タグ:NEC動画コンテスト 究極の選択 ( 1 ) タグの人気記事

 

究極の選択は携帯から浮気して対面で話すこと?!NEC動画投稿コンテスト

究極の選択は携帯から浮気して対面で話すこと?!NEC動画投稿コンテスト

動画コンテンツに強いNEC新携帯N906シリーズとユーザーとの繋がりをもたらす動画コンテスト。

【NEC動画コンテスト - あなたはどっち?究極の選択】
Powered by IgWebCap

上記のコンテスト、2008/07/29(火) 丸ビル カフェイーズでNEC動画コンテストの本選発表がありました。


【丸ビル外から】
P1060025

【1Fロビーカフェイーズ 本選受付】
P1060030

【1Fロビーカフェイーズ 本選準備中】
P1060028


当方、こんなサービスにfc2ブログで登録してみていたところ、今回お声掛けていただき拝見してきました。

ブログスカウト 御社にマッチした人気ブロガーや著名人ブロガーをご紹介します

こちらからオファー頂きNEC動画コンテストの本選を拝見させて頂けると言うことで見てきました。
以下はFlickrにアップした写真セット。
NEC究極の選択-本選 - a set on Flickr



このNECの動画コンテストは、青がイメージカラーの5.2メガのカメラ搭載、金がイメージカラーの12.9mmスリムワンセグN906iシリーズと言う、マルチメディア、動画を意識したコンテストとの事です。
(どうやら、究極の選択動画サイトの背景の青と金は、906シリーズのイメージカラーに因んだものみたいです。)

【N706,N906i,N906iμ】
P1060045

【N906i】
P1060048

【N906iμ】
P1060049

【N906i,N906iμでの投稿作品動画再生】
P1060051


5月に予備選があり、この際の投稿動画が188作品
その中から20本が選出。

本選向けに、それぞれ撮影し直し。
期間は2週間程度。

その20本の中から、大賞1本、入賞1本、特別賞3本

当日の本選でのゲストのコメントとトーク、出来る範囲でメモしてみました。

トークの際に発言の流れなどからどうしても抜けてしまいがちな言葉などありましたため、自分なりに補填しています。
場合によっては、勘違いで補填してしまっているかもしれません。
ノートへの走り書きから起こしたため取りこぼし、聞き間違え、等々色々あるかと思いますが何卒ご了承いただけます様お願い致します。


先ず最初に主催者挨拶

【NECモバイルターミナル商品戦略本部
チーフクリエイティブディレクター佐藤敏明氏】

IMG_5383


NEC 佐藤敏明 氏

インフラ含め革新を進めている。
906iで動画なども充分楽しめる携帯がリリースできたと思う。

今後は、一方的なクリエーション、プロポーザルしていくだけでなく、
ユーザーと一緒に楽しさのデザインやディレクションをして行きたい。
それが今回の動画投稿コンテストに繋がった。

今回究極の選択と言うテーマ設定だが、究極の選択は携帯作りで常にやっている。
今後、今回のような企画等々動画などを通じてユーザーとより良く交流持ちたいとも考えている。




審査員は以下
【NEC動画コンテスト - あなたはどっち?究極の選択】ページの紹介文より


IMG_5393

押井守 氏
映画監督『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(95)『イノセンス』(04)他多数。『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟等海外の著名監督に大きな影響を与えた。
8月2日最新作『スカイ・クロラ』を公開。
「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」公式サイト≫ http://sky.crawlers.jp/
押井守監督最新作 映画「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」公式サイト



3年4年ぶりの映画スカイクロラになるけど、
今回、動画としてより映画として評価した


(動画コンテストなのに何故映画として評価??)
(もしかして、都合良く使い捨てられてしまう細切れの動画で終わるな。)
(例え短時間であっても、作品として完結し、見てもらい評価してもらいなさいなんて意味があったのかも)
(以下の記事などと合わせて読むと、そんな気がしたりします)

押井守に聞く(前編)伝えられるのは観客が見つけたものだけ - L-Cruise - 日経トレンディネット

IMG_5403


石井竜也 氏
音楽活動や映画監督、インダストリアル・デザイナーなど多方面にわたってその才能を発揮。
毎回趣向を凝らした全国ツアー、アートパフォーマンス、オーケストラライブなどその活躍は留まることを知らない。
オフィシャルWebサイト≫
http://www.t-stone.com/
-HOME- www.t-stone.com



出てる人になったように楽しんだ
撮って見て、初めて映像にする難しさ痛感した事などあったんじゃないかと思う
必死に作る様子思い出したり、勢いや熱意がこもっていくあたり判る
ものによってはプロじゃないのか?と言う出来栄えのものも
188本から楽しませてもらいながら選出した




IMG_5406

樋口尚文 氏
映画評論家 クリエーティブディレクター 早稲田大学卒。株式会社電通勤務。『黒澤明の映画術』『大島渚のすべて』ほか著書多数。キネマ旬報ベスト・テン



インディペンデンス系の映画など評させてもらったりしている
(たかだか)2分の動画では(完結した大したものは無いのでは無いか)と(いう思いがして)、当初はっきり言って気が進まなかった。
しかし見てみてびっくり。
これ2分?
世界相手に通用するのではないか?
攻殻、スカイクロラなどあっと言う間(にエンドロールまで来てしまって)で、まだまだみていたいのにと思う映画がある一方で絶望的に長いものがかなりある。
映画になっているものでも、(無駄なとこ切りに切って詰めていって)寧ろ2分でいいんじゃないか?
この際、2分もので修行し直した方がいいんじゃないかと思えてしまうほど。
そのぐらい見ごたえのあるものがあった



そして結果、発表

以下のサイト、filmo
[filmo] CM、つくってみない?
この中で人気が高かったものが、割合順当に入賞、大賞となったようです。

特別賞3賞は、ゲストによっての選出。

ただ要注意なのが以下の点。

ゲストの押井氏、石井氏とも携帯を持っていない・・・。
押井氏はインタネーットでデータ大量取得なども好みでない様子。

おそらくニコニコ動画で良くあるようなMADとかは見ていないのでは無いか?

もし見ていたら、選出される作品もまた違ったんじゃないかな?と言う気がしないでも無いのですが。

先ずは特別賞3本


-------

超長文記事にしてしまったため、exciteブログでは文字数オーバーで載せ切れませんでし



続きは当方fc2ブログからのご確認をお願いします。

究極の選択は携帯から浮気して対面で話すこと?!NEC動画投稿コンテスト fc気まぐれなるままに~?!
[PR]

  by julajp | 2008-08-03 15:55 | インターネット

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE