には104件のアンケートが集まりました。

結論から言うと、みなさんのアンケートによる「日本のブログ数」は、


244万ブログ


でした。



また、このアンケート集計以前の2007年6月に、別の方がこんな確認されていたりもしました。
シリアルイノベーション > 日本のブログスフィアのサイズは120万人 : ITmedia オルタナティブ・ブログ

実際の活発な書き手がこのくらいだとしても、読者は10倍は見込めるのではないか?
であれば、それなりの影響力なども持ちうるメディアとなってきているのではないか?

と言った事も書かれていました。


推定244万件について言及されていたブログ記事では

上述RTCカンファレンスの主導者のブログ
日本のブログ数は244万 (推定) | 近江商人JINBLOG


そしてこちらでは、データを元に算出、グラフ化、推定にあたっての注意事項など詳しく書かれていました。

日本のブログ数は1300万件もないですよ(200万~300万件ぐらいじゃないですか?)|前向きストラテジー

この記事の中で、”「ブログファン(BlogFan.org)」のブログサービス比較のページにある毎月のアクティブユーザー数。”をベースに算出されていました。


算出元となりデータがあるサイトはこちら

ブログ検索 - ブログ総合情報 - ブログファン
ブログサービス比較 - ブログファン ブログ総合情報






”おまけ”にあった、ブログ数と伸びの状況がグラフ化されているものも興味深かったりします。






やはりブログが多い、また、世界でも有数のブログ記事数を誇るとされていますが、蓋を開けるとSPLOG,SPAMもかなり多いのかもしれません。
実際、検索サービスなどでは意味性などがしっかり判断できず、キーワードで抽出した検索上位記事を引用しつつリンクしたSPLOGなどが排除できずに結構検索上位の結果に表示されていたりもします。
まともな記事ひとつに対して10~20などのSPLOGが沢山あるなんて事もありますし。





因みに Google.co.jp ではなく、Google.com で blog award なんてキーワードで検索してみたら以下のサイトがヒットしました

こちらは年間通じて投票受け付けているようで2008/02現在、2008年版の投票受付中のようです
best blogs | Blogger's Choice Awards

2007でのランキングが以下のページ
(但し年度毎のページでは無い様ですので、2009年と年を越えたら次々繰り上がっていくのだと思われますが)
2007 winners | Blogger's Choice Awards

どういうところから募った募集であるのか?が確認できていませんが。

個人、商業を越えた全領域からオールジャンルについてのBest と、合わせて一つのWorst も投票対象になっているのが面白いです。


念の為できるとこ日本語にしてみました(適当でスイマセン)



  • アニマル(動物、ペット)
  • Best Blog About
  • Blogging Best
  • Blog About Stuff
  • デザイン
  • All Time
  • ブログ ホスティングサービス
  • ビジネス
  • セレブリティ
  • チャリティ
  • 事業
  • 教育




  • エンターテイメント

  • 外国語
  • Geek
  • ゴシップ
  • 健康
  • ホビー
  • ユーモア
  • マーケッティング
  • 育児養育
  • 写真
  • ポッドキャスト




  • 政治
  • ポップカルチャー
  • 地域
  • ショッピング
  • スポーツ
  • 旅行
  • ビデオ ブロガー
  • パパさんブロガー
  • ママさんブロガー
  • Blogger Most Obnoxious
  • Blogger The "Blogitzer"
  • Worst Blog of All Time





この位ジャンルを沢山にして、網羅性をあげるのもなかなか意義深いようにも思えます。


因みに国内アルファブロガー・アワード2007のジャンルは以下となっていたようです。


アルファブロガー・アワード2007 : Alpha Bloggers

IT/インターネット
エンターテインメント
ガジェット
テクノロジー
メディア/広告
ライフスタイル
ワークスタイル
医療
更新停止中
書評/読書メモ
法務
社会/経済
経営 / ビジネス



繰り返しになりますがJapanBlogAward2008 はこんなカテゴリー

●カテゴリー
□エンターテイメント
映画/音楽/本・文学/アート/ゲーム/
アニメ・コミック/お笑い etc..

□ペット
ペット/犬/猫/野鳥/昆虫/爬中類 etc..

□趣味・暮らし
グルメ/育児/美容・健康/住まい・インテリア/
ファッション/手芸・工芸/NPO・ボランティア/
趣味/旅行・地域/写真 etc..

□ビジネス
アントレプレナー/ビジネス/金融/マーケティング/
広告/株式・投資/就職活動・新社会人 etc..

□ジャーナリズム
ニュース/経済/政治/国際 etc..

□スポーツ
スポーツ全般/サッカー/野球/釣り/F1/
格闘技/ランニング/ゴルフ/テニス/水泳/
マリンスポーツ etc..

□IT
IT/パソコン/インターネット/技術 etc..


より個人的な取り組みのブログに焦点をあてるのだとしたら、□ジャーナリズム(報道)って括りはどうなのかな?って思ったりします。

報道 - Wikipedia

個々のジャンルについて論じたり意見したりするのは容易だと思いますが、報道って今のところ個人では非常に困難でしょうし。
ただし、報道ポータルみたいなサービスが出来、現行のマス・メディアでは無い、個人発の記事を専門に取り扱う、報道ポータルみたいなものがあれこれ出来ればそれは又別かもしれませんが。

一応、CNetなどの読者ブログやNewsingなどもそういうものになるのかな?


また以下のようなものも取り上げてみたらどうなんだろうか?
とも思ってみたりします。

学術
アート
ビデオ、動画
科学
テクノロジー
教育
医療
ノンジャンル
クロスオーバー



いずれにしても、単一なランキングでは無い、様々な切り口、様々な視点からの多用な評価軸が増える事はブログを活性化するのにはとても有効なんじゃないかと思います。

そして、アメリカチックに”これはどうよ?”というサイトを投票し浮き彫りにできるような取り組みや仕組みもどこかにあっていいのかな?という気もします。

良い例と悪い例が両方あることで、選択眼や判断軸なども養い易くなるような気もします。
ネットのリテラシーをあげる、なんて意義もこめられているのだとしたら、一義的な取り組みだけでなく、裏表を見られるような方向性も、これからは必要になってくるのかもしれません。
[PR]

  by julajp | 2008-02-11 14:37 | インターネット

百度株式会社「baidu.jp」意見交換会に参加して来ました

百度株式会社「baidu.jp」意見交換会に参加して来ました。

ブログプロモーションサービスで登録させて頂いているCyberBuzz。

バズマーケティング・クチコミマーケティング | 株式会社サイバー・バズ

こちらで百度株式会社「baidu.jp」意見交換会イベント案件応募してみたところご招待頂きました。

検索サイト 百度 baidu
http://www.baidu.jp/

後日写真交えての詳細なレポートしてみたいと思いますが先ずはダイジェスト版。

■名称   :baidu.jpサービス体験会
■日程   :2008年1月26日(土)
■時間   :13:30~15:30
■会場   :六本木ヒルズ森タワー 20F

六本木ヒルズ/RoppongiHills

■内容   :
   ▽中国でのサービス展開「baidu.com」について
   ▽日本でのサービス概要「baidu.jp」について
   ▽グループディスカッション



百度2008/01/23より日本で公式サービス開始-勝手に展望

http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-630.html
http://julajp.exblog.jp/8071469/
http://minkara.carview.co.jp/userid/176813/blog/7569928/
http://d.hatena.ne.jp/julajp/20080125/1201226545



実は今回のイベント参加前に上述の各サイトで記事にしていました。
記事中に取り上げさせて頂いた超有名ブロガーの方が掲載されていた写真のような会議室でのイベントなのかな~なんて勝手に想像していました。
が、普通の部屋でした~。

でも、普通の部屋でテーブル囲んで緊張や硬くなる事なくフランクな話が弾んだのでこれで良かったのだな~と思います。
何せ、目の前、直ぐ横に百度の方々が居て並んだり、向き合ったりで話させて頂ける形でしたから。

超接近と言うか。

<hr>
▽中国でのサービス展開「baidu.com」について

百度株式会社取締役舛田 淳氏からスライド交えて「baidu.jp」の説明



中国の百度 Baidu.comは、中国全土で約7割のシェア

米Comscoreの最新調査によれば、検索エンジン市場において世界第3位の利用者数を記録

ただし、正式サービス展開は中国だけで、既に世界第3位を記録しているとのことです。
順次世界にが上手く展開できたならどうなるのか?

主だった特徴的なものとしては

・ポストバー

検索すると、その検索キーワードで掲示板トピックが直ぐに生成されるらしい。
(検索すると2chのトピックスが生成されちゃう感じらしいです。)

・知道

OKWebやはてなの人力検索、各種YahooやgooのQ&Aコーナー

・MP3検索

言わずもがななやつですね

・ミュージックマスター

音楽を自作したり評価しあったり交換したり



検索のランキングと言うより、検索キーワードを話題の軸にしつつコミュニティーを形成。
検索キーワードを軸にして様々な視点を包含して楽しんでしまえというような形らしいです。

このため、サービスも上記以外にも多岐にわたり様々なものが提示されていました。


<hr>
▽日本でのサービス概要「baidu.jp」について

Baidu.comの日本語検索エンジンBaidu.jpの本サービス提供に先立ち、2007年3月より、まずはベータサービス開始。

ページ検索とイメージ検索、次いで画像検索を公開し意見等募る形でベータサービス。

日本のネットインフラの安定性、またユーザーの全体的なリテラシーの高さなどに着目し、世界を視野にいれた中国に次いでのサービス展開のターゲットとしたとのことです。

全世界展開での重要な足がかりという位置づけみたいですね。


現行Googleが優先しているページランキング、リンク重視の方式は避ける方向みたいです。

SEOなどに振り回される事のないような検索結果を提示したいとの事。

今のとこランキングを売り物にするような方向はまるで無いようです。

サービスにしても、ユーザーの要望が大きいものから順次開発に着手するそうです。

百度側が作りたい、展開したいサービスではなく、あくまでユーザーオリエンテッド。

後述する開発側の人も、作りたくても自発では作れない。

あくまでユーザーの要望が大きいものから開発の優先度が上がるとしきりにおっしゃっておられました。

ユーザーのニーズ、これを一番の起点にして順次サービスを広げていく方向だそうです。


その為、中国で展開成功しているサービスも、そのまま日本には持ってこない。

日本の文化、土壌、ユーザーにマッチした検索サービスを提示できるようにしたいとのことでした。

ユーザーが欲しい検索結果を提示したい。

それが最重要課題としてしきりに訴えていました。


<hr>
▽グループディスカッション


百度株式会社の日本向けサービスの開発責任者を招いたサービス体験会を開催します!



そこにいらっしゃったのは以下の4人の方々

関 裕二
”検索の鉄人”

shikencho - 四軒丁 - 関裕司


水野 貴明
Baidu.jpのテクニカル隊長
元”はてな”の有名人?!

takaaki.info


江波戸 美奈
Baidu.jpの切り込み隊長

Oracle Japan / オラクル通信 / 社員犬 Wendyのあの人に逢いたい!


下田 智
Baidu.jpの動画担当

ごめんなさい、ぱっとみつからなかった・・・



これら4人の方々が4つのテーブルに。

関さんって、何か聞いた事や見たことがあると思ったら

Yahoo!の検索ビジネス戦略を探る
[N] 関裕司@検索の鉄人、Yahoo! JAPAN退社へ

うわ、いきなり業界のまさに中の人達のまっただなか。


その4つのテーブルに招かれて上述の説明の後、いきなりアンケート、意見交換ディスカッションに突入でした。


各テーブル、開発陣営の4人の方々と、ブログ書き手の属性を見極めて席が決められていたようで、いきなりディスカッションに突入でしたがなかなか熱い意見交換会になった感じです。


タイプ、属性がバラバラだと話のレベルなどかみ合わなくなっちゃうと思いますが、その辺も特に無く、各テーブルともとても盛り上がっていました。

流石検索サービスの会社、かつユーザーの声を兎に角聞いて、それでサービスを作って行きたい、その辺が形になっているな~と思えます。

因みに、私は水野 貴明さんのテーブルでディスカッション参加させて頂きました。
(まんまと左隣に・・・)



はてなサービス利用させて頂いていますが、なにぶん利用歴が乏しく上記アイコン画像は見たことありましたが、ご本人の事は殆ど知らずまま・・・。たはは。

テクニカル隊長のテーブルと言う事で、やはりテクニカルよりの意見が多かったのじゃないかな~と思えます。

他のテーブルはどうだったのだろう。

私はこんなの提案してみたりしてみましたが。

感性(ネガティブ、ポジティブ、ニュートラル)サーチ。好き嫌い等偏重させた検索結果が得られる。
属性予測(男女年齢)。あくまで予測値としてアイコン等付属しているなど。
パンダの足跡水色とピンクで・・・

兎にも角にも収益二の次で、ユーザーが欲しい検索結果を提示したい。

ユーザーの声が無ければ開発にGOの承認が出ない。

ユーザーの声で開発が決まる。

との事でした。

昔ながらの自動車メーカー的な技術で先導していく方向。
それはGoogleなりに任せて、別の路線、切り口でいきたい。

それはなにかと言ったら検索ユーザーのニーズと言うことでした。

今回のイベントのスタイルも兎に角ユーザーと話がしたい。
意見を率直に聞きたい。

そういう姿勢、方向性が明確で、非常に充実したひと時でした。

こういうイベントは又是非とも参加させて頂けたら嬉いです。


以下、参加されていた方々のブログ記事
(関連記事に直接リンクさせて頂いています)

他に参加されていた方判り次第順次追加したいな~と思います。
http://julajp.blog53.fc2.com/blog-entry-635.htmlに
コメント等いただければ追加させて頂きますので是非是非~。


ニテンイチリュウ: 百度

チミンモラスイ? : 「百度」日本上陸!

検索エンジンサイト 百度 bai du  - nobara*note

百度-baidu.jp-の意見交換会参加してきました。|三十路女の奮闘記 ~キャラ顔ウーマン~

新しい検索サイト『百度/baidu』を使ってみてはいかが?|映画な日々。読書な日々。

無邪気に本気に楽しもう|天然だけど夢はある。

Baiduにナナが登場?!|【デカチワ】

★検索の鉄人 関裕司氏の話を聞いた|ヒゲと口紅とバルコニー

まわりぶろぐ: 叫べば,願いが届くサーチエンジン「百度(Baidu、バイドゥ)」

パンダのマークの百度|日々、書く、えいが、おんがく、DTM。。。





まだコメント追記していませんが、意見交換会で撮影した写真アップしました

百度株式会社「baidu.jp」意見交換会参加-1/6(2008/01/26)[みんカラPhotoギャラリー]
百度株式会社「baidu.jp」意見交換会参加-2/6(2008/01/26)[みんカラPhotoギャラリー]
百度株式会社「baidu.jp」意見交換会参加-3/6(2008/01/26)[みんカラPhotoギャラリー]
百度株式会社「baidu.jp」意見交換会参加-4/6(2008/01/26)[みんカラPhotoギャラリー]
百度株式会社「baidu.jp」意見交換会参加-5/6(2008/01/26)[みんカラPhotoギャラリー]
百度株式会社「baidu.jp」意見交換会参加-6/6(2008/01/26)[みんカラPhotoギャラリー]


[PR]

  by julajp | 2008-01-29 10:01 | インターネット

BlogScouter(ブログスカウター)滞在時間を指標に追加by CyberBuzz

BlogScouter(ブログスカウター)by CyberBuzz

CyberBuzzさんの「BlogScouter(ブログスカウター)」について意見や感想を率直に記事にしてみてくださいと言うお題。
こちらで思った事など書いてみたいと思います。

先ず CyberBuzz さんのプレスリリース

ブログの影響力を計測・分析する「BlogScouter(ブログスカウター)」に、新指標としてブログに対する読者の「滞在時間」を追加 - 株式会社サイバー・バズ



2007年12月13日ブログの影響力を計測・分析する「BlogScouter(ブログスカウター)」に、新指標としてブログに対する読者の「滞在時間」を追加  

(途中略)

■「滞在時間」の追加 

(1) ブログの影響力を測る上での「滞在時間」指標の重要性

最近では、サイトへの「滞在時間」はページビューやアクセス数に加えサイトの価値を表す重要な指標として捉えられており、様々なサイトでその価値を判断する際によく用いられるようになっております。インターネット視聴率を提供する米Nielsen//NetRatingsでも、1999年創業から利用者数(ユニークユーザー数)とページビューを分析指標としてきておりましたが、2007年7月より新たに総滞在時間と総セッション数を指標として加えたことを明らかにしております。
一人当たりの滞在時間が長いということは、ページビューやアクセス数などでは測れない居心地の良さやそのサイトのシェアが高いことを表すこととなり、今回、「滞在時間」という値をブログの影響力を計測・分析する「BlogScouter」の指標の重要な一項目として追加することで、より精度高くサイトの影響力を評価することが可能となります。                                                                       
(2) ユーザーへの情報提示

「滞在時間」は、サイバー・バズが開発した独自のロジックにより「BlogScouter」値へポイント換算されると同時に、ユーザーの管理ページ上で実数値を閲覧することが可能となります。これに伴う追加提供項目は2種類で、1日における1読者あたりの平均滞在時間(秒)と1ヶ月における1読者あたりの平均滞在時間(秒)となります。これにより、自身のブログがどれくらいの時間をかけて読者に閲覧されているのか、その日々の変化と1ヶ月というスパンで見た実力値を簡単に把握することが可能となります。
今後もこのような機能拡充等によりユーザーに支持されるサービスを提供し続け、さらなる「BlogScouter」登録者数の増加を目指します。また、毎日手軽に、そして精度高く自身および他者のブログの影響力を知る機会を提供し、ブロガーの記事更新支援・有力ブロガーの誕生等を促すことで、引き続きブログ業界全体の活性化に貢献してまいります。


■「BlogScouter(ブログスカウター)」とは?

2007年7月6日より開始した、自分自身のブログのインフルエンス力(影響力)を計測・分析することができるサービスです。開始5ヶ月で登録者数15,000人を突破し、2008年9月に登録者数10万人を目指してまいります。




ブログスカウターは上記のような感じで昨年の12月に滞在時間指標が追加されていました。

既にブログスカウターを利用されていて変更をしてみようと言う方、或いはブログに貼り付けてみようという方は以下からどうぞ


⇒滞在時間指標が追加された新しいタグへの貼りかえはコチラから
http://blogscouter.cyberbuzz.jp/login.php
ブログスカウター新しいタグへの貼りかえ powered by CyberBuzz

⇒新規登録はコチラから
http://blogscouter.cyberbuzz.jp/register.php
ブログスカウター新規登録 powered by CyberBuzz





さて、ところでユーザサイドから見た今回のブログスカウターの変更って?
あくまで私の場合なのですが。


◆旧来に比べ、滞在時間の指標が入ったブログスカウターは?

今までの「BlogScouter(ブログスカウター)」は滞在時間という指標は入っていませんでしたので、PV(ページビュー)やUU(ユニークユーザー)、記事の投稿数に応じて値が変わるような感じが見て取れていました。

その辺ベースなので、そんなに激しく変動する事は無い。


でも滞在時間指標が追加されてからは、ランキングと言うには随分変動が激しいな~という印象がしています。

暮れお正月は記事ろくに書いていなかったのと、ネット全体のアクセス自体がかなり減っていた感じがしますが、

ブログスカウターの値が80~400 くらいで大きく変わっちゃいました。

1/10頃はお正月に比べて安定してきていますが、それでも50~60は簡単に変動してしまうようです。




◆こんなに変動するのにランキングなどの意味はどうなのでしょう?

CyberBuzz さんのPR内容からは

スカウターの数値が高い→”インフルエンス力”が高い

という事になります。



重要視されているのは


・影響力
・居心地の良さ
・シェアが高いこと
・ブログの影響力
・サイトの影響力

って事みたいですね。



◆ところで滞在時間が言われるようになったのは?

元々はこの辺から滞在時間の重要度が取り込まれているようです。


MarkeZine:◎ページビューではWeb2.0時代のサイトを正しく評価できない―米ネットレイティングスが「滞在時間」を重視

冒頭部分引用


 調査会社の米Nielsen//NetRatingsは7月10日、同社のネット視聴行動調査サービス「NetView」における新たな指標として「Total Minutes(滞在時間)」と「Total Sessions(セッション数)」を追加したことを発表した。

 Ajaxやストリーミングを使ったリッチコンテンツの広がりによって、ネットユーザーのサイトでの行動に変化が起きていることは、すでによく知られている。Ajaxはページをリロードすることなく、新しいコンテンツを表示することを可能にし、ストリーミングはひとつのページやメディアプレイヤーの上で、ダイナミックにコンテンツを切り替えることができる。

 同社は「滞在時間」こそが、Web2.0の最初の発展段階においてもっとも適した指標だとしている。その理由として、RIA(Rich Internet Applications)を使っているウェブサイトだけでなく、ゲームやインターネットアプリケーションなど、ページビューでは扱いきれないウェブ環境についても公正な指標であるとして、次のようなデータをあげている。
(続き・・・)




これ、WEB全体の中での話しですから、個人ブロガーの強みというより企業や専門家、資本を投下した組織的な取り組みが出来るところが絶対的に有利なんじゃないかな~と思います。

動画やAJAX、Flashなどを使って、ページを遷移せずリッチコンテンツでアピールしていけるのは、今のところ商業サイトや各種サービスを意識したマッシュアップサイトなど、そのようにプランニングされたとこなんじゃないかな~と言う気がします。



◆なんで滞在時間に拘るのだろう?

バズでのプロモーションと言う事になると

より多くの人に、確実に噂となって囁きの伝播となって欲しい。

その為にはリッチコンテンツも織り交ぜて、読者を飽きさせず、掴んだら簡単には離さないようなサイト。

そんなのが理想的って事でしょうか・・・。

何か、現状のユーザー主導CGMブログの在り方と乖離しているような気がしてしまいます。



◆リッチコンテンツで誘引力、滞留力があるブログ


これはブログの書き手よりも、サイバーバズさんや、クライアントさんにとって広告効果?が高くなる形を求められているような気がしてしまうのは気のせいでしょうか?


例えば企業サイトであれば、プロモーション用資金を投下して上記の対策が図れるでしょう。

でもCGMの送り手、担い手である個人ブロガーがいちいち、上記の対策できるのでしょうか?

ブロガーと言う職業があり、それで生活が成立するならアリだと思います。

でも現状でのブロガーってブログで食べていける人なんて殆ど居ないでしょうし。

そこにリッチコンテンツを持ってきてしまうのがどうなのでしょうか?


◆じゃあ、具体的にはどんなとこ?


滞在時間が長いと言う事はやはりFlash、AJAX、動画がふんだんにあるサイト。

それって、こんな感じでは?


企業サイト
ゲーム等インタラクティブな専用コンテンツ
フラッシュ系で構成されたページ
芸能人のプロモーション用にリッチコンテンツで工夫
動画系

これに対して一般ユーザーが書くブログでは

TEXTベース
フォトブログ

そこにたまに動画を載せるのが精一杯ではないでしょうか?


極端な話、AMAZONやニコニコ動画あたりにもしもブログスカウター付いたらそれこそ最強なんじゃないでしょうか。



◆でも個人ブログがそんな形になりえるのか?


そうすると、TEXTベースの個人ブログよりは、滞在時間が長いブログの方がプロモーション効果が大きいと見做され厚遇されるなんて事にならないか?

ミュージシャンや芸能人の方などがプロダクションやレーベルとで企画して、AJAXコンテンツ、フラッシュコンテンツ、プロモーションビデオなんてを置けばかなり滞在時間稼げちゃうのでは?

一般のブロガはそうそうそういうもの用意しにくいでしょうし、用意できたとしてもそこまで見てもらえるのか?


これって、普通のユーザーの取り組みと言うよりプロ向けでは無いのか?



◆個人発のブログ

現状の個人ブロガーの強みって、特定ジャンルへの関心の高さ、専門性、他と違った拘りなんてとこがあげやすいかと思います。


また逆に、タレント性や独特であったり親しみ易さなどのキャラクター性で牽引すると言うのもあるでしょう。


この辺、ブログ自体の目的や方向性そういうものがそれぞれ違って滞在時間に関わるリッチコンテンツってのもどうもそれぞれだと思います。

企業等であれば兎に角誘引し、離さない、そんな工夫が必要でしょう。

でも個人ブログでそれってどうなんだろう?

現状で、個人ブログに触れていく場合ってリッチコンテンツがあるからそこにずーっと滞在するよりも、興味関心が向くものにどんどん飛んで行くのだと思います。TVのコマーシャルを飛ばすザッピング感覚。



◆一律なランキングが招くプロ、セミプロ化


こういう場合滞在時間を指標に取り込み一律ランキングにするのはちょっと強引なのではないか?

一律のランキングでは、よりプロ化したもの、できるもので上位を占めるでしょう。

それは、ユーザーと言うよりは既にきちんとしたメディアであるのではないでしょうか?

そうなった時、立場的にはガイドとして、スポンサーやクライアントの目がある事を相当意識しなければならないでしょう。


できれば現状の単純な一律なランキングを変えられないか?

ブログにメインジャンル、サブジャンルなどを設けてその中でランキングする、もしくは各種指標毎に並び替えながら眺める事が出来たら面白いのではないかと思います。



◆アルファブロガーなんて言葉があります。

アルファブロガーという言葉とWikipedia : tokuriki.com

こちらでは、味があるブログってとこで抽出している感じですし、選出されたら次回からは殿堂入りで対象外なんて感じ。

幅、種類、裾野を広げる力を発揮していると思います。

でも一律のランキングって下手をしたらパワーゲームですよね。

現状ではニュース系まとめサイトが非常にパワーがあると思いますし、今後もそうでしょう。


更にもう一つ。


◆「多様な平等視点」


こちら2007年アルファブロガーに認定された方

レジデント初期研修用資料: 疲労する自意識がたどり着くところ


終盤部分引用


平等の疲れと癒し
「平等」という考えかたは、視点の置き所により、その様相を大きく変える。

コミュニティの外から見れば、「平等」なルールで運営されるコミュニティというのは、格差社会の弱肉強食ルール。対戦格闘ゲームなんかでは、初心者はコインをいれた瞬間に瞬殺されるし、ベテランはきっと、それを見て「公平」だと感じてる。「誰もが通ってきた道だ」なんて。

もちろん初心者にとっては、そんなルールは「不公平」極まりない。同じ対価を支払っているのに、初心者が購入できる自意識は、ベテランに比べると、比較にならないぐらいわずかな量しか与えられない。

努力が報われない大多数にとって、「平等」というのは、センスあることそれ自体が不利になる世界。

ロールプレイングゲームみたいな、ほとんど努力が全ての場所は、恐らくは「センスある人を打ち負かす」要素が欠けていて、癒しを得るにはもう少し何かが足りない。

弱い人たちが「公平な」戦いができる場所というのは、たぶん「強いこと」それ自体が足かせになるようなルールで作られた世界。一部の自動車競技なんかでは、勝てば勝つほどウェイトを積む決まりになっていて、速い車はシーズン後半になると重たくなって、不利になる。

これから流行るサービスは、きっと「多様な平等視点」を提供する機能が実装される。

たとえば「はてなブックマーク」の注目エントリー部分は、今まで獲得した総ブックマーク数が多い人は、それだけ取り上げられにくくなるような重み付けを行うと、面白いことになる気がする。

今までの「数が全て」ルールでは、もはやいつもの面々以外、あのページの上位を飾れない。恐らくはそれを理不尽に感じる多数の人たちがいて、その人たちが上位陣を「打ち負かせる」場所を作れたなら、きっと今まで以上に熱心になる人が出てくるはず。「やっと公平な評価になった」なんて。

「人気ブックマーク」部分は逆に、従来どおりの数字がすべてを支配する空間。そこにはきっと、いつもの面々が並ぶけれど、平等視点を増やした分だけ、理不尽な思いをする人は少なくなる。



現状のブログのステージって、プロ化という場が用意されている訳では無い。

その時プロのように振舞える人はとても限られる。

すると、技術的にどうにかできる常連さんが絶対有利。

折角ユーザー視点のブログを活用しようと言う事であれば、”「多様な平等視点」を提供する機能”こそが求められるのではないか?

一律のランキングは今までのマスメディアを通じてやられてきた事で、まさにそれが飽きられブログがフォーカスされているのではないか?



◆ブログスカウター自体に「多様な平等視点」を提供する機能を乗せられないか?


ならば、ユーザー発のブログが様々な視点から見られる事こそが、ブログを大事にしてボトムアップに繋がるような気がします。

そして、ブログパーツを通じてそんな様々な視点、切り口から眺める事ができたら、それこそブログパーツが滞在時間を延ばすリッチコンテンツの一つになってくれ、ブログをボトムアップしてくれるツールにるかもしれません。

今の一律のカウントで見る機能は残しつつも、一方でその他の切り口で秀でたところが見つけやすかったりする機能を載せる事で、「多様な平等視点」を提供しかつ滞在時間も延ばしてくれるリッチパーツ?になってくれるかもしれません。
[PR]

  by julajp | 2008-01-11 23:49 | インターネット

Gポイントお試し案件byCyberBuzz

Gポイントお試し案件byCyberBuzz

CyberBuzzさんの案件、Gポイントお試し案件応募して当選すると、

Gポイント登録で300ポイントプレゼント。
さらに、特定ページからのエントリーでお試し用特別ポイント500ポイント。


こんな案件の案内がありました。

これは試してみなければ~と言う事で案件応募したところ当選しました~。

で、自分はどうするか?
ポイントはそれなりに溜めてからドカンと行きたい派なので、今回は溜めに走ります。

という事で記事は概要とか、こんなページ見ていくと良さそうですよ~。
と言うページをあれこれ紹介してみたいと思います。

いつも私が良くやっている、あれこれ調べて紹介~のパターンなんですけどね。


ところで、今回の案件参加に際してGポイントさんとCyberBuzzさんからのプレゼント。

ブログ読者にも、Gポイント300Gポイントプレゼント!!

以下の300ポイントプレゼントのリンクからGポイント会員登録すると300ポイントがプレゼントしてもらえちゃいます。



「CyberBuzz会員の読者限定!Gポイント会員登録で300Gポイントプレゼント」

こちらと下の画像にリンク張っています。
Gポイント登録の際は300Gプレゼント付きのこちらからどうぞ。


会員登録でもれなく300Gプレゼント




さて、Gポイントって?


こちらがGポイントのTOPページです。

Gポイントはポイント交換、ショッピングでおトクにたまる!マイル、電子マネーにつかえる!
Powered by IgWebCap

でもTOPページは情報盛りだくさん過ぎてちょっとぱっと掴みにくかったり



Gポイントさんの特徴は、ためてまとめて使う。


☆Gポイントで溜める

☆他社で獲得したポイントをGポイントに移行して集約

☆そして、Gポイントで商品と交換してもいいですし、他のポイントに移行も可能。


ポイントの振込み元、振込先とも幅広くあるのが魅力的ですね。



Gポイントさん公式の概要ページがこちら。
こちらにコツやツボのアウトラインがあれこれ紹介されてます。


Gポイントとは? | Gポイント
Powered by IgWebCap




その中でもWポイントが魅力。

Gポイントに登録して、そこからWポイント提携先に跳び買い物すると、提携先のポイントとGポイントでダブルにポイントが付く。

楽天、Yahooもリストの中に見えますね。


ショッピングでためる | Gポイント
Wポイント一覧
GポイントとショップのポイントがWでたまるサイト一覧です。
Powered by IgWebCap



また様々なカード会社のポイント、アンケートサイトのポイント、旅行会社のポイントなどなど。
これらのポイントサービスのポイントをポイント交換でGポイントにポイント集約



以下提携サービスの一覧

Gポイントに交換 | Gポイント
Powered by IgWebCap



今回CyberBuzzさん案件の記事です。
その記事ならではとして、こんな確認も試してみるのも手かも。



CyberBuzzさんによるGポイントさん向けのキャンペーンです。
と言う事は、当方のブログ同様CyberBuzzさん案件に参加されている方がブログ記事書かれています。


参加されている様々な方々の興味や関心、あれこれ試したり、特徴を書き出されていると思います。

その辺確認してみようか?と言う人はこちらで検索。

Gポイント CyberBuzz - Google 検索

Yahoo!検索 - Gポイント CyberBuzz



概要や個々のポイントはだんだん見えてきた。じゃあポイント溜めるコツは?

Gポイント 溜める - Google 検索

Yahoo!検索 - Gポイント 溜める



そして、他社サービスのポイントをいかに集約してしまうか?

Gポイント まとめる - Google 検索

Yahoo!検索 - Gポイント まとめる



実際にインターネットのメディアサイトでお試し、突撃されているところがあります。


物欲乙女日記(買い物編)-:RBB TODAY (ブロードバンド情報サイト)
Powered by IgWebCap



他にも、Gポイントが独自に発行するポイント
ビンゴでポイントが貰えちゃったり

ビンゴのお庭 | Gポイント
Powered by IgWebCap


毎週開催されているGポイント会員限定の簡単Bingo。

1等5,000G他、総額100,000Gを合計44,631名様に先着順でプレゼント!

抽選で選ばれた参加対象者に参加用メールをお送りしています。 チャンスをお見逃しなく!





Gポイントの賢いため方

こちらでは溜め方、人様々なケースを取り上げてあれこれ紹介されていますよ。

Gポイントとは? | Gポイント
Powered by IgWebCap


あとアフィリエイト。
アフィリエイト報酬ってなかなか溜まらないですし、溜まったとしてもそれなりにまとまった額で無いと支払ってくれないのですよね。

でもアクセストレードと言うアフィリエイトサイトと提携して、アフィリエイト報酬1円から1Gポイントで交換してくれるようです。

これだとポイントサイトにしっかり溜められますね。

小額報酬でもアフィリエイト可能!~ジー・プラン、1円でもポイントで受け取り可能に:RBB TODAY (ブロードバンド情報サイト) 2007/10/16
Powered by IgWebCap




後はお小遣い稼ぎ系サイトのノウハウが凄いですよね。
ポイント系はお小遣い稼ぎ関連を集中的に書かれているページがやっぱり詳しい。

Gポイントを徹底解説 -厳選ネットビジネス最前線-


という事で、Gポイントサイトさんの特徴的なところを抜き出して見ました。


ちょっと試してみようかな~という方は、300Gプレゼント付きのこちらからGポイント登録してみてください。


 
 会員登録でもれなく300Gプレゼント


【CyberBuzz会員の読者限定!会員登録ページURL】
[PR]

  by julajp | 2007-12-03 07:42 | インターネット

Reve21(リーブ21)アクティシャンプーR by CyberBuzz


Reve21(リーブ21)アクティシャンプーR by CyberBuzz01 フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview

1



応募するこっちもこっちですが兎に角次から次へと色々繰り出してくるCyberBuzz。


2



今回は・・・


3



Reve21(リーブ21)のアクティシャンプーRと言うシャンプーのお試し案件。

自分は両親とも髪ふさふさと言うかごわごわと言うか一行に抜ける気配は無し。

まあ、レポートにもならないだろうからスルーかな~と思っていましたが・・・。

嫁さんが頭皮の痒みが続いている。
これは、応募して試させろ!と言い張る。

むう、自分で使うわけじゃないから記事書くのムズイんだけどな・・・

まあ、自分で使う訳じゃないからきっと外れるだろう。

と思っていたら当たっちゃいました。
ヤバイ、記事にするの大変そうだ・・・。


4



発毛専門リーブ21 : ヘアケア商品ショップ > ヘアケア1

天然成分を用いているシャンプー。頭皮の健康を維持し、また、髪に栄養とハリ・コシを与えます。

記載されている成分んはこんな調子で、って一体どんだけ~。


ココイルグルタミン酸TEA
デ知るグルコシド
ラウラミドDEA
ラウラミドプロペルペタイン
グリコシルトレハロース
ココイル加水分解コラーゲンK
エイジツエキス
クララエキス
シャクヤクエキス
ソウハクヒエキス
トウキ根エキス
アルニカ花エキス
オドリコソウ花エキス
オランダカラシエキス
ゴボウ根エキス
セイヨウアカマツ球果エキス
セイヨウキズタエキス
ニンニクエキス
ローズマリーエキス
ローマカミツレ花エキス
グリチルリチン酸2K
加水分解水添デンプン
ポリクオタニウム-10
カプリリルグリコール
塩化Na
オレンジ油
クエン酸
BG


書き疲れました。
これで終わります。
と言う訳にはいかない。


で、効能だったり使い方なんですが以下にガイドページがありました。

発毛専門リーブ21 : 発毛大辞典 > 髪にやさしいコラム
Powered by IgWebCap


髪の常識 ウソ?ホント?
髪を科学する
簡単に分かる 頭皮の状態チェック
頭皮の血行促進!
帽子と髪の関係
健康にいい食生活 その1
健康にいい食生活 その2
シャンプーのこと、よく知ってる?
生活習慣をチェック!
髪のサイクル
髪の最盛期はいつ?!
髪が伸びるスピード
子どもの?脱毛
朝シャンは髪によい?
いったん抜けた髪は生えてこない?
ダイエットは抜け毛を促進する?
髪は1ヵ月に1センチ伸びる
シャンプー後のドライヤーはよくない?
髪のオシャレを上手に楽しもう
ストレスで髪が抜ける?
白髪にまつわる迷信
フケは髪のトラブル?
髪の主成分はケラチン
髪はもともと皮膚だった
茶髪は髪に悪い?
皮脂の果たす役割
女性の脱毛
脱毛を止め、自然の発毛力を促す
髪を健康に保とう
髪に含まれる水分は12%
日本人の髪は太くてまっすぐ
脱毛は遺伝する?



むう~、こんなにチェックしたり、知っているといいことあるのですか・・・。


あれ?女性向けのページ?

女性の髪の相談・応援サイト:blossom [ブロッサム] | 発毛専門リーブ21
Powered by IgWebCap

・髪にまるわるエトセトラ
・髪にうれしいリラックス法
・髪においしいレシピ
・ハニ髪アンケート
・リフレの時間

なんて記事がありますがバックナンバーにも盛りだくさん




あ~頭皮とか髪、特に髪の美しさまで拘ったりすると、寧ろ女性の方が悩ましかったりする訳ですね。

上で書き出したとおり成分がなんだか凄い。

これはゆんけるか何かなんじゃないか?と言いたくなるような様々な天然系成分がこれでもか!と入っているみたい。



5



ちょっとだけ手に取ってみました。
普通のシャンプーよりは、どろっ、ねば~とした印象。

市販の一般的なシャンプーって白っぽく、サラサラとろとろ~って感じですが、これはもっと密度が詰まっている感じ。


6




ちょっと量が少なかったのか泡立ち少なくなっちゃいました。

匂いは、極軽い柑橘系。
夏みかんっぽい、ほのかでさわやかな匂いでした。



Reve21(リーブ21)アクティシャンプーR by CyberBuzz02 フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview


1



と言う訳で嫁さんが中心で使用中


2



キチンと分量とって使えば泡立ちもなかなか


3



でも、やっぱり市販のシャンプーのこれでもか~と言う豊かな泡立ちって奴と違いそうですね。


4



やっぱり様々な天然成分配合されている関係で、市販品みたいなハデな泡立ちじゃないのかも。

普通のシャンプーで泡だちが良くなかったら、不良品じゃないか?とか問い合わせとかクレーム出ちゃいそうですしね。


5



まあ、この写真じゃ判らないですね。

数日使っているところでは、頭皮の痒み減ってきて、ちょっといい感じっぽいとのことでした。


6
因みに自分で試してみた感じでは以下のような感じ。

泡立ちは一般的なシャンプーよりは低い。
密度が詰まった感じで普通のシャンプーよりはドロっとした印象。

綺麗さっぱりサラっとするような合成系の成分は無いみたい。

割りとしっかり髪を保護するような感じですね。

普通のシャンプーが界面活性剤なんての作用で、皮脂をぐんぐん洗い流してしまうのでしょうけど、このシャンプーだと、強めの保護膜みたいに働く感じ?

7
髪のコシとかハリがしっかりする。

自分は剛毛気味なので、なんだか髪がしっかりしすぎてしまうくらい。

結構薬効みたいのが利いているのかもしれないですね。
流石にお値段なりの事はあると言う感じのようです。

*************
発毛専門リーブ21 : ヘアケア商品ショップ > ヘアケア1

こちらを見ると、コンディショナー、トリートメントがタイプに応じてあるようです。

この天然成分を中心としたシャンプーで穏やかに洗って、髪や頭皮のタイプに合わせてコンディショナー、トリートメントを使い分けましょうと言う感じのようですね。


すると、シャンプーはこちらで、トリートメントは他に気に入っているものを使うなんて言う組み合わせ技もいいのかもしれません。


こちらは、そんなお試しあれこれやられている方のページ


リーブ21のシャンプー、アデランスのシャンプー :育毛道~もうハゲと呼ばせない!
Powered by IgWebCap


女性のコスメや美髪について構成されているサイト

U-side(ユーサイド)リーブ21のアクティシャンプーで美髪に不可欠の健康頭皮に
Powered by IgWebCap


良くやっているコンテストレポートページ

タレント ブログ タレント発!取材レポート情報ブログ「タレポ」: リーブ21 あのコンテストに潜入!森本さやかの発毛のギモン?!(@_@) 前編
Powered by IgWebCap


もしも、こういうシャンプー探しているとか、試してみたいかも、という方いらっしゃいましたら、以下で取り扱っているとのことです。

発毛専門リーブ21 | リーブ直販(商品詳細)
[PR]

  by julajp | 2007-11-29 06:14 | 生活

ナナオ EIZO FORIS.HD 体験イベント by CyberBuzz01

ナナオ EIZO FORIS.HD 体験イベント by CyberBuzz01

イベント参加フォトダイジェスト編


2007/11/18(日) 18:30-20:00
東京・秋葉原 リナックスカフェ秋葉原店
http://www.pronto.co.jp/solare/shop.shtml


リナックスカフェ秋葉原店 GoogleMap


CyberBuzz案件でモニターのナナオの展示体験イベントに行ってきました。


メーカーさんは株式会社ナナオ
http://www.eizo.co.jp/index.html

11月30日発売 EIZO秋の大収穫祭2007 FORIS.HD体験 と言うイベント


11月1日にはプレス向けイベントがあったようですね。
また、11/17、11/18の日中は一般ユーザー向けイベントも行っていたようです。

Google 検索

EIZO秋の大収穫祭2007 FORIS.HD体験

EIZO 秋の大収穫祭 2007 FORIS.HD - Google Search


「EIZO秋の大収穫祭2007」が開催! 会期は明日まで!

ナナオ、秋葉原で「EIZO 秋の大収穫祭2007」開催(+D PC USER) - Yahoo!ニュース

EIZO 秋の大収穫際2007|EIZOの直販サイト「EIZOダイレクト」


CyberBuzz 案件で他参加されていた方はこんなところから見つかりそうです。

FORIS.HD CyberBuzz - Google Search

FORIS.HD サイバーバズ - Google Search




液晶テレビEIZO FORIS.HD

液晶TV FORIS.HD / FORIS.TV | EIZO 株式会社ナナオ

FORIS.HD DT27ZD1
FORIS.HD DT24ZD1

FORIS.HDとしては上記二台が展示発表対象でした。
が、その他各機種も合わせて展示されていました。




EIZO秋の大収穫祭2007◆FORIS.HD体験01
フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview





CyberBuzz案件、ナナオ新製品FORIS.HD体験イベントに応募したところめでたく当選。

ナナオと言えばPC、MAC黎明期より超高品質CRTディスプレーとして、画像処理などを好むMAC使い、デザイナーの方々は避けては通れないディスプレーとして君臨。

自分は流石にそこまで資金投入できませんでしたので利用する機会は無かったのですけどね。

そんなナナオが繰り出すフルHD対応の液晶ディスプレー。
どんなものなのだかと興味ふつふつと湧かせて頂きました。






秋葉原到着






どこじゃどこじゃと探しつつ、辿り付きましたリナックスカフェ秋葉原店



http://akiba.kakaku.com/shopinfo/lnx.php
http://www.pronto.co.jp/solare/index.shtml




EIZO秋の大収穫祭2007◆FORIS.HD体験02
フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview







カフェのカフェテラス部分に設置された2006に発表発売済みのFORIS.TV




以下は ナナオサイトのFORIS.TV フラッシュコンテンツ
http://foris.tv/


http://www.eizo.co.jp/products/tv/index.html






店内、赤いベールに覆われた何か。

そこには”観”の字

奥の方に医療用のモニターRadiForceがありました






最終的なセットアップしています。
と言うか機器のセットアップは済んでいるので、飾りつけの最終調整、チェックなんて感じのようですね。
こちらに置かれていたのはFlexScanS





カフェなので本来食べ物飲み物あるようなのですが、貸切でのイベントの為食事の注文は不可~。

まあ、後ほど軽食としてサンドゥイッチなんてを頂いちゃいました。





カフェカウンター側
店舗の奥から撮影しました。

テーブルの上にあるのはColorEdgeと言うDTPやデザインで利用される忠実な再現性、一機ずつファインチューニングが施された業務用機種





店舗中ほどから、店舗外に向かってぱしゃり。
外ではCyberBuzzのスタッフさん。

路上では、一体何のイベントやっているのだろうね~と覗き込んでいる人も居るようでした。




EIZO秋の大収穫祭2007◆FORIS.HD体験03
フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview




ColorEdge
諧調表現、肌色表現が半端じゃなかったです。

良くある安価な液晶って、画面の片隅がどこかモヤっとしていたりしますが、そういうのが一切無く均一。

同じ写真を左右並べて、片側レタッチや補正なんてする時に、どの面でも均一に正しく描写されている必要がある。

そんな要件を満たす機種。

下手の横好きですが、カメラとか扱っているとこういうの欲しかったりするのですよね~。




2231Wって新発売だったのですね。

【新発売】22.0型 FlexScan S2231W-E (2007/11月22日発売)

縦でも使えるので、新聞のような縦長の版組み扱うのに便利って奴ですね。




RadiForce

こちらに置いてあったのは白黒タイプのようですが、カラーもあるようです。
昔はレントゲン撮影でフィルムに焼き付けられた陰影を、大きな透過スクリーンに張りつけながら看るような感じでしたが、最近はどんどんデジタルに置き換えられて居るとのことです。



http://www.radiforce.com/jp/





フルHD(フルハイビジョン)対応のFlexScanフラッグシップの2台





EIZO秋の大収穫祭2007◆FORIS.HD体験04
フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview




準備も済んで18:30
ナナオ、マーケティング部の西口さんから説明開始
説明の中身についてはまた後日





店舗と、その中に置かれた各モニターの説明図

この絵なんですが、プロジェクターで投影された絵の陰影が薄かったため、色身おさえてコントラストあげてます。

多分元絵がパステルカラーとか柔らかい色でプロジェクターで投影するには苦手な色だったのでしょうね。





FORIS.TV
2008/03までの1000台限定ホワイトモデルだそうです。

こちらの機種、画面の下なんですが殆どスピーカーとスピーカーのバスレフ構造体で占められているそうです。

一番奥の赤い奴!で芸能山城組の公共組曲アキラCDかけさせてもらいました。

大容量エンクロージャー搭載スピーカーのおかげで、広域から低域まで、広がり左右の分離も良く鳴ってくれていました。

室内じゃなくてテラスでこの鳴りっぷり。

音も相当気合が入っているようです。





説明が終わって、フリーセッションとなり、サンドイッチを出して頂きました。





EIZO秋の大収穫祭2007◆FORIS.HD体験05
フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview





FORIS.HD
2007/11/30発売
フルHD(フルハイビジョン)対応の各種チューナー付きモニター兼PCモニター

最近の液晶はここまで斜めでも見えちゃいますからね~。





で、なんだか四角を転がしかけたかのようないでたち。

実はモニター前面の下側がスピーカーユニットで占められているそうです。





こちらは高音の広がりを、いかに表現するか?

高音は指向性が強く一方向にむかいがち。

それでいて音に艶や広がりを持たせる

それを音が吸収されずに、いかに周囲に広げるか?で苦労されたようです。





こんなエンクロージャーが内側に。

スピーカー裏あたりのお椀型のくぼみ(へっこみ)は、エンクロージャーの中で音を横方向に向かわせる事を狙っているのでしょうかね?





そんなこんなで終了
カフェを後にしました





カフェを去る間際、最後にもう一枚。
何かこういう感じのアンテナショップがあっても違和感無さそうです。





EIZO秋の大収穫祭2007◆FORIS.HD体験06
フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview






頂いた資料とおみやげ





カタログは、よくある書類入れの封筒に一括して収められています。

けどこの封筒。

点線に沿って切り取ると定型の封書になるようです。
さりげない拘り。





頂いたカタログ





こんなレジュメで説明がありました





おみやげは、これ
風呂敷
箱が朱と紺でした。
箱の外に青いシールが張られていたので、もしかしたら朱というか赤紫の風呂敷もあるのかも?





試しに、風呂敷が収められていた箱を風呂敷で包んでみました。

風呂敷も、有名ブランドのパターンや、人気キャラクターを刷り込んだりしたら案外売れたりしないのかな?なんて思ってみたりしました。





風呂敷これをプレゼントとして用意する。

末永く、洗練された本当の機能美を提供したい。
そんなところからアイテムとして選ばれているのかな~。

説明書きには、英語での説明も載っていました。
さすがヨーロッパ、アメリカで先ず受け入れられたメーカー



おまけ

フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
[PR]

  by julajp | 2007-11-20 03:49 | パソコン

「I am a HERO.」でも本当はチキン?(WEB限定ムービー)

「I am a HERO.」でも本当はチキン?(WEB限定ムービー)

さて、CyberBuzz の案件。

I am a HERO. ~勇気だけでは、たりないから。~|Presented by ディック
Powered by IgWebCap

「ディックの特設サイト」プレゼントフォーユーってな感じの「I am a HERO.」(WEB限定ムービー)

http://www.iamahero.jp/

ヒーローとは?
チキンは地球を救うのか?

意外と一石を投じる作品かも?



携帯電話の電源はONのままでなんて感じで始まるってのが引っかかるんだけど。

本当の映画を見る前は携帯の電源切らないといけないけど、
ま、映画館じゃないしね。


って、あ~そういう事か。


でもね~あ~あ、やっちゃった。

全部見るとちょっと長いんだけども。

色んな意味で、妙に強すぎるのも困り者というか。



人生の数だけ主役が・・・
台本なんてどうだっていい。



まさか本当にチキンで泣けるとは。



TVやDVDじゃちょっと無理なB級っぷりの香りがなんとも。

それでいて意外とみせるカメラワーク。


ただし、30代、40代 仮面ライダーとか戦隊モノ見たことある人じゃないと厳しいかも~ね。


真面目に、行楽地限定ムービーなんて感じでチキンの宣伝で流したら結構売れそうな。?!


以下 配役、エンドロール情報など。


園内英雄(35)- 林泰文
林泰文 - Wikipedia
妻の佐織(30)、息子の直斗(5)と幸せに暮らしている。
何よりも大切なのは家族で、家族のためなら、男としての夢は犠牲になっても仕方ない、そんなふうに思いつつ、今は自動車メーカーの地方のディーラーで営業マンをしているが‥‥

園内佐織 - 石橋奈美
石橋奈美 - Wikipedia

園内直斗 - 鏑木海智
鏑木海智 - Wikipedia


日々野憂(33)- 坂井真紀
坂井真紀 - Wikipedia
広告代理店に勤めるアドマン。第一線でバリバリ仕事をこなしている‥‥はずだったが、どこでどう歯車が狂ったのか、しがない仕事でくすぶる日々。
学生時代、園内英雄と付き合っていた。




チキン戦士 ディッキー・エックス
ミヤビ(ディッキーX)- 佐野大樹
佐野大樹 (*pnish*) - Wikipedia
チキン星からやって来た、子供達に大人気のスーパーヒーロー。
地球の平和と環境を守るため、早朝からせわしなく戦っている。
必殺技はコーチン・アタック。




ヘドロ軍団
チキン戦士 ディッキー・エックスの宿敵。
ヘドロ大佐に率いられ、環境を破壊し、平和を乱そうとする。
しかし、作戦はせこくて、間抜け。

AC Factory Official web site [ PRERELEASE ]
ヘドロ軍団1- 小松聡二郎
AC Factory Official web site [ PRERELEASE ]
ヘドロ軍団2- 牧田雄一
AC Factory Official web site [ PRERELEASE ]
ヘドロ軍団3- 竹原成美

広崎 南辻史人
南辻史人 - Wikipedia

広崎の妻 林田麻里
Yahoo! JAPAN - 林田麻里のプロフィール
林田麻里の日々
エキストラ(子供&親) テアトルアカデミー

森(クライアント) 鈴木一功
鈴木一功 - Wikipedia

田代(ヘドロ軍曹) 中村隆天
zero range entertainment

ロケ地協力 
アウトレットコンサート長柄
アウトレットコンサート長柄

アウトレットコンサート長柄 Google map link




オートバックス茂原高師店

AUTOBACS.COM - お店のご案内 - 茂原高師店

オートバックス茂原高師店
Google map link



背作プロダクション モンスターフィルムス
MONSTER FILMS

脚本 岡本貴也
岡本貴也 - Wikipedia

監督 北村拓司
Yahoo!映画 - 北村拓司



ディック (ファイナンス) - Wikipedia
ディック(DIC)は、アメリカのシティグループ傘下の消費者金融会社であるCFJ株式会社が展開しているブランドの一つ。
[PR]

  by julajp | 2007-11-12 03:41 | インターネット

スケートリンクでスタッドレスタイヤの試乗会4

スケートリンクでスタッドレスタイヤの試乗会4




新横浜プリンススケートセンターで サイバーバズ(CyberBuzz) イベント案件の横浜ゴム アイスガードブラックiG20(iceGUARD BLACK iG20)の試乗ブロガー体験会がありました。



イベントタイトルは・・・

スケートリンクで試乗会!? 横浜ゴムスタッドレスタイヤ『iceGUARD』試乗会 in 新横浜スケートセンター

対象となるスタッドレスタイヤは 横浜ゴムiceGUARD (アイスガードブラック)
http://www.iceguard.jp/

横浜ゴム株式会社
http://www.yrc.co.jp/



スケートリンクでの試乗が終わったあとで、改めてタイヤ開発にまつわるエピソードを聞かせて頂きました。




その前に、スケートリンクで冷えた体に暖かいコーヒーが嬉しい (^^)






開発は世界各国を巡っているとの事です。





日本では12月から2月末

フィンランドでは11月から3月

更に8月にニュージーランド

実際の雪がある状況はこの6ヶ月間。
綿密なスケジュールを組んで開発、テスト、試乗会などに望んでいるとの事でした。


他にも専用の試験場があり様々な試験が行われているとの事






こちら茨城の試験場





こちら北海道の冬条件関連の試験場

スタッドレスだけを作っている訳では無いので雪以外の一般的な試験も重要

雪や氷の条件でのテスト用
スロープでの試験などもあるとの事です





こちらも北海道

ガチガチの氷結面を人工的に再現できるような感じらしいです





国内でも雪の質が異なるためあちこちでテストをするそうです




こちら8月のニュージーランド

実はニュージーランドの国立公園の中に、国が認可を下ろすテストコースがあるそうで、
車メーカーから、タイヤメーカーなど様々なメーカーが、極限られた時期を狙って集まるそうです。






様々なスケート場を巡って各種試験が繰りかえされているとのことです。





こちらはフィンランド
実はオーロラ見学ツアーなのか、冬場のテストの時期日本人観光客が多いそうです。
飛行機の中でたまに声を掛けられたりで仕事で行くなんて事を言うと、?と言う顔をされるんだとか。




アイスガードブラックのパターンに到るまで、様々なパターンで試行錯誤が繰り返されたとの事


冬の状況を仕立てたり追っかけたりしながらと、世界中飛び回りながら開発されているとのことです。


続く
---
以下関連の写真:

横浜ゴムスタッドレスタイヤ『iceGUARD』試乗会 in新横浜スケートセンター 001:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview

横浜ゴムスタッドレスタイヤ『iceGUARD』試乗会 in新横浜スケートセンター 002:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview

横浜ゴムスタッドレスタイヤ『iceGUARD』試乗会 in新横浜スケートセンター 003:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview

横浜ゴムスタッドレスタイヤ『iceGUARD』試乗会 in新横浜スケートセンター 004:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview

横浜ゴムスタッドレスタイヤ『iceGUARD』試乗会 in新横浜スケートセンター 005:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
[PR]

  by julajp | 2007-10-27 19:08 |

スケートリンクでスタッドレスタイヤの試乗会2

スケートリンクでスタッドレスタイヤの試乗会2


新横浜プリンススケートセンターで サイバーバズ(CyberBuzz) イベント案件の横浜ゴム アイスガードブラックiG20(iceGUARD BLACK iG20)の試乗ブロガー体験会がありました。

イベントタイトルは・・・

スケートリンクで試乗会!? 横浜ゴムスタッドレスタイヤ『iceGUARD』試乗会 in新横浜スケートセンター

対象となるスタッドレスタイヤは 横浜ゴムiceGUARD (アイスガードブラック)
http://www.iceguard.jp/

横浜ゴム株式会社
http://www.yrc.co.jp/

そのタイヤの特徴はこんな具合だそうです。


◆ヨコハマタイヤスタッドレスタイヤ「iceGUARD」特徴◆

■温度域に合わせて機能する
温度によって路面状況は刻々とかわります。ヨコハマはこの温度の違いに対応する新しいスタッドレスタイヤを開発しました。

■新開発『ブラック吸収ゴム』
温度域にあわせて「氷を噛む・吸収・しっかり」という機能を発揮できます。



新横浜到着。



出発前にぱっと見た地図の印象だけの雰囲気で行こうとしたら迷いかけました(汗

慌てて体験会案内に入っていた地図再確認。

付きましたよ~。









試乗開催の前の週には日米対抗フィギュアスケートが開催されていたとこだったんですね~。

TBS「日米対抗フィギュア2007」
Powered by IgWebCap


☆Map
新横浜スケートセンター
Powered by IgWebCap

因みに近くには

横浜アリーナ
新横浜ラーメン博物館
日産スタジアム(旧横浜国際総合競技場)

周辺案内 新横浜プリンスホテル
Powered by IgWebCap


受け付けをすませ暫く待機。

開始までは自由にしていてくださいという事で、早速カメラ持ってロケハン。





リンクはこんな感じで、3台か・・・
3台同時で回転はやめるのかな?





試乗コースはこんなか。これは間違うことは流石にないな~。





テーブルにカタログと印刷物。





試乗車はこのタイヤを履いている訳ね。





随分細かい溝が入っているんだな~。
でもブロックは案外ガッチリした感じ。
もっと変形したり、いかにも柔らかい感じって訳でもないのか。





一応薀蓄部分も。

給水ゴム・・・。
ゴムが水吸うの?
温度によってタイヤの性質なんて変えられるの??




試乗が開始したら、あんまりふらふら出来ないでしょうから、全景とかは予め収めて置かないと暇なくなるんですよね。


3台同時で時間稼ぐのかな?
と思ったらそれぞれ別のタイヤを履かせているそう







○開催にあたって








日本でのスタッドレスタイヤメーカーとしてはNo.1を自負しているとの事。

○製品については

技術面: 温度対応

ブランドイメージ:BLACK

?それはどの辺で??

説明だと長くなるのでムービー見て下さいという紹介でした。

○ビデオ視聴

ムービーはこちら

アイスガードブラックのサイトにあるADページ.

このページTVCFやショートムービーが集めてありました。

http://www.iceguard.jp/ad.html
アイスガードブラック AD
Powered by IgWebCap



織田さんいきいきしているな~。
こんなプレゼンされたらぐっときちゃうかも~。



先ずは、上記ADサイト、その中の中央のCF。
まあ、これはTVCMでもやっている奴なんですね。


んが、このTVCMに到るまでのエピソードが右のショートムービー。
中央のTVCMは、このショートムービーのラストシーンだったんですね。


そして実はこの右端のショートムービーなんですが、織田さんは”商品開発チームリーダー”として出演しています。

”商品開発チームリーダー”CMでは織田さんがやっていますが、本当の中の人はこの方!


開発の湯本さん




ショートムービー終盤での織田さんのちょっとかっこつけっぽいセリフ



皆さんには大切な人は居ませんか。
命に代えても守りたいという人は居ませんか。

その大切な人に冬の道を安全にドライブさせてあげたい。

そう思ったことはありませんか。
例えせかいがどう変わっても、どんなに温度が変わっても
全力を尽くし、心を込めて車に乗る全ての人を守りたい。

それが、僕らの仕事ではないんでしょうか。




お客様の安全の為に!は、実はこのムービーの中だけでなく、開発されている方々の想いを汲んで映像化されているらしいです。

以下の写真の中でも、スライド画像に文言が見て取れます。





実際にショートムービーのシーンにあったようにプレゼンなどもされているみたいなことも、他の方の質問に応じられる形で仰られていました。


通常この氷上試乗会は部品販売、タイヤ販売など販社さん業者さん向けに開催されているそうです。
国内あちこちでテスト、販社向け試乗会も頻繁に行われているとのことでした。

そこを、一般の方々にも試してみて頂こうという試みだったみたいです。


どおりでスケートリンクぐるっと取り囲んでの旗など段取りとか準備がいいわけですね。










つづく



---
以下関連の写真:

横浜ゴムスタッドレスタイヤ『iceGUARD』試乗会 in新横浜スケートセンター 001:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview

横浜ゴムスタッドレスタイヤ『iceGUARD』試乗会 in新横浜スケートセンター 002:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview

横浜ゴムスタッドレスタイヤ『iceGUARD』試乗会 in新横浜スケートセンター 003:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
[PR]

  by julajp | 2007-10-17 00:51 |

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE