タグ:EPSON ( 3 ) タグの人気記事

 

PX-5600 マットブラックインクで印刷

PX-5600 マットブラックインクで印刷


EPSONさんよりモニターさせて頂いている PX-5600

この PX-5600 ではプリントの際、黒がライトグレー、グレー、ブラックと3色使われます。
但し、黒については光沢系とマット系用紙に応じて専用のフォトブラックとマットブラックそれぞれの黒インク
への交換が必要です。

このため、用紙に応じた黒インクの選択が必要になります。

又、今回モニター用に頂いたベルベットファインアート用紙はリア手差しからの用紙送りが必要になります。

手差しまでの様子に付いては前記事をご覧いただければ幸いです。

以下、モノクロ、モノクロ調で印刷したもの掲載してみます。


注意)今回掲載した写真クリックすると長辺1280サイズの写真、別窓で表示します。
クリックしてご覧頂ける際、容量が大きくなっていますのでご注意をお願いします。


PX-5600 手差しトレープリント


1


ベルベットファインアート紙のセット上手く行ったようでマット調印刷開始です。



2


プリントが開始され出てきた用紙端面になにやら黒い染み。



3


先ず印刷したのは彩度を押さえ込んだもの。



4


用紙裏を見るとインク汚れがありました。
恐らくフォトブラックからマットブラックに交換し、ヘッドクリーニングの最中に何かあったのかと思われます。

もうニ枚にも軽く汚れ。

四枚目からは汚れなくなりました。




5


と言う訳で、予めL判にテストプリントしていたもののうち、モノクロ調に合いそうなものを印刷してみました。

壁一面に貼り付けた写真と変わらない PX-5600で印刷した絵ですが、流石に広角側で無いと写せない。

広角の為にこじんまりと見えてしまいますがA3ノビ(329 x 483mm)、A4(210 x 297mm)、L判(89 x 127mm)の用紙を壁に貼り付けています。




6


いきなりガンダムMk-IIだったりしますが、ものはExtended Mobilu Suit in Action です。

先ずは光沢L判で調子を見ていましたが漆黒の中の機体といった風情になって自分的に気に入っています。

モノクロも実は97%モノクロ、3%彩度が残したものです。




7


ほんのり色が入っているかどうかと言う微妙なモノクロ。
シールド部分が極微妙に青みがほんおりかかっている感じです。

頭部のアンテナと襟首部分も用紙の未印刷部分と比べると微妙に色が違う。やまぶき色がほんのり入っているかいないかと言う具合です。

カラーの場合はやはり光沢系の方が良さそうですが、モノクロ調にすると漆黒の中という感じが強くなって何だかいい感じです。




8


その下のスカイライン
以前日産の本社、銀座ギャラリーでスカイライン展があった際に写したものです。

元の車そのものが彩度があまりないメタリック調なので、モノクロ調としてもすんなり馴染む感じでした。

こちらも彩度を落としたモノクロ調です。
ターンライトのオレンジと背景の席に微妙に赤みが入っています。




PX-5600 マットブラック モノクロ、モノクロ調プリント


1


窓辺の椅子と階段を写したものですが、
青山スパイラルホールのスパイラルガーデンとスパイラルホールを繋ぐエスプラナードの一画です。

spiral web | スパイラルガーデン画像


下三枚

カラーデータを PX-5600 プリンタードライバーのモノクロモード(暖色系)で印刷したもの。

左から順にフォトマット紙、ベルベットファインアート紙、ただの模造紙をフォトマット紙相当として印刷したもの。

上の一枚はあれこれ弄りつつ彩度を押さえ込んだもので、ベルベットファインアート紙に印刷したものです。




2


青山スパイラルホールでイベントがあった際にちょっといい感じの構図に思えたのでコンデジで適当に撮ったものでした。
水平がまるで駄目・・・。

ちゃんと撮らないとな~。

腕の方はさておき、実は右側の一回りサイズが小さい用紙ですがこれ実は模造紙です。


元々PX-5600 が顔料系のインクです。
染み込ませるのではなく表面に乗せて定着させるなんて感じになってくるのだと思います。

ですので表面ではじかれたり滲む確率が非常に低く、インク乗せられるんじゃないかと思います。

ただ、用紙自体がインクが乗る事を想定して作られている訳では無く、正確な表現みたいなものは流石に無理なようです。

左側がベルベットファインアート紙なのですが黒の濃さがまるで違ってきています。

ベルベットファインアート紙は印刷された色がしっかり再現される事を前提に作られているのに対して、模造紙だと、インクが乗ってきていても紙の白さが反射してしまう。もしくは微妙にインクをはじいてしまっているのかもしれません。

それでも流石にA3近いサイズがありますので、まるっきり見れないと言うわけでもありません。

これは寧ろプリンターの威力なんじゃないかと思われますが。





3


右がベルベットファインアート紙で左がフォトマット紙。
以前L判で試し印刷していましたが、暖色系モノクロ印刷が良い感じでしたので、カラーデータをベース PX-5600 プリンタードライバーでモノクロ(暖色系)に。

ベルベットファインアート紙の方は表面に微細なうねりがあったりするためか、用紙表面の光の反射も一律でなく微妙に様々に拡散乱反射しているのかもしれません。

その為かどうかは判りませんが、ベルベットファインアート紙に印刷したものの方が、極わずか、かなり微妙なところで明るさと柔らかさに繋がっているんじゃないかな~と思います。




4


用紙の平滑さや白さ自体は左側のフォトマット紙の方が微妙に白さがあるような気がします。

でも印刷すると右の方が明るく柔らかさがちょっとだけあるみたいです。

それにしても水平が出ていないのがどいうにもこうにもです。


5


真夏の空と雲と道

L判で彩度を結構上げてわざとらしいくらいの夏っぽさに仕向けたカラーデータ。

それをカラーチャンネルを弄りながら彩度を落とし、たもの。
でも彩度が結構効いてしまっていて中途半端。



6


で、こっちは PX-5600プリンタードライバーでモノクロ(暖色系)にしたもの。


但し、カラーデータはコントラストや彩度をそこまで上げていないものをベースにしています。

暖色系にする事で冷たさや堅さではなく、モワっとした暖かさみたいなものが出ないかと試したものです。




7


こちら六本木ヒルズの森タワービルを直下から見上げたもの。
左がカラーデータを元にプリンタードライバーのモノクロでナチュラル(準黒)系モノクロで印刷したもの。

右はカラーミキサーで弄りつつ、わずかに彩度を残したものをカラーとして印刷したもの。

空の青が建物や窓に反射している感じで若干の青さが出ているようです。

堅さやメリハリに繋がっている感じでしょうか。




8


マット系の用紙でモノクロの場合、油彩のような煌きよりも、水墨画みたいな揺らぎやにじみ、距離や時間を感じさせるような空気感を持つ絵、絵作りが似合うのじゃないかと思います。

(5/7)エプソン-プロセレクション(PX-5600)商品体験会ブロガーイベント fc気まぐれなるままに~?!

こちらで根本タケシ先生の現在取り組まれている鎌倉五山というテーマでのモノクロ写真を数点掲載させて頂きました。

これ見たときに即座に連想したのが水墨画や書道が得意な幽玄や侘び寂び。

墨のような豊かな黒さと、水墨画のようなにじみまでも表現しうるデバイス。

PX-5600 の持つ黒の表現は本来とても豊かなんだけど、それにマッチする絵を見つけ出す嗅覚、それを魅せる絵作りの腕を持っていないとその本当の能力はまるでひきだせないなと思い知らされてしまいます。

一つの方向性としては、この景色や風景を水墨画にしたらどうなるのだろう?そんな視点で絵を探し出して、又追い込みを掛ける事ができれば、モノクロ表現に見合う絵が得られるのかもしれないなと思ったりします。


実は、現在の EOS Kiss を使う以前でまだ結婚前の頃、銀塩 EOS-5 など下手の横好きで使っていました。

この頃撮った写真見返すと、幾つかモノクロいけそうな写真もあるのですが。

流石にフィルムスキャンをお膳立てするのも躊躇している状態です。




しかしPX-5600 は、自分専用ラボの最終出力装置としてばっちり機能する、使えば使うほどそういう性能を持ったデバイスと言えそうです。
[PR]

  by julajp | 2008-07-06 05:12 | パソコン

PX-5600 マットブラック及び手差しトレーでのプリント準備

PX-5600 マットブラック及び手差しトレーでのプリント準備

CyberBuzz での応募にて参加させて頂いた2008/05/31(土)エプソン-プロセレクション(PX-5600)商品体験会&モニター イベント。エプソンさんより新発売された PX-5600 のモニター機でのトライアルの記事です。

今回は PX-5600 の最大の特徴の一つとなるモノクロ、モノクロ調印刷。
これに関する記事となります。
この記事ではモノクロ、モノクロ調印刷を行うに当たって準備や行う事を記しました。
続く記事で、実際に印刷したものについて書いてみたいと思います。


PX-5600 マットブラックインクでのプリント準備


1


EPSONさんよりモニターさせて頂いている PX-5600

この PX-5600 ではプリントの際、黒がライトグレー、グレー、ブラックと3色使われます。
但し、黒については光沢系とマット系用紙に応じて専用のフォトブラックとマットブラックそれぞれの黒インク
への交換が必要です。

このため、用紙に応じた黒インクの選択が必要になります。

モニターで届いた際もどちらの黒でいこうか実は悩んだのですよね。インクの種類を交換をすると言う事は、古いインクを吐き出さなければならないはずです。

という事はプリンタヘッドのクリーニングが発生する。

思ったような印刷結果を得るにはモニターとプリンターの色合わせなども必要になりますので、先ずは光沢系カラー
での印刷と言う事で今までフォトブラックを使っていました。


勿論、あれこれ細かいカラーコントロールでの調整などを追い込んでいく事でフォトブラック、マットブラック相互である程度の互換を持たせる事も可能なようです。

私は流石にそこまではやれませんでした。

しかし、プロセレクションブログにトラックバックされている詳しい方々はその辺りも検証されています。
PX-5600の購入とフォトブラック、マットブラック相互でどの程度互換性持たせる事が可能であるのかを確認してみたい方は、是非エプソンのプロセレクションブログのトラックバック記事確認して見て下さい。

こちらの方の記事やコメントからリンクを辿ると、細やかな検証が確認できました。
カメラ小僧の憂鬱:PX-5600モニター




注意)今回掲載した写真クリックすると長辺1280サイズの写真、別窓で表示します。
クリックしてご覧頂ける際、容量が大きくなっていますのでご注意をお願いします。




2


インクの交換の際は電源ボタン右にある三つのボタンのうち中央のボタンを押します。



3


するとプリンター右端のヘッド退避位置に位置していたタンク、プリンタヘッドユニットがインク交換位置に移動してきます。

白いボタンを押しつつトップのカバーを手前に倒すとインクカートリッジが交換可能になります。



4


交換のため引き抜く際は、インクカートリッジ奥のノッチとカートリッジ両方をつまんで持ち上げる感じです。



5


インクカートリッジですが、カートリッジ側のインクの出口は、プリンター側の突起に押し込まれてインクが流れ出るようになっているそうです。

インクカートリッジのインク吐出部分。

カートリッジのタンク側からテンションを掛けてインクの漏洩を防ぐ構造だそうです。

このため、カートリッジを交換した際は横向きもしくはインク吐出部が下向きとなるように保管してくださいとのことです。

ただし、ほこりの混入はやはり無いにこした事はありませんので、私はカートリッジごとラップで包みました。



6


ブラックインクを交換した直後はヘッドのクリーニングにより、フォトブラックを洗い流しているようです。

EPSONプリンターウインドウ!3を確認

タイトルバー直下に「プリンタ動作中です」インフォーメーション部にも「しばらくお待ちください。」と表示されています。

通常は右のように「印刷できます」と表示されています。

尚、右側はマットブラックインクに交換後、A3ノビ用紙9枚程印刷した後のインク残量です。

完全なモノクロと言う訳でなく、モノクロ調やモノクロでも暖色系(ウォーム)プリントを多用したためか、オレンジっぽさにつながるイエロー、マゼンダ系も結構消費しているようです。





7


こちらは、”EPSONプリンターウインドウ!3”にボタンのある”カートリッジ情報”。

インクカートリッジに付けられた基盤。

製造年月とインク容量のモニターの仕組みなどが組み込まれてPC側で情報が確認できるようになっているようです。




8


なお、ヘッドクリーニングが完了すると、プリンタ情報で確認できるブラックインクの種別がマットブラックに変わっていました。





PX-5600 手差しトレーでのプリント準備1/2


1


PX-5600ですが用紙は以下の3箇所でセットする事になります。

・オートシートフィーダ
(0.08mm~0.3mm)

・リア手差し
(0.3mm~0.5mm)

・フロント手差し
(1.3mm)

今回モニター用で一緒に送っていただいた Photo・Fine Art Paper Sample Pack のVelvet Fine Art Paper が厚さ, 0.48mmですのでリア手差しを利用する事になります。

リア手差しガイドを PX-5600の背面に取り付けます。



2


ロール紙を使う場合もリアのロール紙ガイドにセットし背面にガイドを装着する形ですので、ロール紙マークも貼り付けてあったりします。

電源ケーブル基部の少し上に黄色の右向き三角形のマークが貼り付けてあります。

また、ロール紙マークの少し上にも黄色で上向き三角形のマークが貼り付けてあります。

このマーク部分にリア手差しガイドを下から順に引っ掛けていく形です。

下側はスリットが切ってあります。

リア手差しガイド側にフランジで出っ張りがありおkのスリットに合う形です。



3


リア手差しガイドを取り付ける前に、ガイドを一番端に寄せて下さいとの事。

何もしない工場出荷状態ではガイドが一番端によっていましたので、気にせずリア手差しガイドを取り付けます。



4


リア手差しガイドのフランジをプリンターのスリットにあわせつつ爪を噛ませる形。

但し、上部の爪も引っ掛ける必要がありますので、リア手差しガイド下側は位置を決めて軽く引っ掛ける程度。

その状態でリア手差しガイドをプリンターに密着させ上、下の爪をはめ込むような感じでセットします。



5


セット完了。
リア手差しガイドを軽く揺すってみると、やはり完全密着とはいかず、左右でも極微量ですが遊びがあります。

モニター利用の短期間ですので、セロテープで軽くガタつき防止をしておきました。



6


そしてA3ノビの専用紙サンプルパック



7


裏側はこのような感じでお菓子の箱を開けるような感じの開け口。



8


ここからあけます。




PX-5600 手差しトレーでのプリント準備2/2


1


箱はパカッと開いてしまいますが、開け口上部について切り込み部分を引っ掛けると又、箱になります。

それぞれの用紙は説明付きの面が箱の背面側に来ています。

この説明付きの面が用紙の表側。

箱を開けた状態が、そのまま用紙の表側になっている訳ですね。

又、用紙を封入してある袋ですが、綴じ代の粘着面は綴じ代側でなく袋側になっています。

一般的なこのような袋だとm粘着面って綴じ代側にあって、袋から中身を取り出す際張り付いてしまったりする事あるんですよね。

袋とその綴じ代の張り合わせなどの製造工程を簡易にするためには、中途半端な位置よりもより端となる綴じ代側に粘着部を置くのが簡単なのでしょうね。

しかし、印刷用の専用紙で用紙取り出しの際粘着面で用紙を台無しにしてしまった、なんて事が無い様に、袋側に粘着面が配置されているようです。



2


こちら、下側がフォトマット用紙。
上側がベルベット ファイン アート用紙。

紙の表面の様子を見て取れるようにコントラストをかなり上げて補正してみました。

ベルベットファインアートの方はやはり結構な厚み、そして紙表面の微妙なうねりが見て取れます。

通常のマット紙の方は平滑そのもの。



3


プリントする際には用紙種類をベルベットファインアートペーパーに変更します。



4


すると、プリンタドライバ側で設定保存されている用紙の情報から、給紙方法変更を促すダイアログが出てきます。




5


また、フォトブラック光沢系の用紙からマットブラック、マット系の用紙への変更となり、インク変更を促すダイアログも表示されます。




6


ベルベットファインアート紙とフォトマット/顔料の用紙を変えた場合も、紙の厚さの違いからセットする用紙トレー変更を促すダイアログが表示されます。



7


実際にリア手差しトレーにベルベットファインアート紙をセットしてみます。

用紙のセットについてはエプソンプロセレクションブログの記事にセットの方法が書かれていました。


Epson Proselection Blog: 最適な給紙方法とは?


Epson Proselection Blog: 味わい深いモノクロプリントに挑戦!

ポイントとしては、プリンター正面から見て右端がプリントヘッドプロッティング?の原点位置になってくるはずです。

用紙を右端に寄せていかに垂直に送り込むか?に留意して紙を送り込む感じみたいです。

用紙左右を軽く持って、たるんだり歪んだりしないように軽くテンション付けて、かつガイド右端に沿うように徐々に送り込む。

厚みがあるので簡単にするするとは入っていかず、結構押し込んでいく感覚です。

本当はやはり手袋などがあった方が手や指の脂が用紙に移る事が無いのでしょうけど、そこまでは準備していませんでした。



8


なんだかんだとここまで押し込む必要があります。
ガイドから離れてズレて曲がらないように、ガイド右側に確実に押し当てながらじっくり垂直を保ったまま押し込みます。

奥まで入ったかなという辺りで、プリンターのセンサーが用紙の白を検出してローディング、頭だしをしてくれます。
[PR]

  by julajp | 2008-07-06 00:53 | パソコン

PX-5600設置、お試し

PX-5600設置、お試し

PX-5600設置編1/2



1


6/10(火)モニターのPX-5600が到着するもデカイ

しかも、自分の部屋にはもうどうにもこのデカブツ置ける空間が無いんですよね。

なので隣の部屋を仮の置き場に決め込みます。

となるとUSBケーブルの延長なんても必要だったり。

因みに梱包状態で、箱の左側が膨れているのと、箱の上部が膨れているのはインクカートリッジの予備セットと用紙も一緒に梱包されているためでした。

その分余計に大きい。

運送会社のお兄さん~♪も、もうえっちらおっちらで、うちの中に置くのも大丈夫ですか~なんて気遣ってもらっちゃったと連れが言っていました。

10kg超えてますからね。

※注意)今回の写真クリックすると、長辺 1600pixcelと大きめの写真が表示されます。


2

梱包のプチプチをはずすとこんな箱。

今回マゼンダ系のインクの見直しを計って赤紫から青紫の表現の幅を広げているとの事


3

その辺りを訴求する意味もあっての、赤紫、青紫系の絵柄をあしらっているのかもしれません


4

いざ開梱
手前のインクカートリッジ
奥にロール紙用のアダプタなど

中身映っていませんが、ロール紙アダプタの間にマニュアル、ドライバCDなどが収められていました。


5

上部の発泡スチロールを外して本体を箱から引き出す。
袋自体に持ち手が付いているので箱への出し入れもしやすい感じです。


6

で置いてみました。

やはしデカイ

プリンターの下にあるの、実は洗車台

天板部
幅 100cm
奥行 30cm
脚部
幅 143cm
奥行 45cm

高さ 75cm

なんて感じです。

プリンター自体の幅が 62cm
給紙などのある程度の余裕を見込んだ状態で壁からプリンター前面部の奥行きが 42cm 程度。

天板部が 100cm ある台なのでプリンター両脇に小物が置ける感じです。

一般的なテーブルや机が確か高さ72cmくらいなので、高さも用紙セットなどするのに丁度良い高さでした。

購入設置なんて場合にはメタルラックなんてがレイアウトとりやすくていいのじゃないかな~と思います。



7

奥行きが 45cm 以上。幅 80cm以上なんてものであれば、あとは好みで高さと段を調節してあげれば用紙置き場、カートリッジ置き場が作れるんじゃないかと思います。


8

因みに移送用ではこんな感じでテープ留めされてました。
モニター期間過ぎたら要返却ですので状況の記録も兼ねて。



PX-5600設置編2/2




1

とりあえず設置する場所と台は確保できたのですがPX-5600 プリンターにはUSBケーブルが付属していません。
これは長さに応じて用意するしかない。

PCの直ぐ傍に設置できれば良かったのですがどうしても離しての設置するしかない。

と言う訳で一番安く、また後で使いまわしが利く延長ケーブルを見繕ってきました。

通信相手がプリンターヘッド往復というハードの動作に依存するプリンターですので、高速通信は出来なくてもどうにかなるはずですし。

USB接続終了後、添付の PX-5600プリンタードライバーのディスクからインストールを開始します。



2

今回はあまり深く考えず”おすすめインストール”にしました。

まあインストール先のパスくらいは聞いてきてくれるかな~と思ったのですが、問答無用にCドライブプログラムファイルズの下にEpsonフォルダーを作成してその中にアプリやマニュアルをどんどんインストールと言う形でした。

あ、インストールの最初に、プリンターを認識する段階がありますので、USBでの接続&プリンターへの電源投入は必要です。

但し、電源入れていなくても、プリンターの認識に失敗したのでプリンターの電源をいれる等確認してくださいと言うメッセージは出ます。


3

お任せで全部インストールした状態。

プリンターのドライバーファイルなどはシステムフォルダーにインストールされているはずですので、それ以外のアプリケーション、ユーティリティー、マニュアル類がCドライブプログラムファイルズの下Epsonフォルダーに収まっている状態です。


ディスク上203.5MBほど。



4

ドライバーのインストール自体はインクカートリッジセットして無くてもOKです。
当然といえば当然ですが。

カートリッジセットの前に、袋に入った状態で軽く4~5回降ってくださいとの事。

その後、袋を破ってカートリッジを取り出し、リボン状の帯を引き剥がしてセットして下さいとの事。



5

普段、他社製のプリンターをとりあえずレベルで使っている程度です。

インクカートリッジに基盤があるとはやはりプロユースレベル?


6

インクが出て行く部分もビニール系の薄膜で覆われてました。


7

ここにピンが刺さっていくようです


8

インクカートリッジ毎にプリンター本体にも残量のLEDが付いてます


PX-5600お試し編



1

インクの受けの部分と基盤の接点

ここを介してインクがヘッドの方に回る。

また、基盤とどんなセンサーが入っているのか判りませんが、インク容量を検出なんてあたりのセンサーが入っているみたいです。


2

プリンターと同梱されていた用紙

A3ノビの厳選プロ品質の用紙30枚

こちらはおいそれと使う気にはなれず後回し。


3

先ずは一緒に同梱して頂いていた A4 写真用紙光沢

こちらで様子見です


4

手持ちのデータで印刷して見たかったのが車・・・


5


厚木パルコ日産レースカー展示2日目1/5 2006/07/16:フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview

こちらで撮った物

早朝作業を撮影了承頂いて、ほぼ独占状態で撮影したものです。


6

そんな訳で設置状態とプリントしたもの背後の壁に貼りだしています。


7

実は車の方プリントした後に液晶モニターのバックライトが故障。
一時凌ぎで古いCRT引っ張り出したのですが印刷用のデータを確認できるような代物でも無い。

それで急慮、安価ですがそれなりに使えそうな店頭展示品特価格の液晶モニター見つけて購入してきました。

ですので実はカラーチャートなど探して、画面と印刷物を可能な限り近づけるような事していました。


8

こちらは液晶不調になる前に微妙に色味を変えて様子みていたもの。



印刷してみた感想

やはり一般の普及機よりも速く静かなのではないか。
(これと言った比較対象機が無いのでどのくらいどうとは言えないですが)

PX-5600で印刷すると、モノの見事に写真になる。
プリンターで印刷した印刷物ではなく、もうどう見ても写真でしかない。

そうなると、より自分好みの絵を出力したくなる。

デジカメで撮ったものは、必ずしも想い通りに撮れている訳でなくやはりなんらか補正等したくなる。

弄るには、印刷結果とモニターの彩度やコントラストが近くないと想ったようにならない。

今まで画面表示での鑑賞で済ませていた写真。
やはり印刷するとインパクトがまるで違う。

そうなると、モニターをしっかりしないとお話にならない。

仮にそこが良くなったら、やはりカメラとレンズ、しかりした物が欲しくなる。

そうやって、根本おtか、原点に立ち返らざる得ない性能を持ったプリンターである事が痛感させられる。

自分の写真を出力する以前に、色見本、プリントサンプル、カラーチャートとモニターをつき合わせて相違を認識しない事にはお話にならない事が、ますますはっきりしてしまう精細さを備えている。

そんな色見本、カラーチャートに関してはやはりモニターに参加されていた、こちらの方の記事が参考になりました。

カメラ小僧の憂鬱 : テストチャートの在り処

今、色チャートとモニター見比べてうんうん唸っているという状態。
大したものでは無いのですが、液晶モニターを買い換え、この液晶が以前のものよりは多少ましなため余計にマッチングどうにかしたくなると言う状態です。


尚、こちらモニターに参加されている方々の記事、あれこれ集まっています。

Epson Proselection Blog: PX-5600レポートリンク集をアップしました!
[PR]

  by julajp | 2008-06-23 01:01 | パソコン

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE